1
/
5

距離を乗り越え、ONE TEAMに~ZOZOテクノロジーズWEAR部にチームがひとつになるための方法を聞いてみた~

※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、ZOZOテクノロジーズでは引き続きリモートワークを実施しています。

今回はファッションコーディネートアプリ「WEAR」の開発を担う、佐野と脇阪のリモートインタビューをお届けします。
幕張と青山それぞれにメンバーがいるため、顔の見えないコミュニケーションにより不穏な空気が漂うことも少なくなかったWEAR部。どのようにして物理的な距離を打破し、チームが同じ方向へと進めるようになったのか、WEAR部で活躍する2名に話を聞きました。

プロフィール

WEAR部 プロダクト戦略チーム 佐野 俊治
新卒でSlerとして事業会社に入社。その後、2015年に当時のスタートトゥデイに転職。現在はWEAR部 プロダクト戦略チームでWEARの事業方向性などを決めるプロダクトオーナーを務める。

WEAR部 サービス開発チーム 脇阪 博成
ゲーム会社など数社を経験したのち、2019年6月にZOZOテクノロジーズに入社。WEAR部 サービス開発チームでリーダーを務め、高品質なユーザー体験の実現を目指して開発を行う。

苛立ちを感じる人間関係、チーム内の不和が生じた理由


続きはこちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう