1
/
5

よくあるQ&Aを全て解決! ユニークな福利厚生から、事業の展望までしっかり解説

こんにちは、焔 人事部の宮下です。

私たち人事部は面接官として、エントリーいただいた方々とお会いすることが多いのですが…よく以下のような質問をいただきます。

・未経験者でも大丈夫ですか
・住宅手当はありますか
・服装を教えてください
・福利厚生はどんなものがありますか
・活躍している社員はどんな人ですか
・今後の事業に対する展望は?

そこで今回は、これらの疑問に答える焔Q&Aを開催!
人事部の内田が皆さんの疑問にズバリとお答えしますので、ぜひ最後までご覧ください!

■Profile
宿泊業や飲食の総務人事、組織開発コンサル業などを経て2020年2月、焔に入社。人事全般を担当している。趣味はランニング、料理、読書。

ー未経験でも挑戦できますか?

もちろん、大丈夫です! 研修内容をいくつか紹介しますね。

まず、PA(医療アシスタント) の「PA道」 というプログラムです。PAという仕事が無資格でどこまでできるか教える、とても細かな研修があります。例えば医師の診療バッグの揃え方や、在宅訪問のためのドライビング研修など。段階を細かく分けて研修をしております。

2つ目は看護師の「プリセプター制度」 。1人の先輩看護師が、1人の後輩看護師を教える形をとっています。

そして3つ目は、バックオフィス。当法人ではGoogleツールを仕事で使っているので、基本的な機能の使い方やショートカットキーを学ぶ座学から、それらを実践できる実務研修まで整えていますよ。また、ビジネスマナー研修というものもあり、新卒・中途、部署・役職に関係なく全員が参加することができます!

ー住宅手当はありますか?

住宅手当は現在ないですが、「かけつけ手当」 というものがあります。拠点から半径3km以内に在住の社員には、月々3,000円支給しています。これは本当に緊急の時に要請があるものですが、東日本大震災などを経験しているので、公共交通機関がマヒしたとき、病院にスグに駆けつけてくれる方がいるといいよね、という理由で最近できた制度です。


ーどんな雰囲気ですか?

医療法人と聞くと、敷居が高い…と思われる方もいますが、うちはかなりワイワイしていますよ。(笑) あとはすごくフラットですね。年齢や部署に関係なく、相談や意見を出し合ったり。「よりよくする」 という文化が浸透しているので、改善点などはよく下からも声が上がるくらいです!

また、バックオフィスと患者さんってなかなか会話が生まれないものですが、顔を合わせるとお互いに声を掛け合ったりしていますね。とにかく人と関わる時間が多いですね。


ー服装を教えてください!

ユニフォームのガイドラインを設けており、襟付きYシャツ、ズボン、華美でない色。髪の色を含め細かなガイドラインではなく、緩やかに設けています

ー活躍している社員はどんな人ですか?

「現場の言語」「ビジネスの言語」 のどちらも使いこなせる方、ですね。そういう方って『翻訳家』 になれるんですよ。経営の話をしても現場を知っているからこその意見や判断ができますし。

また、人と関わることが好きな方はとても向いていると思います。1人の患者様の人生に最期まで寄り添い、支えることができるこの仕事にやりがいを持って働いている方がとても多いです。


ーユニークな福利厚生を教えてください!

「スキルアップ支援制度」 というものがあります! 書籍購入やセミナー講習代などスキルアップで必要な金額の半額を法人が負担してくれる制度です。最大10万円まで申請可能で、その半額の5万円を当法人が補助します!


ー社保完備ですか?

もちろん完備です。入っている社保にない補助も当院独自でしています。例えばインフルエンザの予防接種や体調不良時の診断があります。


ー祝日は勤務ですか

現在は勤務です。職員が急増した分、働き方のニーズも比例して増えているので給与調整で対応もしています。また、24時間営業しているので、ポジションによっては(PA、医師、看護助手) 18時以降から翌日9時まで対応いただく「待機」 もあります。待機に関しては基本自宅にいて、電話対応していただいています。

ー今後の事業展望は?

今はメディカルがメインですが、そこから広がってHOMURA COFFEEや保育園をスタートしたり。新しい事業は、もうすでに始まっていますよ!

未来の話をすると、さらによりよい世の中作りのためならば、メディカルだけに絞らなくてもいいよね、という話にもなっています。例えば、医療と教育は隣り合わせのような存在なので、チームブルーエデュケーション、チームブルーエンターテイメントなど、「自分らしく生きるため」 の取り組みをどんどんやっていく予定です。

でもまずは、開院したばかりの「おうちにかえろう。病院」 事業の成功、そして継続ですね。この取り組みを知ってもらえた先にそうした事業ができるとおもうので。


ー入社までに準備すべきことは?

本当に特にないです。(笑)

代表の安井をはじめ、私もよく伝えているのは、「今目の前にあることを全力でやってきてください」 です。これは中途の方、新卒の方関係なく皆さんに伝えていて、その理由はその時にしかできないこと、時間の使い方ってあると思うからです。全てやり切って後悔のない状態で焔にジョインしてほしいです!


ー選考フローを教えてください!

それは、前回の取材で詳しく語っているので、こちらをご覧ください!

\焔のユニークな選考フローって?/


ーエントリーを迷っている方へ一言メッセージをください!

私も迷いました。専門職集団の人事なんて私にできるかしらって。だから言い切れます。迷ったら、飛び込んでみてください! やるかやらないかだけです! みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

まとめ

いかがでしたか? 皆さんの疑問は解消できましたでしょうか。
もっともっと聞きたいことがある! さらに詳しく聞きたい!
そんな方はぜひお気軽にカジュアル面談にお越しくださいね!


焔では一緒に働く仲間を募集しています!


バックオフィス・新卒◎
学歴?スキル?カンケーなしです!まずは人事の僕と話しませんか?
「自宅で自分らしく死ねる、そういう世の中をつくる。」を理念に、2013年東京都板橋区にて開業。 「自分らしく死ねる=最期まで自分らしく“生きる”」と考え、「自分らしく生きる」を支える在宅医療(訪問診療)を開始。 2013年、数名のスタッフから始まった“やまと診療所”は、 2020年、“TEAM BLUE”として、様々な医療サービスを提供する医療TEAMへと成長。 ー訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ・訪問歯科・病院(地域包括ケア病床/2020年4月開院) すべてのサービスは、 ー患者様が自分らしく生ききる。 ー人が人を想い「温かい死」がそこかしこで見られる世界の実現へ。 私たちのVALUE 「私達はもっとよくなれる」と信じている。 自分の仕事に、組織に誇りを持って「楽しく」仕事をしている。 「チーム」と共にある。認め合い、喜び合い、信じ合い、高め合う。 日々、仲間を信じ、挑戦し続ける。 それがTEAM BLUEだ。 在宅医療の役割は、病気によって揺れ動く患者の人生に寄り添うこと。 この原点を胸に、患者一人ひとりの生き様 (=死に様) と真摯に向き合います。
医療法人社団焔
バックオフィス
本気でメディカルイノベーション、起こします。仲間を大募集しています
「自宅で自分らしく死ねる、そういう世の中をつくる。」を理念に、2013年東京都板橋区にて開業。 「自分らしく死ねる=最期まで自分らしく“生きる”」と考え、「自分らしく生きる」を支える在宅医療(訪問診療)を開始。 2013年、数名のスタッフから始まった“やまと診療所”は、 2020年、“TEAM BLUE”として、様々な医療サービスを提供する医療TEAMへと成長。 ー訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ・訪問歯科・病院(地域包括ケア病床/2020年4月開院) すべてのサービスは、 ー患者様が自分らしく生ききる。 ー人が人を想い「温かい死」がそこかしこで見られる世界の実現へ。 私たちのVALUE 「私達はもっとよくなれる」と信じている。 自分の仕事に、組織に誇りを持って「楽しく」仕事をしている。 「チーム」と共にある。認め合い、喜び合い、信じ合い、高め合う。 日々、仲間を信じ、挑戦し続ける。 それがTEAM BLUEだ。 在宅医療の役割は、病気によって揺れ動く患者の人生に寄り添うこと。 この原点を胸に、患者一人ひとりの生き様 (=死に様) と真摯に向き合います。
医療法人社団焔
オープンポジション
日本の社会課題を本気で解決する最先端ベンチャーに、新卒から挑戦しませんか?
「自宅で自分らしく死ねる、そういう世の中をつくる。」を理念に、2013年東京都板橋区にて開業。 「自分らしく死ねる=最期まで自分らしく“生きる”」と考え、「自分らしく生きる」を支える在宅医療(訪問診療)を開始。 2013年、数名のスタッフから始まった“やまと診療所”は、 2020年、“TEAM BLUE”として、様々な医療サービスを提供する医療TEAMへと成長。 ー訪問診療・訪問看護・訪問リハビリ・訪問歯科・病院(地域包括ケア病床/2020年4月開院) すべてのサービスは、 ー患者様が自分らしく生ききる。 ー人が人を想い「温かい死」がそこかしこで見られる世界の実現へ。 私たちのVALUE 「私達はもっとよくなれる」と信じている。 自分の仕事に、組織に誇りを持って「楽しく」仕事をしている。 「チーム」と共にある。認め合い、喜び合い、信じ合い、高め合う。 日々、仲間を信じ、挑戦し続ける。 それがTEAM BLUEだ。 在宅医療の役割は、病気によって揺れ動く患者の人生に寄り添うこと。 この原点を胸に、患者一人ひとりの生き様 (=死に様) と真摯に向き合います。
医療法人社団焔
医療法人社団焔では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう