1
/
5

【COVID-19】新たなる治療法:血清療法とは?

新型コロナウイルスに対する「治療法」と「ワクチン開発」が急がれています。

そんな中、今、新たなる治療法として『血清療法』の研究が諸外国で進められています。

血清療法

なかでも古典的な治療法として代表的なのは、毒蛇の毒に対する抗血清。

”治療法として古くからある” ということは ”経験が多く、実用化のハードルも低い”

変異型と合えば治療効果に大いに期待できるでしょう。 ▶vol.3「変異型ウィルス」なぜ流行する?


これからの課題

ただし課題もあって、「完治した人」の血液を使用するため、

・・・など。

これらを解消するための有効な手段として、欧米では抗体を人工的に作る 抗体大量生産技術 による治療薬開発が進んでいます。抗体を治療薬として使う例は「バイオ医薬品」として多くの事例があるので、技術的にも確立されています。

この方法によって、量の問題は解消されるのですが、変異型への効果は、やはり“使ってみなければ分からない”・・・この部分が残っています。

特効薬は、現在のところありません。ですが、症状の状態に応じた治療法の確立が進められているので、この先は、今よりもう少し活動的な社会生活が送れるようになる、そう信じています。

そのためにも、老若男女・全ての人が、生活の基本スタイルとして「密閉・密集・密接」空間を避ける取組みと、こまめな手洗いを続けましょう。

vol.4 2020.9.16   TJ博士

▶vol.3 【COVID-19】「変異型ウィルス」なぜ流行する?

▶vol.2 「PCR検査」高感度なのに、精度60%~70%は何故?

▶vol.1コロナウィルスワクチン開発に時間が掛かる訳

注目のストーリー

CHUBU SCIENCE site

中部科学機器株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう