1
/
5

家族を大事にする、2児の父。社員からの信頼も厚いパパエンジニア!#中途#30代半ば#エンジニア#リーダー#2児の父

皆様、こんにちはー!

シアトルコンサルティング株式会社採用担当の渋谷でございます!


▼記事担当 (※以下 「渋」)

渋谷 瞳(しぶたに ひとみ)

シアトルコンサルティング株式会社
コーポレート本部 人事部。

1993年生まれ。24歳。
吉祥女子中学・高等学校を卒業後、
早稲田大学教育学部理学科に入学。
卒業後、2016年度の新卒で、シアトルコンサルティング株式会社に営業として入社。

2年目の現在は、営業からコーポレート本部人事部に異動し、
キャリア採用・人事業務に加え、社内イベント企画等の活性化業務も行っている。



本日は、2013年にシアトルコンサルティングに中途で入社した、

2児の父であり、クライアントディレクター※1でもある、家庭と会社の両立のプロ、

山田修司さんのインタビューです!

※1 お客様先の一部門に所属しながらも、他の部門を含めたお客様全体と信頼関係を構築し、

お客様、営業並びに現場のエンジニアを繋ぎ、お客様の事業拡大を担う役職です。




▼インタビュー (※以下 「修」)

名前:山田 修司(やまだ しゅうじ)

年齢:36歳

出身:神奈川県藤沢市

趣味:サーフィン(大学生の頃からやっていて、歴15年!!)、スノボ

シアトル入社:2013年4月




―入社前の活動―

渋)

早速ですが、入社前はどのような活動をされていたのですか??


修)

前職は3,40名の規模のSES※2会社でしたね。

※2 システムエンジニアリングサービスの略称。システムやソフトウェアの開発・運用等で行われる委託契約の一種であり、特定の業務への技術者の労働提供を行うサービス形態。提供元の従業員が客先のオフィスに常駐して技術的なサービスを行うもの。

2,3次請けがメインで小規模の受託開発も行っている会社でした。

自分から積極的に仕事をとっていってましたね~。


渋)

SES会社にいたのですね。

経験企業は1社のみですか!?


修)

はい、シアトルが2社目です!


渋)

36歳で2社ってあまりいらっしゃらないですよね!

1社目でとても経験を積まれていたのですね~!

どんな案件を行っていたのですか?


修)

課金システムの開発・保守を主に行っていて、

要件定義からテストまで一気通貫で経験しました。

開発言語としては、Java,C#を経験しました。


         < 少し前の修司さん。今より少しやんちゃに見える!?(笑) >



―シアトルを知ったきっかけ―

渋)

まず長くいた会社を転職をしようと思ったきっかけは何だったのですか?


修)

その会社では5名チームが限界で、もっと全体を俯瞰したいと思ったからです。

現場全体を見られる環境ではなかったので、転職を決めました。

渋)

そうだったのですね。次にシアトルを知ったきっかけを教えて頂けますか??

修)

@typeの転職フェアですね。

呼び込みにとても活気があったのを覚えています。


―入社を決めた理由―

渋)

入社を決めた理由は何だったのでしょうか??

修) 

ぶっちゃけ最初は候補に入れてなかったです(笑)

でも、一発最終の面接を受けて、「チームでの開発」を強みとしている所に惹かれました。

自分はフロント、デザイン部分はスキルが無かったので、それぞれの強みを活かし、

チームで協力してパフォーマンスを上げられると感じて、入社を決意しました。


渋)

「チームでの開発」に惹かれたのですね!

シアトルといえば「チームワーク」ですが、他に「チームでの開発」を押し出している

会社はやはり無かったのでしょうか?


修)

無かったですね!

シアトルほどチームで働く事を全面的に押している所は他にはありませんでした。


渋)

ちなみに修司さんにとって「チームワーク」とはどういうものなのでしょうか?


修)

個人では出せない、大きな成果を出すことが出来る、それがチームワークだと思います。

具体的にいうと、1+1を2ではなく、1×1を10にするくらいのパフォーマンスを出せるようになる事ですかね!


渋)

なるほど!とても分かりやすいです。お互い協力してパフォーマンスが上がるという事ですね(´▽`)


―入社後のキャリア―

渋)入社後のキャリアを教えてください。

修) 

入社後は、まずはサブリーダーから入り、現場のリーダーになり、

メンバーの評価やフォローを行いました。

2017年からは、社内でリーダーからクライアントディレクターに役割が変わり、

1案件だけでなく、お客様の案件全体の状況を把握するようになりました。

現場はずっと一緒で、決済サービスのバック側、機能追加等を
Javaで開発しています。

ブリッジSEとして中国のメンバーのマネジメントも並行で行っています。


渋)

リーダー、クライアントディレクター、そして現場では

ブリッジSE...

本当に多方面でご活躍されてますよね\(゜ロ\)(/ロ゜)/


            < チームメンバーとパシャリ! 良い写真ですね~! >




―シアトルの好きなところ―

渋)

シアトルの好きなところはどんなところですか??

修)

ズバリ下記ですね!

・若くてかっこいい

とにかく若々しい。30代の人もプライベートがアクティブで、仕事している姿もカッコよくて、自己研鑽にも励んでいる人が多い。

・チームを大切にしている
・多様性(個々の意見を聞いてくれるし、反映してくれる)


―こんな人に入社してほしい!―

渋)最後に、どんな方に入社していただきたいですか??

修)

多彩なタレント!

外国籍も含め色んな価値観の人がいる事で、いろんな意見が出てより良い会社になっていくと思いますね。


               < 愛犬 ぽてち。 So cute!! >



―最後に―

修司さん、インタビューありがとうございました!!

「チームでの開発」に惹かれたという方は

やはり、シアトルには多いです。


お子さんが生まれ、シアトルへの関わりが役職のみになっていて、もっともっと

シアトルに貢献していきたい、という思いが強い修司さん。

今後はコンサルにもチャレンジしていきたいという事で

ますます修司さんに憧れる社員は増えるのではないでしょうか!!


修司さん、今後とも、宜しくお願い致します!!(/・ω・)/



シアトルコンサルティング株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
今週のランキング