This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ClassiのデータAI部が自分たちが学び続けるためにやっていること

こんにちは。データAI部のきみや(@yuu_kimy)です。
昨年度に立ち上がったAI室も晴れて、部となり、メンバーも増えてきました。(現在社員7名の構成です。)

さて、弊社の3つのバリューのうち、「Unlearn & Learn」というものがあり、社内でも、常に、学ぶことと学び方の模索が活発な雰囲気があります。弊社の一押しの機能の一つであるポートフォリオを自ら記録しているメンバーも沢山います!

データAI部でも、メンバーも増え、各自が取り組むテーマはそれぞれ違ったり、興味・関心も異なったりしますので、何かナレッジを共有する場が欲しいなーと思っていました。

昨年度は、データサイエンティストの伊藤(@tetsuroito)の監修・編集の元、「AI通信」なるものを隔週で発刊していましたが、今年度は、勉強会も開催することにしました。
(本記事の最後に、AI通信のイメージを載せています。弊社にジョイン頂けたら読み放題です!笑)

わいがやしながら学び合うぞー!という意思を込めて、「わいがや勉強会」と名付けています。
とは言え、毎回、勉強用の資料は、ちゃんと準備したり、と結構ガチでやっています。
先日は、第3回目として、小原によるベイジアンネットワークの勉強会を実施しました。


当日は、ベイジアンネットワークによる同時確率の求め方を数式で説明してくれた小原。
(本ブログ記事トップの写真は、そのワンシーンです。)




当日は、発表者によるアウトプットだけではなく、メンバー全員で、確認・議論(わいがや)し合って、理解を深めました。

改めて、メンバー同士でアウトプットしてみると、これまで素通りしていた点に気づかせてくれるので、勉強会は、やっぱり良いなと思った次第です。
今後も、ゆるーく&割とガチ目に社内勉強会を開催していければと思っています。


過去のAI通信はこんな感じで発刊してきました。(私もワンコーナーだけ書かせて頂きました。)



Wantedlyブログでも、これまで何度か掲載させて頂きましたが、社外の学術機関との共同研究や
PyCon USでLTしたりと、各メンバーがそれぞれにチャンレンジしています。
過去の掲載記事はこちらです。




PyCon USに参加した平田(@JesseTetsuya)が、実際に現地に行かれた方と共同で、報告会を開催予定です。興味がありましたら、ぜひ、ご参加ください。

Classi株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
280174 186566221403793 6571476 o
C84ccebb c80c 42f8 8b74 aa10d9856701?1554139104
514f84bb 16aa 4828 a787 7dd21c4ecc1a?1539389729
0d35b91a e969 4bcd 976c ba80c585fd08?1529672019
319752 375897895800898 253157571 n
9 いいね!
Anonymous
280174 186566221403793 6571476 o
C84ccebb c80c 42f8 8b74 aa10d9856701?1554139104
514f84bb 16aa 4828 a787 7dd21c4ecc1a?1539389729
0d35b91a e969 4bcd 976c ba80c585fd08?1529672019
319752 375897895800898 253157571 n
9 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう

Page top icon