1
/
5

Kaigi on Rails 2021 竹野が登壇し、原がスポンサー・トークを行いました。#kaigionrails

こんにちは!Wantedlyでエンジニア採用、技術イベント企画まわりを担当しています竹内みずき ( @amanda__mt )です!

昨日から2日間にわたり、Kaigi on Railsが開催されました。今回はアーキテクトの竹野創平の登壇、そしてスポンサーLTとして原将己がお話させていただきました。

初めて利用したreBakoのオンラインブースでお話していたWantedly Engineering Handbookの話しなど振りかえっていきます👀
I did Blog.

登壇振り返り

タイトル: マイクロサービス・アーキテクチャと共存するRuby on Rails のアーキテクチャ的拡張- その事例と可能性

登壇者: 竹野創平

竹野からのコメント

今回は、Rails を自分たちの microserices に適合させるためにやったことを丸っと紹介しました。
Rails を他のシステムと上手く連携させていくに当たって、自分たちは色々と整備していったのですが、一回解ければ良い部分というのが実は結構あって、どれかしらで使える部分があれば幸いです。

Twitterの反応

スポンサーLT

タイトル:computed_modelの紹介

登壇者:原将己

原からのコメント

Railsアプリケーションが複雑になってくると悩むpreloadの依存問題について話しました。
共感のコメントがたくさんもらえたので、自分たちだけの問題ではないとわかり安心しました。
LT内で紹介した computed_model は、スポンサーセッションの時間をわざわざ使って宣伝する程度には自信作です。
ドキュメントも頑張って整備したので、ぜひ試してみてください!

Twitterの反応

オンラインブースで紹介していた内容

今回はreBakoをで各社のオンラインブースを用意して頂いたので、ブースに立ち寄った方向けに

「ひと目でわかるWantedly」

としてmiroに情報をすべてまとめて画面共有をしながらお話していました。とくに最近公開したWantedly Engineering Handbookの詳細などは質問も多く、皆さんと楽しく情報共有をさせていただきました💪

用意したmiro

Wantedly Engineering Handbookはこちらよりご覧ください

https://docs.wantedly.dev/

もっと詳細を聞きたい方、お話しませんか?

Wantedlyではソフトウェアエンジニアを募集しています。

とはいえ、すぐの転職をお考えの方は多くはないと思いますので、まずは純粋に技術のお話や組織体制、プロダクト開発で困っていることの相談などができれば嬉しいです。

また、中途向けの体験入社にご興味ある方もぜひ話を聞きにきてください!

Wantedly, Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
今週のランキング