1
/
5

【転職者インタビュー】激動の時代と変化を楽しむ!~ZOZOTOWN、WEARのPMとして働く魅力とは~

こんにちは。採用担当の藤田です。
今回はZOZOグループが運営するZOZOTOWNやWEARなど巨大プロダクトの事業グロースを担うプロダクトマネージャー(以下:PM)の2人に話聞きました。ZOZOテクノロジーズのPMならではの面白さや、働く環境について、他企業を経験したからこその目線で語ってくれています。

この記事でわかること

・ZOZOグループ内でのPMの立ち位置
・働く環境
・PMに必要な要素

プロフィール

福岡 明彦
プロジェクト・AI推進部 WEAR&MAチームリーダー。あだ名は「アキ」。複数の事業会社で企画営業や、ビジネス開発を経験。2019年6月にZOZOテクノロジーズに入社、MA(マーケティングオートメーション)の事業推進や、グループ会社とのプロジェクト推進を務める。2020年4月の組織改編に伴い、WEAR事業のPMとして携わる。
加藤 泰大
プロジェクト・AI推進部 ZOZOTOWNチーム。あだ名は「かとぴー」。新卒でSIer系の企業に入社し、エンジニアを経験。その後、転職を経て事業プロデューサーに転身。マネジメント経験を経たのち2020年3月にZOZOテクノロジーズへ入社。現在はZOZOTOWNに関連するプロジェクトの推進に携わる。

「ZOZOテクノロジーズのPM」って何してる?

つづきは、こちら

株式会社ZOZOテクノロジーズでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう