1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
地域活性プランニング、実務
5
エントリー
on 2021/03/04 260 views

世界中から人々が集う、未来を考え創造するCAMPUSを共に創る仲間を募集!

株式会社大泉工場

株式会社大泉工場のメンバー もっと見る

  • ステキな環境を創る!環境美化・SMILEをテーマにしている弊社にて、不動産本部でコミュニティプランニングと直営店本部にてコンセプトを体現できる唯一無二のカフェのプロデュースをしています♪
    ココに来る前は、アパレルでのデザインや企画、WEB関連の経験をしています。
    又、良品計画で宣伝販促にて、ブランドのコンセプトを日々深め表現していました。様々な経験を活かし、良いチームでチャレンジしています!

  • 株式会社大泉工場をポジティブシンキングで経営。

    「地球を笑顔で満たす」

    という理念を胸に、「環境」「健康」「働き方」「楽しみ方」の「環境」を美化することに全身全霊で取り組む。
    独自の感性と感覚、経験から、これからの世の中に必要とされるであろうコト・モノを見抜き、素早く事業化することで、様々なムーブメントを起こす。

    生きることと働くことの境目が、いい意味で曖昧となっており、常に世の中の動きをキャッチし、発信し続けている。

なにをやっているのか

  • MTGの様子。古いwarehouseを改装したMTGスペースでは、常に未来を意識した、企画や商品、環境についての話し合いが行われている。クリエイティブが生まれてくる職場環境にこだわるのも、大泉工場の一つの個性であり、大事にしているポイント。その場所が目的地になり、出発地点にもなる。素敵な環境の創造は、素敵な環境から始まります。
  • 素敵な商品が創造された、それはまさに至福の至福の瞬間。新しいことへのチャレンジなので、このような場面には数多く、巡り合います。日本ではまだ市場がないKOMBUCHAも、純粋に美味しくて、なおかつ腸内環境が素敵になる。他にもCold Pressed Juiceや自営のカフェで毎日焼かれるベーカリーも、誰もが感動する、環境を素敵に創造するプロダクトが日々、創造されます。

大泉工場は、「地球を笑顔で満たす」というMISSIONを掲げて、活動しています。

そしてこのMISSIONを達成するための事業とは?

それは、腸内環境から地球環境まで、すべての環境を美化する事業を指します。
地球を笑顔で満たすため、事業部ごとにVISION「素敵なxxx環境を創造する」ということを掲げ、日々、輝いているスタッフたちが活動しています。

弊社は、創業から104年目を迎えた伝統ある会社である一方、先見性を持ち続け、常に新しくってみんなが笑顔になる試みにチャレンジし続ける会社です。

では、具体的にどんな事業を展開しているのか。
全ての事業のキーポイントは「素敵な環境を創造する」です。どの事業も、ベースには地球環境の美化があることを前提に、ご確認ください。

KOMBUCHA_SHIP事業。腸内環境を素敵に創造する飲料として、今、世界中で注目を集めているKOMBUCHA<コンブチャ>(発酵スパークリングティー)を社内で醸造。健康志向の高いgrocery storeやcafe、ECサイト、直営店舗など多数のチャネルで、販売しています。製造工程・資材・原料にもこだわり、地球環境に負荷を与えない形で生産されている、唯一無二のプロダクトとして、各方面から注目を集めています。

GOODNATURE事業。世界NO.1コールドプレスジュースマシンメーカー「GOODNATURE」の正規代理店として、本物の、栄養をしっかりと摂取できるジュースを作れるマシンを、販売。whole food(食材全部)を使用して作るジュースの食材は、可能な限りORGANICである必要がありますが、日本のORGANIC市場はとても小さい。この市場を、さまざまなパートナーたちと広げていく活動を、実施しています。

FUTURE FUN FOOD事業。未来の楽しいプロダクトを、地球上から発掘して提案していくチームです。現在はPOP CORNマシンを中心に、テンペ商材や各種groceryを企画提案。ワクワクするプロダクトを、もっと身近に手に届く形で広げています。

URBAN GROCERY事業。現在、東京都港区の西麻布と表参道の2拠点で、地球を笑顔で満たすプロダクトを提案するGrocery storeを展開中。ゼロウェストやPlant Based、ORGANIC、Fermentationなど、日本ではまだまだ馴染みの薄い、しかしさまざまな環境を素敵にするプロダクトの販売や、イベントの発信を通じて、豊かな生活を総合提案しています。今後、新たな大型店舗を展開する企画を進めています。

CAPMUS事業。埼玉県川口市の本社敷地は、約3000坪の広さがあり、緑豊か。自然の中で学や体験を通じて、人々の心が拡張していくような仕組みを、LOCALと手を取り合いながら展開します。月に一度の(ARTISAN) FARMERS MARKET KAWAGUCHIは、1日に1000人以上のお客様が集まる、地域活性イベントとしての地位を確立。今後は学舎の創立や、事業の横展開を検討しています。

1110 CAFE/BAKERY事業。本社敷地内に所在する、LOCAL/ORGANIC/Plant Basedをテーマにしたベーカリーカフェ。素材にこだわった、ワンランク上の食提案をしています。
Real Estate事業。不動産の新たな形を見据え、スタートしたチーム。まずはLOCAL川口を中心に、古き良きを新しく、そして美しく生まれ変わらせ広げていく事業です。
これらの事業を展開する中で、社内ムービー制作やPR、広報、商品の仕入れ企画、総務経理人事など、会社機能としてバックアップさせるチームが存在し、縦・横・社外と連携して事業を展開するのが、大泉工場です。

積極的に地方都市や海外などにも情報を取りに行き、それを各事業に落とし込む。
全ての事業・チームが「素敵な環境を創造」し、「地球を笑顔で満たす」ために邁進しています!

なぜやるのか

  • 自分たちでオーガニック野菜を作って食べる。シンプルな取り組みですが、めちゃくちゃ大事。世界中から人を招いて、一緒に体験し、考える時間を創ります。
  • 日本の企業として、日本を世界に発信するためも、季節イベントはとても重要。自分たちを知り、世界を知る。そのアクションは、地球が笑顔で満たされるための大事な一歩です。大泉工場に関わる全てのスタッフ(アルバイトや社外の方々含め)は、定期的に顔を合わせ、連帯感を強くしています。

創業104年を迎える、歴史ある会社に現社長が戻ったのは、今から13年前。
当時は物流倉庫の管理事業のみを展開していました。

「何か新しい取り組みをしないと、会社が永続しない」

危機感を持った現社長がまず実施したのは、まだ日本では知られていなかった「スペシャリティポップコーン」事業の展開。アメリカではもうすでに定着しており、事業性が高いと判断した一方、初めて自分でポップコーンを弾いたとき、「この食べ物は世界から戦争をなくす、世界一幸せな食べ物だ」と感じました。

そこから導き出されたのが、「地球を笑顔で満たす」というMISSION。

当時はまだ、それを達成するためには「ポップコーンを広める」というくらいの文脈でしかなかったのですが、事業を進めていく中で、「地球」「笑顔」に「環境」というワードが付加されました。
日本は世界に比べて、圧倒的にORGANIC市場が遅れている。

そう気づいたのが、2012年のことでした。

いくら美味しくて楽しい食品でも、それを口にいできなければ意味がない。
そもそも、生産できない土地が増えていってしまったら、未来の子供達が食べられるものがない。地球が笑顔で満たされるなんて、夢物語だ。と痛感。

もちろん、市場が育っていない=ビジネスとして成り立つ変わらなかい という不安は大いにあり、商材を転換していくことの怖さはありました。しかし、誰かがやらなければいけない。

日本でオーガニック市場が育たない一つの原因に、「なんか難しそう」という理由もあります。大泉工場では、オーガニックやPlant Based(植物由来)、フードテック、LOCALなどの言葉を、もっともっと身近にする必要があると考えています。

そのためには、さまざまな事業が同時並行的に進まなければいけないと考え、前述の事業をスタートしました。全て収益化できているわけではありませんが、全て「素敵な環境を創造する」ためのなんらかの事業であり、遅かれ早かれ、収益化していくことでしょう。

そしてその先に、地球を笑顔で満たすというMISSION達成が見えてくる。全てを未来に正しい形で継なげていくために、大泉工場は活動していきます。

どうやっているのか

  • 世界的クリエーターの事務所で、様々なインスピレーションを受ける機会があります。自分で考え、動き、失敗を重ねた先に、本物の出会いがあります。その出会いを、大泉工場はプロデュースしていきます。
  • 世界中のJUICE関連の仲間が集まるカンファレンスにて。会場はマイアミですが、アメリカのみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと、300名以上が一つの事象「ジュース」について熱く語り合う。今後日本でも、conference文化が広がるでしょう。

会社自体は30名弱で、平均年齢も30代中盤。

若くて小さい会社ですが、先代が遺してくれた永い歴史と大きな遺産(=先見性)を武器に、「地球を笑顔で満たす」というMISSION達成に向け、「素敵な環境を創造する」というVISIONを掲げ、スタッフ全員が様々な角度から顧客アプローチを展開し、日々成長しています。

各々が、本当に自由に、想いを共有しながら、コミュニティを形成し、邁進しているのが大泉工場のスタイル。ある意味、自分で動かないと、新しいことは生まれませんが、その環境に馴染んだ時、新たな世界が広がっています。

若いスタッフが多い一方、ほとんどが中途採用で、経験豊富。

フラットな関係が出来上がっているので、道に迷ったときは、みんなでフォローし合う社風が出来上がっています。

各業界のリーダーとのつながりも強く、今後、確実に伸びる市場を見据え、チャレンジし続けます。

とにかく挑戦したい!そんなスタッフを募集しています。

こんなことやります

日本の川口を、世界のKAWAGUCHIに!
そしてその流れを、日本・世界中に派生させていく!
その土地土地の輝いている部分を見つけ、磨き上げることで、素敵な環境が創造され、美しい未来につながる事を信じて。

それが、大泉工場の地域活性プランニング事業「OKS_CAMPUS」のVISIONです。

現在、弊社の3,000坪の敷地内には、有形文化財指定された洋館と日本家屋、倉庫とガーデン、CAFEがあり、それらの輝いている部分を公開し、クリエイティブの場として、貸し出す事業「スペースレンタル事業」をしています。テレビドラマやCMの撮影ロケには、著名な監督や演者が集まり、大泉工場の場に、新たなクリエイティブの息吹を注ぎ込んでくれています。

しかし、その場限りのクリエイティブに留まるのではなく、今後は普段から、そういった場を活用してもらう事業をプランニング中。そのプラン立案から実務までを、ご一緒できる仲間を募集しています。

埼玉県川口市に、100年以上にわたり拠点を構える大泉工場。この川口はかつて、鋳物の街として栄えましたが、今はその面影も影を潜めています。残念ながら、世界的な知名度もありません。この街の魅力とは?と考える中で、一つの答えが浮かび上がりました。それは、長年、街を支えていた職人たちの気質、すなわちCraftmanshipが、まだまだこの街には残っており、火種として燻っています。
その火種に気づいた、クリエイティビティ溢れる若者も、徐々にではありますが集まってきています。ただ、その若者たちが活躍する場が、まだ少ない。

大泉工場は、決して恵まれた立地ではありませんが、定期開催するFarmers Marketやカフェで、街を盛り上げていますが、決定的にその火種に火を灯すことができていません。

場としてのリソースは、warehouseや日本家屋、ガーデンなど、揃っています。
あとはそれらを、いかに開かれた場所<Common>に昇華させ、クリエイティブを集めていけるか。そして、世界中から人が集まる場<CAMPUS>を創造したいと日々、活動しています。

最初はスペースレンタル運営や、イベント対応が主となる業務ですが、中・長期的にVISIONを共有でき、エネルギッシュに日々活動できる人材を求めています。そして、そのエネルギーを発揮できる場は、すでにあります。

具体的には、シェア工房や未来の学舎を、一緒にプランニングし、実装していく活動ができればと考えております。

会社の注目のストーリー

【大泉工場イベントレポート】お花見ランチ開催
【KOMBUCHA_SHIPイベントレポート】コラボイベント開催!人々が集う場「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」
【mizuiRoインタビュー番外編Vol.3】大泉工場NISHIAZABU・OMOTESANDO監修 岡清華さん~アーユルヴェーダの知恵を通じて伝える、「本当の健康」とは~<後編>
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社大泉工場
  • 1917/09 に設立
  • 25人のメンバー
  • 海外進出している /
  • 埼玉県川口市領家5-4-1
  • 世界中から人々が集う、未来を考え創造するCAMPUSを共に創る仲間を募集!
    株式会社大泉工場