1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【学生必見】これだけ! 学びのスタートダッシュを切る簡単な一つの方法

改めて、認定クリエイターのメリットを紹介

こんにちは、キカガク講師の大庭@oba_kikagakuです。
ブログも7回目となります。

ここでは、認定クリエイターのメリットについて、学生のみなさんの状況を踏まえながら、改めて紹介したいと思います。
結論をここでお伝えすると、

チームで勉強すべし!

ということです。

新しいことを学び始めるときの離脱ポイント


どんな人でも、何かを新しく学び始めるタイミングはあります。
社会人だと、時間も限られている上に業務上必要であったり、昇給などの明確なメリットがあることが多いので、継続はそこまで難しくないと思います。
逆に言えば、何となく「○○を知っておいたほうが良い」ぐらいの動機で始めると、すぐに続かなくなってしまいます。

経験上ですが、学生の場合はこの「何となく」が学びの動機としてはほとんどだと思っています。
時間もあり、大学の授業以外にもたくさん興味の対象がある学生にとって、こういうスタートの仕方は好ましいでしょう。
しかし、(これも私の経験上ですが)得てしてこうして学び始めたものは、三日坊主となります。

認定クリエイターを始めてから、学生と話す機会が認定クリエイター内外問わず増えたのですが、時間があるが勉強をしても中々続かないという話も聞きます。
移動時間の省略や部活動の休止などで以前と比べて時間があるという状況ですが、一人で学習を始めてしまうことが、離脱のポイントと言えそうです。

一人で始めたときの挫折の理由

では、どうして一人だと離脱または挫折してしまうのでしょうか?
私は、大きく三つの理由があると思います。

みなさんも経験があると思いますが、やはり「飽き」が大きな理由の一つでしょう。
講義では、たとえ飽きていたとしても決められた期間は受講しなければならないため、とにかく出席することで受動的ではあるものの学習を進めることができています。
一人で進めていると、少し飽きたら別のことに簡単に手を出せるので、長続きしないことが多いです。

また、「成長が実感できない」も理由の一つとして挙げられます。
大学の講義では、テストというゴールがあります。
テストの点数もそうですが、時期が決まっていることもあり、ゴールがかなり明確です。
それをクリアすれば一定の能力を証明できるものとして、強制的にテストを迎えることは成長の実感につながります。


最後は「孤独」です。
一人で学んでいると、サボっていても咎められません。さらに、平均的な学習進度もわからず、学習の止め時というのが掴めません。
止め時がわからないからクリア基準も曖昧になり、早々に学習を諦めてしまうという経験が、みなさんにもおありかと思います。

実際には、それぞれ独立の原因というよりは、三つが関連しあった結果挫折感につながっているという形でしょうか。
実は、この三つを一気に解決するとても簡単な方法があります(なんと、無料で!)。

おすすめの学習方法

ずばり、その解決方法とは、チームで学ぶということです。
ゼミなどでは当たり前に取り入れられているグループという単位が、新しい学びにとって不可欠だと考えています。
オンライン化全盛であることを踏まえると、一人でただ家で学ぶよりも何倍も効率的だと思います。

キカガクが提供している自走できるAI人材になるための6ヶ月間の長期コースは、個人でAIを学びたい方に人気があります。
このコースの後半の3ヶ月は、自ら課題を設定し、それを解決するためのAIプロダクトを開発していただきます。
このとき、似たような課題を持つ方々をチームにし、困りごとなどを相談する形を取っています。
そうすると、チーム内で補完し合う関係が自動的に形成されていきます
また、毎週決まった時間に集まるということも大切です。飽きが来てもとにかく出席して、同じ課題を持った仲間と進めるという経験が学習を進めるエンジンになると考えています。

認定クリエイターになれば、それが可能です。


実際にコミュニティ内でチームを作り、学習を進めてもらっています。
全国に散らばっているので、チーム学習は基本的にオンラインです。
そのため、
一人で家にいながら、チームで学ぶ
という経験をすることができます。

そしてなんと、学習コンテンツに関して、認定クリエイターはこれらをすべて無料で受けることができます!
キカガクの新サービス、ikus.aiで提供しています。

時間がある今こそ、AI・最先端技術を腰を据えて学んでみませんか?
みなさんのご応募おまちしております!



教育を変えたいと思っている社会人の方々へ

もし、この記事を読んで、一緒に学生たちと学びを進めたいと思っていただけたなら、私たちと一度お話してみませんか?

学生の認定クリエイターだけではなく、大人でも、教育を変革したい講師を募集しています。
もちろん認定クリエイターに関わることもできるので、若者の可能性を広げるために一緒に活動していけると嬉しいと思っています。


AI・機械学習講師
教育がこれから日本を変える。AI・機械学習講師として圧倒的成長したい人募集
▍これまでのキカガク キカガクは AI・機械学習領域の教育事業を手掛けています。 ビジネスの現場にAIを含めた新しい技術を正しく導入できる人材の育成を目指し、実務で必要となるスキルを厳選して習得できる各種セミナーを提供しています。 2017年に設立され、2021年現在5期目のまだまだ成長途中のベンチャー企業です。 創業から4年間で、オンライン/オフライン研修で延べ45,000人を超える方々に受講いただいており、最近では、医療・製造・小売など業界に特化した専門的な講座も展開できるようになり、事業の幅が急速に広がっています。 これまでの実績はこちらの会社説明資料をご覧ください。 https://speakerdeck.com/kikagaku/mu-ji-zhong-1a81d3a2-fe6e-44bd-aea5-dc0e048ed4ad ▍これからのキカガク 現在はAIに関する研修事業が中心ですが、これからはさらに大きな領域に挑戦していきます。 多くの方が学べるプラットフォームを新規事業として作っています。 また、その構想を超えて、教育を起点とした社会の変革を起こしていきます。 これまでの教育はわかりやすく教えることがゴールでした。 しかし、キカガクが目指している人物像は、教育を超えて、実社会へ知識を還元できる人材です。 教育事業を通じて、知識や経験を養うことで市場価値を高め、そして、新しい事業の立ち上げに携わっていただきたいと考えています。 人にわかりやすく教えられる豊富な知識があり、新しい事業の立ち上げを支えられる技術力もあり、 そして、日本や世界の社会課題を解決したいと思える高い志がある人材を目指します。 このような志もレベルの高い人材を育てることができるのは教育が中心の企業だからです。 キカガクはAIの会社と認識されることもありますが、教育事業を通じて、これまでの日本や世界にはいない優秀で志高い人材を多く輩出し、これからの日本や世界の課題解決を支えていきます。 教育はすべての入り口です。 教育が好きなことはもちろんですが、教えるだけにとどまらず、社会へとその知識や経験を還元したいと思える志の高い人材と一緒に、これからの新しい事業を一緒に切り開いていきたいです。 ▍実績一覧 □ 開催セミナー ・ディープラーニングハンズオンセミナー(Microsoft共催) ・アセスメント人材育成コース(ABEJA共同開発) ・キカガク長期コース □ 各種認定講座 ・日本ディープラーニング協会E資格認定 ・日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供するエンジニア向け「E資格」認定講座 □ Microsoft共同開催 ・日本Microsoftと共同でセミナーを開発 □ 第四次産業革命スキル習得 ・経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座」認定講座 ・厚生労働省指定の「教育訓練支援給付金」対象講座 ▍サービス □KIKAGAKU AIを無料で学べる学習サイト https://free.kikagaku.ai/ □ 最先端スキルを最短で学ぶ 学習プラットフォーム  キカガク https://www.kikagaku.ai/
株式会社キカガク


もう少し詳しくキカガクのことを知りたいという方は、こちらの動画もぜひご覧ください!

キカガクとはどんな会社なのか、社員はどんな人が働いているのか、短時間で多くの情報を知ることができます。
文章だけでは伝わりにくい情報も、動画を見ることでよりイメージしやすくなるかと思います。


株式会社キカガクでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう