1
/
5
デイブレイク株式会社

社員インタビュー

Trending
話題の投稿

安定を捨て、家族を残し、それでもここに来たかった。裁量権、目標の存在。僕がベンチャーを心底楽しんでいる理由

この春セールスチームの一員としてデイブレイクに入社した安彦さん。彼がふと「ベンチャー、楽しいですわ」と発言したことがきっかけで、このインタビューは始まりました。前職では鉄鋼業界に勤め、まだ入社して間もない安彦くんが、ベンチャーを(デイブレイクを)楽しいと言ってくれている!もっと深く話が聞きたい!と盛り上がり、早速...

【女性メンバー対談】"フードロス問題に向き合いたい"共通の背景を持つ女性社員2人がデイブレイクを語る

アルバイトから新卒入社した佐藤優さんと、中途入社から3ヵ月の能登はるかさん。デイブレイクを知った背景や仕事のやりがい、働く環境など、女性社員2人の胸の内を語ってもらいました。 "フードロス問題に向き合いたい"共通の志と、2人が惹かれたデイブレイクの姿勢 —2人がデイブレイクを知ったきっかけ、入社の決め手を教え...

Latest
最新の投稿

安定を捨て、家族を残し、それでもここに来たかった。裁量権、目標の存在。僕がベンチャーを心底楽しんでいる理由

この春セールスチームの一員としてデイブレイクに入社した安彦さん。彼がふと「ベンチャー、楽しいですわ」と発言したことがきっかけで、このインタビューは始まりました。前職では鉄鋼業界に勤め、まだ入社して間もない安彦くんが、ベンチャーを(デイブレイクを)楽しいと言ってくれている!もっと深く話が聞きたい!と盛り上がり、早速...

【女性メンバー対談】"フードロス問題に向き合いたい"共通の背景を持つ女性社員2人がデイブレイクを語る

アルバイトから新卒入社した佐藤優さんと、中途入社から3ヵ月の能登はるかさん。デイブレイクを知った背景や仕事のやりがい、働く環境など、女性社員2人の胸の内を語ってもらいました。 "フードロス問題に向き合いたい"共通の志と、2人が惹かれたデイブレイクの姿勢 —2人がデイブレイクを知ったきっかけ、入社の決め手を教え...

もう会社員として働くことはないと思っていた。二児の母がデイブレイク広報として再び社会進出に挑む理由

いつもメンバーのインタビューをしているので、たまには自分のことも書いてみようと思います。デイブレイクの広報になって約2年。フリーランスとしてデイブレイクに出会い、入社するまでのエピソードや、2児の母親としての働き方を綴ります。 結婚を機に退職。誰かのために働く喜びを感じたフリーランス時代 デイブレイクに入社す...

地方の食を知り尽くした元船井総研シニア経営コンサルタントが挑む新事業とは。いちばん美味しい瞬間をロックし、最高品質を世界へ

デイブレイク役員インタビュー第三弾!元船井総研シニア経営コンサルタントの春日大輝さんです。前職の話、デイブレイクとの出会い、そしてここで成し遂げたいこと。これまでの経験を活かし、デイブレイクで構想中の新規事業についてもお話いただきました。 中食事業のコンサルティングで浮かび上がった「冷凍」のキーワード 新卒で...

冷凍が"当たり前"の世界を創る。JAL整備歴21年、二児の父の新たな挑戦の幕開け

デイブレイク役員インタビュー第二弾!元JAL整備士の伊藤陽史さんに話を聞きました。誰もが知る航空業界から何を目指し、何を求めてデイブレイクに来たのか。バックグラウンドから将来まで、じっくり語ってもらいました。 JALでの学びは“当たり前のことを当たり前にする”価値 前職はJALの整備部門で、入社後5年は整備士...

大企業の好環境を捨てての転職。いくつもベンチャーがある中でなぜ冷凍に挑むのか

デイブレイク役員インタビュー第一弾!今回は、元キーエンスでデイブレイクの営業・マーケティングを統括する下村諒さん。大手からベンチャーを選んだ理由、デイブレイクに感じるポテンシャルについてなど、胸の内を語ってもらいました。 新しい企業価値の作り方があるのではないか。ベンチャーへの転身を決意させた言葉 前職のキー...

海外生活でたくさんの食文化に触れても分からなかった、食に込められた"あたたかさ"を知った場所。

現役インターン生・小野正幹さん。海外在住時に食品業界への興味を抱き、将来を考えるように。デイブレイクでの経験から、商品開発だけではない食への関わり方を発見できたといいます。そのきっかけは何だったのか?インターン生活について聞きました。 海外で受けた衝撃。違うことが当たり前の世界中で、同じ味、同じブランドが愛さ...

本質的な意見を求め、挑戦させてくれる。起業を目指す僕にとって、こんなに恵まれたインターン環境はない

デイブレイクの現役インターン生の北田倫一さん。メンバー入りしてから約1年が経ち、初期の頃とは社長への印象や業務に変化があったと言います。何が彼の心を動かしたのか。インターン生として感じるデイブレイクについて聞きました。 漠然と、就活に備えた社会経験が目的だった。就活の定番、「コンサル」「商社」というキーワード...

木下昌之が語る、メンバーへのメッセージ。"あったかい心の連鎖"を、社会にも、組織にも。

デイブレイク代表・木下昌之。木下がどんな背景で会社を立ち上げたのか・・・という話は、ありがたいことに、いくつかのメディアで取り上げていただいています。これらをご覧いただけたら、そのストーリーは知っていただけると思います。 https://japan.cnet.com/article/35137822/ 「特殊冷凍...

農家、魚屋、花屋を経てHenoHenoのプロダクトマネージャーになった私 が、ここで成し遂げたいこと

デイブレイクのメンバーは総じて経歴がユニークですが、中でも独特の経歴の持ち主、宮口祐太郎。農家、魚屋、花屋を経てデイブレイクにやってきた、宮口さんの心の内を聞きました。 大学と真逆の世界に身を置きたくて農家に。村に永住する覚悟だった これまでの仕事に共通しているのは【一次産業×IT】というテーマ。意識している...

副社長に聞いた!デイブレイク激動エピソード~海外冷凍テスト篇~あわび、サーモン、とろ~り目玉焼き⁉

ヒストリー篇では、創業6年の歴史をお届けしました。今回は、冷凍テスト篇。デイブレイクには、世界中からあらゆる食材を扱うお客様が冷凍テストにいらっしゃいます。ときには驚くようなオーダーをされることも。今回は、数ある冷凍テストの中から、特にインパクトの強い海外案件のエピソードをお届けします。 南アフリカからアワビ...

副社長に聞いた!デイブレイク激動エピソード5選~ヒストリー篇~

創業7年目を迎えたデイブレイク。インターネットを活用した特殊急速冷凍機の販売からはじまり、現在は新規事業のHenoHenoも存在感を高め、また新たなステージへ向かおうとしています。そんなデイブレイクの歴史を振り返り、特に思い出深いエピソードを、副社長の守下和寿さんに聞きました。会社のあゆみや社風を、少しでも知って...

My journey from being raised in the U.S to holding business meetings/trips with clients from all over the world at the age of 19

Before Interning at Daybreak Being born in Japan, but soon after moving to the United States where I spent 18 years in Oregon as well as California, I longed...

山形牛を2500頭飼育する畜産農家の三代目が、デイブレイクで日本の生産者のために働く理由

デイブレイクに入るまで 僕は山形で30年続く和牛の肥育をしている畜産農家の3代目として生まれました。 今は大体2500頭くらい飼育していて、最近では新しく繁殖を始めたり、東京に飲食店を出したりしています。 (焼肉居酒屋二葉というお店です!宣伝じゃないですよ!笑) まあそんなこんなで和牛農家の息子として育って...

国際弁論大会準優勝の僕が、海外に日本の一流テクノロジーを広める!

デイブレイク株式会社に入る前 海外に住んでみたい!このものすごく単純な思いから留学を志望するようになりました。 というのも、日本に来ている留学生たちが毎日友達と遊んでいて、ものすごく楽しそうだったので自分もこういう生活がしたいなと思ったのが本音です。(笑) 運良く大学2年時にニュージーランドの大学に1年間留学する...

フォロワー
投稿数
18
いいね!
105
About
社員インタビュー
デイブレイクの社内インタビューをご紹介!
Writers