1
/
5

CO&COは何を目指している会社なのか? - Mission・Vision編 -

CO&COの事業は少し複雑で理解しづらいと言われることも多いため、2021 年からの国内外への拠点展開にあたり、改めてCO&COという会社をよりわかりやすく言語化していくべきだと考えました。CO&COが何を目指し、どのようなことを大切にしているのか、そしてどのような事業を展開しているのかなどを整理し、複数回に渡ってその実態をひも解いていきたいと思います。

初回はCO&COは何を目指している会社なのか、そのゴールについてMission・Visionを中心にお伝えします!

誰もが自分の個性である“らしさ”を活かし、認め合い、高め合い、繋がり合い、補い合う異文化共生社会の実現。

CO&COはこれを最終的なゴールとして掲げています。
アジアでの経験の長い代表の中野が多民族国家のマレーシアで感じた疑問がその原点です。

あらゆる民族や宗教がひとつの時空に同居し、互いのアイデンティティを時に敬い、時に侮る。

「自分らしさとは一体何なのか」

異なること。それは、善か悪か。異なることが争いを生み、類することが平和を生むのか。

否、異なることにこそ価値がある。そして、その異分子同士が創造的摩擦を起こした時に進化が生まれる。異なるがゆえに競争が生まれ、異なるがゆえに共創を生む。世界が異なることを前提にし、異なることを善としたとき、人は自分らしくいられるのではないか。

この問いが異文化共生社会を考える原点になっています。

私たちはそれを共育・共創・共生というプロセスで具現化し、持続可能なビジネスモデルにすることで異文化共生社会・コミュニティを実現したいと考えています。

▼Mission:

COMMUNITIES WITHOUT BORDERS, IDEAS WITHOUT LIMITS

境界線なきコミュニティにこそ、無限の価値が宿る。
自らの頭で考え、自らの心で感じ、自らの足で立つ。
自分に責任をもって生きること。
挑戦することから逃げずに生きること。
「自由」や「らしさ」はその向こう側にしかないこと。
そして、仲間を応援する強さを有すること。
そんな個性が集うコミュニティには無限の価値が宿ると信じています。

Missionであるボーダレスなコミュニティ創りに向け、大枠としては下記のような事業を展開しています。

  1. 外国人の日本ファン化で定住へと繋げる「暮らしのインバウンド事業」
  2. 日本人の海外チャレンジャーを創出する「ボーダレス人材育成事業」
  3. 1・2の異分子が学びを軸に混じり合う「異文化共生コミュニティ事業」

CO&COの課題感として、多民族国家においてでさえ、“異文化共存”は実現できていても“異文化共生”は実現できていないと考えています。同一性を重んじ、同調圧力の強い日本においては尚更です。この画一主義の社会の中で、個性を尖らせて生きていくのは難しい。そこで、国籍、人種、性別、年齢、職業、価値観、バックグラウンドなどがカオスすぎる人々が集う「違うことが当たり前」の空間(環境)を生み出すことで、「自分は自分でいいんだ」と心から思える居場所を創る。

「学び」とは自分の殻を破る挑戦です。個性をより洗練したものにしていくための「学び」を提供することで、一人ひとりが自信を持ち、スキルを磨き、新たなスキルを得て、このボーダレスになっていく社会で戦っていける個を生み出す。そしてそれをコミュニティ化することで歪に尖った個性的な人材もお互いに助け合うことで生きていける社会(コミュニティ)を創っていきたいと考えています。

そして上記は、世界における日本のプレゼンスを高めていくことにも繋がると考えています。世界に興味を持ち、異文化を理解し、世界で戦える日本人を育てていくこと。そして労働人口減少が続く日本において、旅行目的でも就労目的でもなく、日本が好きだから日本に留まりたいという意志ある外国人の有志を生み出していくこと。私たちはこの課題を解決していきたい。

▼Vision:

共育・共創・共生で世界を1つに。

共に育み、共に創り、共に生きる。
私たちはボーダレスな共育・共創・共生コミュニティによって、
個性が進むきっかけと個性が繋がるきっかけを提供し、
誰もが「らしく」生きられる世界を実現します。

そのような共生コミュニティをどのようなビジネスプロセスで構築していくか。
私たちは、共育(コラーニング)、共創(コワーキング)、共生(コリビング)のステップで実現していけると考えています。共生に繋がるフラットな関係性のコミュニティ形成を実現するためには、ゆるやかながらも共通の目的が重要です。そこで私たちは「学び」を軸としたコラーニング(共育)がコミュニティ形成の軸になると考えました。そこにはメンバー同士のメリット・デメリットは関係なく、国籍、人種、性別、年齢、職業、価値観、バックグラウンドなどを超えた学ぶ者同士のフラットな関係性がベースにあります。そのフラットな関係性による信頼インフラがあるからこそ、より良い共創のプラットフォームにもなり得る。そして信頼をベースに学び・仕事で繋がり合うコミュニティは共生化していく。

しかし、どんなに高い理想を掲げたとしても、実現できなければ、永続できなければ、それは机上の空論に過ぎません。ただ理想を現実に近づけても意味はありません。とことん考え抜き、現実を理想に近づけていくことを追い求めていくべきです。

CO&COはライフタイムバリューを高めるサービスのワンストップ化により、事業をサステナブルにしていくと同時に、信頼インフラをベースに一生繋がり続ける異文化共生プラットフォームを実現していきます。この大きな構想を起点に全てのビジネスを構築しています。


改めて私たちCO&COのMissionをかみ砕いて言うと、

  • “異文化共生社会”を実現すること
  • そしてグローバルとローカルを繋ぎ、外国人がローカルに定住していく流れを創ると同時に日本人が海外に挑戦していく流れを生む“グローカルゲートウェイ”を世界中に構築すること
  • それをコラーニングとコワーキングの掛け算のコミュニティで実現していくこと

です。

よく「コワーキングスペースですか?」と聞かれることがありますが、それはCO&COの一側面に過ぎません。そして私たちの自己定義はコラーニングスペースですが、それも1つの出発点に過ぎません。


Learn(学び)によるインプットがあって初めて、Work(仕事)へのアウトプットの精度が高まっていく。Learnから始まるフラットな関係性がベースにあって初めて、WorkそしてLifeへと繋がるサステナブルな共生コミュニティが構築される。

“学び”を軸に異なる個性と個性が出会い、価値交換と創造的摩擦により、新たな価値を生み出す“らしさ”があふれる異文化共生社会。合理的な勘定をベースとしたGive & Takeではなく、情緒的な感情と信頼をベースとしたGive & Giveで成立する異文化共生社会。これを実現していきたいと考えています。

以上がCO&COの根本的な考え方です。

複雑性をひも解くためと言いつつ、思想ベースでさらにわかりづらくなったような気もしますが、少しでも理解が深まっていれば幸いです。

株式会社CO&CO では一緒に働く仲間を募集しています
16 いいね!
16 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング