1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

社会に大きなインパクトを与えるプロジェクトを成功へ導く

Sun* のメンバーを紹介するインタビューです。DXの構想から開発の実装までを支援するSun* のDXC( DX Consulting Unit )で、DXコンサルタントとして活躍するメンバーにお話を伺いました。慶應義塾大学理工学部物理学科出身、2018年新卒入社。


安定よりも変化を尊重する社風

Sun* に入社した背景を教えてください。

Sun* だったら、自分のスキルを磨きながら、社会に貢献している実感を持ちながら働けると思い、入社を決めました。もともと大学で物理の研究をしていて、テクノロジーには無限の可能性を感じていました。

将来的にはITエンジニアリングの力で、世の中に大きなインパクトを与える仕事をしたいと思っていました。Sun* はスピード感を持って、「 デジタライゼーションを通じて社会課題を解決する 」プロフェッショナル集団だったので、この会社で力をつけるべきだと直感したんです。

また、私が就活をしていた当時Sun* にはまだ新卒がいなかったため、新卒1期生として挑戦的な環境で働けることも魅力的でした。実際に入社してみると、想像以上に責任や裁量権が大きく「 挑戦しやすい環境 」とはよく言うものの、Sun* はまさに自分次第で色々な可能性が見えてくる会社だなと思います。


社会に大きなインパクトを与えるプロジェクトを成功へ

今やっている仕事と、今後挑戦したいことを教えてください。

今は、日本を代表する複数の大手企業と共に行う、プロジェクトのPMをしています。あるプロジェクトでは、コワーキングスペースの会員用のアプリを開発しています。このコワーキングスペースは、単に仕事をする環境を提供するだけではなく、会員同士が深く交流をし、新たな事業や価値を世の中に提供することを目的とします。

そのためアプリには、コワーキングスペースに必要な会議室予約機能だけではなく、会員同士のシナジーを生み出すためのクローズドなSNS機能が備わっています。このアプリが、新たな価値創造に夢中になる人々をサポートすることで、社会の前向きなアップデートにつながると信じています。

正直、こうした大きな責任あるプロジェクトを新卒2、3年目のうちから挑戦させてもらえる環境はなかなか無いと思います。単なる労働者としてではなく、世の中を変えるプロジェクトのPMとして、誇りを持ちながら働いています。

また、プロジェクトの責任や裁量をかなり任せてもらえているので、プロジェクトが正しく進められているか不安になったり、急な問題が発生したりなど大変なことは多くあります。ただ、成長実感を着実に感じられているので、今後の自分に期待しながら日々頑張っています。


引っ張るのではなく、巻き込んで前へ

新卒からSun*で働くことの魅力はどんなところにあると思いますか?

裁量権が大きいところと、「人」が魅力的なところです。Sun* は良い意味で新人扱いをされません。新卒であったとしても、早い段階で大きなプロジェクトを任せてもらえます。責任と裁量権が大きい分、自分のキャパシティや能力以上の仕事を発揮する必要がありますが、困ったら周りに頼れる環境があります。

私自身、入社するまでITの知識はほとんどありませんでした。ですが、Sun* は色んな分野のプロフェッショナルがたくさんいるので、わからないことを聞いたら親切に教えてくれることが多いです。仕事を進めやすいという点でもそうですし、自分にない視点をもつ人がたくさんいるという点でも、多様な分野の専門家がそばにいる環境はとても魅力的です。

Sun* Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう