1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「後悔する人生は嫌! だから、変わるには ❝今❞ しかない」/努力ができなくなったTakuyaと、努力が嫌いなIppeiの変化

こんにちは、広報部のきこりんです。
この5月に新しくジョインした、8名の新人を紹介するインタビュー。今回の主役は卓也と一平です。
ハキハキと話す一平に比べ、上手く自分を表現できない卓也というなんとも対極的な性格を持つ2人ですが、参加の目的は一緒「努力できる自分になりたい」。
一度は夢や希望を失い、道に迷った2人は、ここで人生をやり直したいと本気で思える瞬間に出会います。それは一体何だったのでしょうか? 彼らの過去から現在に至るまでを、一緒に紐解いていきましょう。

■Takuya's profile (左)

 年齢:24歳/出身地:福島県/最終学歴:大学中退
 長所:スーパーポジティブ/短所:気分屋
 前職:黒服
 趣味:音楽鑑賞
マイブーム:今はありません! 見つけたいです!

■Ippei's profile (右)

 年齢:20歳/出身地:静岡県/最終学歴:高卒
 長所:真面目に見えるところ/短所:飽き性
 前職:倉庫管理
 趣味:スノボ、バレーボール
マイブーム:ラッパーを見ること!

■頑張るのが嫌だった

—―一平はなんで努力が嫌いだったのかな?
【一平】
 自分は末っ子で、姉2人からとても甘やかされて育ったことが、まず理由の1つにあるかと思います。欲しいものは全部買ってもらえて、嫌なことはしなくていい幼少期を過ごしたからか、大きくなってからもこのテキトーな性格は抜けず、努力って何? という感じで。

—―どのくらいテキトーなの?
【一平】
 自分が通っていた農業高校では、自分の畑を耕さなきゃいけなかったのですが、雑草抜きという地道な作業が嫌いすぎて…(笑) 気付くと自分の畑だけ荒れていました。それくらいテキトーで、勉強に対する努力は特に大嫌いでした。


【卓也】
 そんな嫌だったんだ?

—―卓也は?
【卓也】
 自分はむしろ勉強は大好きでした。幼い頃から塾に通っていて、テストは毎回高得点だったのが幼少期の自慢です。中学校になってからは勉強よりもスポーツに打ち込みましたが、それでも努力は本来好きでしたね。


—―「本来」 …?

■卓也からやる気を奪ったもの

【卓也】
 高校から大学まで剣道一筋で頑張ってきました。自分を高めるべく強豪校に入り、強くなるために自分の全てをかけて打ち込んできたのに…「仲間に恵まれてない」 って…いや、努力の無意味さを知ったというか…分かります?

—―!? ごめん、全然分からない…!
【一平】
 みやたく (卓也の愛称) 、口下手なんです! (笑) みやたくは努力して剣道も強くなったのに、団体戦で負けてしまった経験があるんです。そこで顧問の先生から「お前は仲間に恵まれてないんだよ」 って言われて、そこから努力しても無駄じゃん、そんなの無意味だって思うようになったんだよね。

【卓也】
 そ、そう!! ありがとう一平。

—―一平、ナイスアシスト! (笑) 卓也は途中から努力できなくなったんだね。
【卓也】
 そうです、夢、希望、目標が全部無くなって絶望したあの瞬間をもう二度と味わいたくない、だからもう努力なんてしたくないって。それから人間不信になり、そのまま大学も4年生で中退しました、今思うともったいないなと思いますけどね。

■面接で見つけた新しい自分

—―そこからどうやってリバラボに出会ったの?
【一平】
 高校を卒業した後、「休日が多い・営業職」 というまたテキトーな理由で就職を決めました。しかし働いてみると営業なんかじゃなく、3年は倉庫管理の仕事をさせられるところでした。そして毎日単純な作業をこなしていくうちに、自分がここで働く意義が分からなくなり、1年で退職しました。そのあとはずっとフリーターとして職を転々としていましたが、「何かしたい! 」 「このままじゃまずい」という焦燥感に襲われ、たまたまSNSの広告で見つけたリバラボにエントリーするという経緯です。


【卓也】
 自分は大学を中退後、色んなアルバイトをして生活していました。最後にしていた仕事は黒服、キャバクラのボーイです。コロナの影響で仕事を続けることが難しくなり、途方に暮れていたところSNSでリバラボの広告を見つけて藁にもすがる思いでエントリーした、という感じです。

—―2人とも結構崖っぷちだったんだね。でも、何でリバラボでもう一度頑張りたいと思えたのかな?
【卓也】
 うーーーーん…。


※30秒くらい止まる卓也…(笑)

—―………質問変えようか?
【卓也】
 …侑弥さんに言われたからです!

【一平】
 うん、何を? (笑)

【卓也】
 えっと、なぜリバラボに来たのか、何のためにここで変わろうとするのかを一緒に考えてくれたんです。人間不信だった自分が久しぶりに人の話に耳を傾け、頭を使って考えようとしていることにまずビックリしました。

 こんなダメな自分でも変われるよ、と話してくれた侑弥さん始め、チャンスをくださった三浦代表、亮平さん (取締役) そして自分の可能性を信じろと背中を押してくれた直紀さん・雄太さん (新人研修担当、リバラボ卒業生達) に出会い、自分にはここしかないと思いリバラボに入りました。


※5月の新人が、新人研修最終日に直紀に送った色紙。感謝の言葉で溢れています。

—―ジーン。一平は?
【一平】
 人事部の皆さんに出会えて、初めて「一つのことを成し遂げたい」 と思えました。みやたくも言っていたように、こんなテキトー人間が、頑張りたいって燃えてることがビックリなんです。(笑) だから正直、人生を変える最後のチャンスだと思っています。努力を継続できない、すぐに諦めてしまう自分に甘すぎる部分を面接で指摘してくださった人事の方々、そしてこんな自分にも真正面から向き合ってくれる、直紀さん・雄大さんの期待にも応えたいです。

■卓也と一平を変えたヒト

※リバラボ人事の侑弥 (右) と新人研修担当でリバラボ卒業生の直紀 (左) 。

インタビュー中、「リバラボに出会って、人生を変えたいと思えた」 と話していた2人ですが、そんな彼らを1番近くで支え、手を差し伸べた侑弥と直紀にメッセージをもらいました。愛と熱い想いが溢れるエールで最後を締めくくりましょう。

卓也へ 侑弥より
面接で、今の自分じゃダメだという事を気付き、そこから「自分の人生、本気で変えます」 と言ってから表情と言動が変わったのをよく覚えています。まだまだ、だらしなくて自分にも甘い。けど、人一倍恩義や仁義を大事にするところは卓也の強みです。そのルーズさは叩き直してもらうしかないけど (笑) 、この2年間はダサくても良いし、格好悪くたって良いから誰よりも愚直に真摯に向き合って、泥まみれになりながらでも夢を掴み取る2年間にしていこうね。感謝と素直さと謙虚さを忘れずに、駆け抜けて下さい。

一平へ 直紀より
一平ちゃん、新人研修中は人一倍愚直に練習していたね! 最初の方は中々自分の意見をいう事ができなかったけど、同期だけで集まった時に遠慮せずに思った事は話し合える関係になりたい! と話していて、「なんだ、案外熱い想いを持っている奴なんだな~」 と気づき雄太と2人で驚きました。同期からもいじられる事が多かったけど、みんなから愛させる存在でそれは一平の強みでもあるよ。配属先でも持ち前の愚直さと熱い想いを全面に出して、頑張って下さい!!

→Click to Takuya's Profile

→Click to Ippei's Profile

株式会社3Backsでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう