1
/
5

新しい期がスタート、オンラインで事業計画報告会を実施しました

こんにちは、東京システムハウス広報担当の原口です。

当社は11月より新しい期(46期)がスタートしています。先日、オンラインにて事業計画報告会を開催しました。

発表者と一部社員のみ出社し、他の社員はオンラインにて参加をしました。本社出社組は、事前に抗原検査や検温などの感染対策を行った上で参加をしています(早く全社員が対面で集まれるようになりたいです‥!)

本日はその様子をご紹介します。少しでも当社のカルチャーが伝わると嬉しいです!

今回の事業報告会はこれまでとは少し異なり、中期経営計画(2020‐2025)へ向けた各部の事業状況や見通しを発表する会でした。そのため46期の事業計画だけではなく、50期を見据えた各部の事業方針の説明などもありました。

各部の発表後は質疑応答の時間もあり、活発な意見交換も行われました!

事業計画報告会の開催目的は、「中期経営計画を自分ごととして捉えて、会社の方向性を把握する」です。事業計画報告会で会社・部門の方向性を把握することができ、改めて認識を一致させることができました。

社員一丸となって中期経営計画達成に向けて進んでいきます!

その後、内定者紹介も行われました。内定者11名と来年2月に入社するインドの大学を卒業する3名が自己紹介をしました(グローバル採用については改めて詳細をまとめようと思います)。14名は、社員と対面するのは今回が初めてでしたが、しっかり自分をアピールできていました!

来年はグローバルな人材採用として、インドと韓国の学生が入社をします。お互いの国の文化を知りあい、新しい知見を取り入れていきたいです。

14名と一緒に働く日が今からとても楽しみです!

内定者紹介の後は、年間表彰が行われました!

部門表彰として、マイグレーションソリューション部、公共・保険ソリューション部、金融ソリューション部、インシュアテックプロジェクトの4つの部門が表彰されました。

その他にも新卒採用における功労賞や各部門における敢闘賞など個人表彰もあり、活躍する部門や社員の表彰を受け、モチベーション向上にも繋がりました!

表彰された皆さん、おめでとうございます!

約1日にわたり開催された事業計画報告会。みんなで集まって開催とはいきませんでしたが、当社の現状と今後の方針、目標を共有する大事な時間となりました。

46期も社員一丸となって頑張ってまいります!

東京システムハウス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
東京システムハウス株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?