1
/
5

集合知によって、既存プロダクトを100倍成長させるアイデアを生み出す「1→100 プロジェクト」の裏側 # CREDO CASE

エクサウィザーズにはメンバーの行動指針である五つの行動指針である「CREDO」が存在します。


社内でも「CREDOケース」として、CREDOに沿った活動がシェアされています。

この連載は、CREDOに沿った活動の紹介を通じて、エクサウィザーズのカルチャーをお伝えするものです。

第一回目は、組織全体でワンチームとなり課題解決に挑む「MIssion-Driven Teamwork」の実践ケース、「1→100 プロジェクト」について紹介します。

このプロジェクトは、「既存プロダクトを今の100倍成長させるには?」という問いの元、部署混合でイノベーションの種を発見するものです。最終的には、会長の春田さん、社長の石山さんにプレゼンするアイデアも生まれました。

本プロジェクトの実施背景及び、当日の運営で意識していたことを企画者兼ファシリテーターであるプロダクト企画部インキュベーショングループの小俣剛貴さんに。

後半では今回対象になったプロダクト「HR君 Analytics(※)」のプロダクトマネージャー阿部一真さんに、プロジェクトに参加してどんな学びがあったのかを伺いました。

(※)HR君 Analyticsとは、あらゆる領域のデータ活用・分析・予測を支援するビジネス現場ユーザー向けのプロダクトです。

https://www.hrkun.com/analytics/


■プロフィール

小俣剛貴

慶應義塾大学商学部卒。新規プロダクトを生み出すインキュベーショングループのリーダーを勤めるプロダクトマネージャー。スタートアップの立ち上げやライフネット生命、Pivotal Labsを経て現職。一貫してテクノロジーで社会に対してポジティブな変化を生み出せる仕事を志向してキャリアを歩む。好きな言葉は”Difference connects us”
This is Lean(翔泳社)監訳。

阿部一真

早稲田大学で社会心理学を専攻。DeNAへのインターンシップを通じて自身が実現したい世界への思考を深め、新卒でNTTデータに入社。Salesforceビジネス推進部署でCRM/SFA/MAソリューションのセールス・コンサルティングに携わり、カスタマーサクセスチーム立ち上げ時にはコアメンバーとして参画。その後、2020年にカスタマーサクセスとしてエクサウィザーズに入社。0→1フェーズの各プロダクトにおけるカスタマーサクセスのあり方を模索しながら土台を作り、2021年からはAI分析・予測プロダクト「HR君 Analytics」のプロダクトマネージャーも務める。


続きはこちら。

ExaWizards Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう