This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

多目的トイレの空き状況をマップに表示ーサイバスロン車いすシリーズ日本2019で車いすの方々からバカンのサービス熱望の声

バカンは、多目的トイレ(多機能トイレ、みんなのトイレ)の空き状況をマップ上に表示するサービスを「サイバスロン車いすシリーズ日本2019」開催時に提供させていただきました。サイバスロンとは、障がいのある方々と先端技術の開発者が協力して日常生活に必要な動作に挑む競技です。 全部で6種目あるうちの電動車いす部門に特化した大会が、2019年5月5日・6日に川崎で開催されました。

期間・エリア限定のサービスでしたが、「マップ上に近隣の施設の空き状況を表示する」という念願のサービスを提供させていただきました。


かねてより、車いすの方からバカンに、「どこの多目的トイレに向かえばよいのか事前にわかるサービスが欲しい!」という声が届いていました。「やっとの思いで多目的トイレまで移動したのに、長時間待たされることもしょっちゅう。そのまま待つべきか、それとも別の多目的トイレを探すべきか・・・。本当に困っている」というお声です。

本大会の会場となったカルッツ川崎には、多目的トイレが10個室ありました。どの多目的トイレが今空いているのかをセンサーで自動検知、IoT技術を利用して会場のデジタルサイネージ(電子看板)やスマートフォンに表示しました。


<会場の多目的トイレは10個室あるが、離れたところに点在している。どこのトイレに向かえば今空いているか「空満状況」が、サイネージやスマホからすぐにわかる>


さらに、会場の最寄り駅や、市役所など周辺施設の多目的トイレの空満状況もマップ上からご確認いただけるサービスをご提供いたしました。


本大会にゲストとして応援にかけつけたビヨンドガールズ(トップ画像)の皆様にこのサービスをご説明すると、スマホを見ながら、

「全国にこのサービスありますか? めっちゃ便利!このサービス全国に広めてください!バカンのTwitterフォローします!」と。

ビヨンドガールズの中嶋涼子さんは「多目的トイレに行ってみたけれど使用中で、長時間待たされることはよくある。車いす友達と食事に出かけた際に、トイレに行った友達が15分以上戻ってこられないなんてこともあるんですよ」とお話くださいました。

<さくら着物工房の鈴木富佐江さん(トップ画像後列)が着付けを。車いすに座っても帯が映えて負担の少ない結び方になっている。鈴木さん自身の右手に脳梗塞の後遺症が残ったことをきっかけに障がいがあっても着られる着物を考案。>

本大会で3位の栄冠に輝いた、慶應義塾大学理工学部チーム。そのチームで車いすの操縦をしたパイロットの野島さんは「地域によっては、車いすが通れるところが少なく、車いすで利用できるトイレがないところも。多目的トイレの近くに自分がいたら、通知してくれるような機能が欲しい」と話してくださいました。

会場には展示&体験コーナーもあり、バカンのサービスを多くの方に知っていただきました。

<NTT東日本のブースでバカンのサービスをご紹介いただきました>


<清水建設・日本IBMブースでのインクルーシブ・ナビの展示>

会場内では屋内のナビゲーションシステム インクルーシブ・ナビのサービスも提供されていました。スマホで自分の位置が特定でき、近くのトイレまでの道順をナビゲーションしてもらえます。このスマホアプリからもトイレの空き状況が確認できるよう、バカンのサービスも連携させていただきました。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、多目的トイレでも「おもてなし」ができるようにしたいですね。

☆ サービスの詳細お問い合わせは contact@vacancorp.com までご連絡くださいませ。

バカンのサービスについてお知りになりたい方はこちら↓


この記事に関連する募集はこちらです↓ (その他の職種募集はこちら

【ハードウェアエンジニア】

IOT / AI / 組込み
事業拡大!ハードウェアエンジニアさん、IoTセンサー開発しませんか?
バカンは、「そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界」の実現を目指し、IoT・AIを活用した空席情報検索プラットフォームの開発・提供を行っている会社です。 2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に選ばれました。また、直近では大手企業やベンチャーキャピタルから、総額7.9億円の資金調達を実現。数多くのアクセラレータープログラムでも採択され、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。 そんな私たちの事業には、3つの柱があります。 (1) 「VACAN(バカン)」 レストランやカフェ、トイレなどの混雑状況を集約する空席検索プラットフォームを開発。「今、空いているか」が足を運ばなくても分かる世界を構築しています。すでにデジタルサイネージ版「VACAN for digital-signage」を公開。さらに、ポータルサイトの作成も進めていく予定です。 (2) 「THRONE(スローン)」 センサーとITを組み合わせて、トイレの空席情報をリアルタイムに利用者へ提供。1秒でトイレの空き情報が分かる便利なサービスとして、ユーザーのみなさんから高く支持されています。 (3) 「QUIPPA(クイッパ)」 スマホやパソコンでお弁当を注文し事前決済、あとはお店に取りに行くだけという「お弁当おとりおきサービス」を提供。日本経済新聞社とのコラボレーションで展開しています。 ▼海外に進出中! 混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出を目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。
株式会社バカン


【生産管理スタッフ(事務系)】

在庫,管理,調達,物流,事務
ものづくりでの事務をお探しの方必見!量産化につき生産管理スタッフを募集!
バカンは、「そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界」の実現を目指し、IoT・AIを活用した空席情報検索プラットフォームの開発・提供を行っている会社です。 2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に選ばれました。また、直近では大手企業やベンチャーキャピタルから、総額7.9億円の資金調達を実現。数多くのアクセラレータープログラムでも採択され、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。 そんな私たちの事業には、3つの柱があります。 (1) 「VACAN(バカン)」 レストランやカフェ、トイレなどの混雑状況を集約する空席検索プラットフォームを開発。「今、空いているか」が足を運ばなくても分かる世界を構築しています。すでにデジタルサイネージ版「VACAN for digital-signage」を公開。さらに、ポータルサイトの作成も進めていく予定です。 (2) 「THRONE(スローン)」 センサーとITを組み合わせて、トイレの空席情報をリアルタイムに利用者へ提供。1秒でトイレの空き情報が分かる便利なサービスとして、ユーザーのみなさんから高く支持されています。 (3) 「QUIPPA(クイッパ)」 スマホやパソコンでお弁当を注文し事前決済、あとはお店に取りに行くだけという「お弁当おとりおきサービス」を提供。日本経済新聞社とのコラボレーションで展開しています。 ▼海外に進出中! 混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出を目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。
株式会社バカン


【フロントエンドエンジニア】

Web / IoT / AI
全国に拠点 vuejs/typescript フロントエンドエンジニア募集
バカンは、「そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界」の実現を目指し、IoT・AIを活用した空席情報検索プラットフォームの開発・提供を行っている会社です。 2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に選ばれました。また、直近では大手企業やベンチャーキャピタルから、総額7.9億円の資金調達を実現。数多くのアクセラレータープログラムでも採択され、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。 そんな私たちの事業には、3つの柱があります。 (1) 「VACAN(バカン)」 レストランやカフェ、トイレなどの混雑状況を集約する空席検索プラットフォームを開発。「今、空いているか」が足を運ばなくても分かる世界を構築しています。すでにデジタルサイネージ版「VACAN for digital-signage」を公開。さらに、ポータルサイトの作成も進めていく予定です。 (2) 「THRONE(スローン)」 センサーとITを組み合わせて、トイレの空席情報をリアルタイムに利用者へ提供。1秒でトイレの空き情報が分かる便利なサービスとして、ユーザーのみなさんから高く支持されています。 (3) 「QUIPPA(クイッパ)」 スマホやパソコンでお弁当を注文し事前決済、あとはお店に取りに行くだけという「お弁当おとりおきサービス」を提供。日本経済新聞社とのコラボレーションで展開しています。 ▼海外に進出中! 混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出を目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。
株式会社バカン


【コンサルティングプロジェクトマネージャー(営業系)】

+コンサルティング+事業開発
事業開発にも参画!業務拡大期コンサルティング営業メンバーをWanted!!
バカンは、「そこが空いているか、1秒でわかる優しい世界」の実現を目指し、IoT・AIを活用した空席情報検索プラットフォームの開発・提供を行っている会社です。 2019年6月には、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラム「J-Startup」に選ばれました。また、直近では大手企業やベンチャーキャピタルから、総額7.9億円の資金調達を実現。数多くのアクセラレータープログラムでも採択され、今、加速的に急成長を遂げているスタートアップです。 そんな私たちの事業には、3つの柱があります。 (1) 「VACAN(バカン)」 レストランやカフェ、トイレなどの混雑状況を集約する空席検索プラットフォームを開発。「今、空いているか」が足を運ばなくても分かる世界を構築しています。すでにデジタルサイネージ版「VACAN for digital-signage」を公開。さらに、ポータルサイトの作成も進めていく予定です。 (2) 「THRONE(スローン)」 センサーとITを組み合わせて、トイレの空席情報をリアルタイムに利用者へ提供。1秒でトイレの空き情報が分かる便利なサービスとして、ユーザーのみなさんから高く支持されています。 (3) 「QUIPPA(クイッパ)」 スマホやパソコンでお弁当を注文し事前決済、あとはお店に取りに行くだけという「お弁当おとりおきサービス」を提供。日本経済新聞社とのコラボレーションで展開しています。 ▼海外に進出中! 混雑のない世界を望む気持ちは世界共通です。そこで私たちは、国内のみならず世界への進出を目指しています。皮切りとして2019年4月に、バカン初の海外支社を上海に設立。中国でも事業を開始しました。世界をステージに躍進を続けるスタートアップで、あなたも一緒に働きませんか。
株式会社バカン



株式会社 VACAN
大石 かおり

株式会社バカンでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!

IoT

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう