1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

少しは広いところへ引越しました。

少しは広いところへ引越しました。


2020年は春から大変でした。
コロナになり、先が全く見えなくなりました。
4月から急激にお問い合わせも減り。
事業計画もコストミニマムで設計し直し、トップラインも最低限死守するもので置き直しました。
本当は仲間も2020年4月から増やしていく予定だったのだけれども、そんなことできるはずもなく。

そんな生きた心地のしない中でも、いくつかの手を打ってきました。
今となっては意味をなしていないものもあります。
そのうちの一つが1on1機能へフォーカスでした。

実のところ、2019年、というよりも2020年の春くらいまで、1on1という名前を口にすることすら嫌でした。
個人的に、何かすごく表面的な気がしていたし、提供する価値を言い表していないなどと変なことを気にしていた記憶があります。
しかし、そんな混沌とした状況でも、ユーザーからいただく声が確かにあり、少ないアポイントで誰かが得てきた感覚があり、それぞれの目に入ってくる社会の風景や言葉の使われ方があり、そんな、それぞれ得てきた刺激や情報を小さいオフィスで毎日毎日皆で皆で混ぜ混ぜにしていく中で、あーこれは変なこだわりを持ってる場合ではないなと皆で思い始めました。

KAKEAIは人事向けではない、現場のデータを見たい誰かのためでもない、利用するマネジャー・メンバーのためのもの。そんな思考がごく自然と固まって行き1on1機能へフォーカスし始めました。

第2波以降、問合せが10倍以上になりました。
去年の4-7月頃には想像できるはずもない大きな機会をたくさんいただけるようになりました。
本当に忙しくなりました。

もっと多くの仲間と共に、もっとたくさんの刺激や情報を混ぜ混ぜにし、もっと強く前に進むために引越しました。

ここにも長くいてはいけません。
どれだけ早くここを出れるか。

↓これは1Fの共有スペース

↓これはその奥の中庭(お酒は禁止らしいです)

↓これも共有の会議室。窓の奥の左手に見えるのがKAKEAIのオフィス。30人くらいまではいける..か?そのうち写真をとってアップしておきます。

株式会社KAKEAIでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう