1
/
5
Webプロデューサー
中途
2
エントリー
on 2021/08/12 402 views

あなたの知らないWEBプロデューサーの形があります。

株式会社EPOCH

株式会社EPOCHのメンバー もっと見る

  • 【関わっている会社】
    株式会社EPOCHというWEBと映像とグラフィックの制作と映像ディレクターのマネージメント業を軸に広告プロモーション戦略の立案や企業ブランディングの提案などを行なっています。

    株式会社EPOCH
    https://www.epoch-inc.jp
    ※大手企業のブラディングやプロモーションからMVやCMや商品パッケージのデザイン制作などをプロデュース、ディレクションしています。所属監督には紀里谷和明監督や吉野耕平監督、新宮良平監督など約20名の監督のマネージメントを行なっています。


    予定調整AI「スケコン」を企画・運営
    https://schecon.com/

    ...

  • 小坂 大輔

  • 1986年神奈川県出身。 慶應義塾大学を卒業後、東北新社入社。2014年東北新社を退社後、BREAKER Inc.にて竹林亮監督と共にYouTuberを経験。2015年5月より株式会社EPOCHにてプロデューサーとして入社。

  • 遠藤 友章

こんなことやります

「分野の枠に捉われないWEBプロデューサーにチャレンジしてみませんか?」
「もっとクライアントの声を”WORKS”に反映させてみませんか?」

《業務内容》
弊社では、映像とWEB、グラフィックを一貫してシームレスに企画提案することで、他にはない表現ができるクリエイティブの制作を目指しています。 そのため、クライアントからの要望に対して本質的な部分をしっかりと把握して最善の提案を行うことを大切にしています。

その中で、弊社のWEBプロデューサーのお仕事とは、クライアントのビジネスを拡大するために、クライアントの課題はなにか、クライアントですら気づいていない根底にあるニーズはなにか、といったただ依頼されたものを作るのではなく、クライアントのためにどういったWEBサイトがいいのか等のプランニングを行い、WEBサイトを中心とした広告制作案件のプロデューサーとして、各クリエイター等と連携しプロジェクトチーム作りから納品までを担当していただきます。

時には映像チームとタッグを組みながら、WEB×映像ならではのコンテンツつくりも可能なことから、WEBという枠組みだけでなくさらに広い視野を持って、クライアントへの課題解決するための提案も可能。
これができるのも「映像」「WEB」「グラフィック」の企画・制作とディレクターのマネジメントを全て一括で行っている“トータルクリエイティブカンパニー”だからこそです。

枠に捉われない新しいキャリアを実現させることもできるのが弊社の魅力のひとつであり、 一人ひとりの裁量が大きく、今まで経験したこともない幅広い業務も担当できるのがEPOCHです。
あなたの「やりたい」「挑戦したい」気持ちを実現させてみませんか?

《リモートワークの施策について》
◇リモートワーク推進中
◇WEBミーティング推奨中

《応募資格》
◇WEBプロデューサーまたはWEBディレクター経験3年以上
◇Word、Excel、PowerPointの基本的な操作ができる方
◇lllustrator、Photoshoを使った経験
◇Keynote、Adobe XD、Dreamweaver、After Effects、Premierなどの経験
◇経営や経済に興味がある、ビジネスに興味がある方

詳細の記載がない項目に関しては、面談にてお伝えできればと思います。
弊社で過ごす日々は、全てが未体験で刺激的です!

まずはお互いを知れたらと思いますので、カジュアルにお話しましょう!

会社の注目のストーリー

自分の好きなことをやる。信念を貫いて活躍する女性社員をクローズアップ!
エントリー状況は公開されません
8人が応援しています
会社情報
株式会社EPOCH
  • 2013/09 に設立
  • 東京都渋谷区広尾1-5-8
  • あなたの知らないWEBプロデューサーの形があります。
    株式会社EPOCH