1
/
5

担当コンサルタントってどうやって決まるの?

東京と北海道を行き来するからマイルが貯まるのに、休みの日ぐらいは飛びたくないから使い道がなかなか見つからない、マーケティングロックスターこと池上です!

今回は、ルシダスのお客様になったらどうやって担当コンサルタントが決まるのか?という、あまり考えた事がないと思われるお話です。

とはいえ、ルシダスに仕事を頼もうかどうしようかと悩んでおられる方だけでなく、ルシダスで働きたいと思っている方にとっても興味ある内容ではないでしょうか。

実のところ、ルシダスには明確な「これ!」というルールはありませんが、ある程度の指標はあります。

最初にお客様からご相談があった時、お問い合わせ内容などにより誰かが一次受けをします。
お問い合わせされた方が担当を直接ご指名することもあれば、たまたま一次受けをした者がそのまま担当になるケースもあります。

しかし、一次受けが必ずしも担当となるわけではありません。

コンサルタントに業界経験がある事はプラスに働きますが、それよりも「課題解決経験」を優先します。

つまり、お客様が「どの業界か?」よりも「どんな課題を持っているか?」の方がよっぽど重要です。

さらに、課題解決経験と同程度、もしくはそれ以上に重要視している事が一つあります。

それはズバリ!個々のコンサルタントがその業界に興味があるかどうか!これに尽きます!

実際、ルシダスは美容・健康、通信、人材、製造、SaaSツール、食品、不動産など非常に幅広い業界の会社様のお手伝いをさせて頂いておりますが、「我こそはここの仕事がしたい!」というコンサルタントが担当しています。

「ルシダスに興味を持っているからルシダスで働きたい!」という人材を我々が採用したくなるのと同じように、「このお客様の商材は興味があるから一緒に仕事がしたい!」というコンサルタントに任せるのが理に適っている事ではないでしょうか?

と思われたら、貴社担当のコンサルタントに聞いてみてください!

ルシダスのことを「もっと知りたい!」と思ったあなたに!

ご興味を持ってくださった方はぜひ弊社のリクルートメルマガをご登録ください!
本ストーリーのように、メンバーが自らルシダスの働き方やカルチャーについて発信しているので具体的なイメージを持てますよ!
https://www.lucidas.co.jp/recruit#rct-top-form

株式会社ルシダスでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング