1
/
5

(IT系 新卒・既卒未経験向け)『SESはやめとけ』ってよく聞くけど、実際どうヤバいん?

めっちゃ質問される訳ですよ。

昔なら2chみて終わりだったんだけども、『今だと大量のアフィリエイトブログや、TwitterないのSESガークラスタの話が検索にかかる感じで、どうにも偏った話が多そうに感じる。 せや、あの緑のアレなTwitterアカウントに聞いてみよう!』ってなるのかもわからんね。

こっちも困るとかではないんだけど、この話は一概に言いづらい話だったりして、コピペで記事貼ってそれを見せればOKにできると、楽と言うか、誤解なども少なく伝えられるんではないかと思いました。

そんなわけで、業界のおじちゃんたちにとってはンな事わかってるわ的な内容になりますが、今回はそんな方向性の内容で。



1.Twitterとかの被害報告は、だいたい事実である。

あ、先に言うとくと、あの辺だいたい事実だと思うわ。
なかにはありえな過ぎて笑えるのもあるけれど、ああいうのも多分、事実。

よくあるやつ
・未経験一人で現場投入。
・しかも職歴偽装だった。
・単純作業だけで、スキルが付かない。
・ただの奴隷だよ。
・よその会社の社員扱いになってたんだが....
・ピンハネだから年収が安いよ
・ブラックだよ
・家電量販店に派遣された。

まあ、世の中は広い。あるんじゃね? どこかにはあるでしょ。そりゃ。ない訳ない。絶対ある。先に極端なたとえ話だけしてしまうと。

『福島第一原発の廃材撤去作業に派遣された! 建築土木業界は全部ブラックだ!』

って言う意見をWebで目にしたって話。

ただ、原発の話と違うのは、よくあるやつって部分やな。主語の大きさは不適当ではあるが、レアケースであるとも言い難い。SES界隈が『全部ヤバい』訳ではないが『安全とは言えないので全て回避すべき』と言う意見については、とりあえず完全に間違っているとは言えない。


個別の背景を説明すると。
・未経験一人で現場投入。
当たり前だが未経験者は実業務の上では無価値である。その為未経験者の営業は経験者とのバーターが前提になる事が多く、その体制が取れなかったケース。 めっちゃ高度な案件で、しかもお客さんが未経験でOKして、お金も払うという事はほぼなく、未経験でもできそうな案件という事になる。
特に技術に関わる未経験OK案件はなかなか無いので、営業同士の戦いは熾烈を極める。

・単純作業だけで、スキルが付かない。
未経験単独でできる仕事となると、このような案件である率が増える。技術と無関係な、スキルが付かない案件の場合、次も『未経験とほぼ変わらない』状態である為、やはり次も同様の案件になりがちである。なお、この手の話に2年間突っ込んだとして、会社視点ではまったく技術面での戦力は増えていない事になる。大工さんのいる工務店が大工さんを増やさずに廃材処理の日雇い派遣ばっかりやるかと言うとそんな訳はないワケで、単にその会社の主業務が廃材処理の日雇い派遣だったのだと言う方が実態に近い。
SESって、システムエンジニアリングサービスの略なんだろ? エンジニアリングかんけーないじゃん。

そう、君は、ITの会社じゃなくて、『ITもやる、ロースキル派遣の会社』に入社したんだよ.....。それが現実なんだ。

IT専門って説明受けて、エージェント経由で入社しましたとかだったら、エージェントにクレーム付けてもいいんじゃね?


・しかも職歴偽装だった。
こちらは、営業勝負を回避しつつ開発経験を積ませたいってケース。当然、掟破りも甚だしく、派遣される人以前に、まず第一にお客様が被害者となるやり方。客から見ればカネと時間をだまし取られるに等しく、出禁くらってもおかしくないレベルの話である。商流を挟むほど・ゴマかせばゴマかすほど派遣元側のリスクが低くなる話でもあるので、商流が深い会社。極端に営業力が弱い会社。(商流上げる事を考えなければ、さほど営業力は不要)未経験採用しまくっている会社(それでも鉄の掟でやらない会社も結構ある)などが多そうである。2020-2021とコロナの影響を受け、未経験者の開発系案件へのアサインが絶望的だったりもするので、偽装やる会社は結構増えたんじゃないかなあって気がする。

・家電量販店に派遣された。
文字通り、通常のITの業務範囲内ではない。ふつうのソフト開発会社(SES)は、そんな派遣先は持っていない。キャリア系の商流が怪しいところではあるが、その手の大手取引先を持っている会社がやってたとか言う話はあまり聞かないので、むしろ【IT外の派遣会社】の商流なのではないかと思われる。その手の会社が『採用しやすいからITで募集!』って話は見たことがあるし、なんならふつうにホームページに『軽作業派遣事業』とか書いてあったりして、何もおかしな話ではないケースも。なんで自社の事業範囲を知らんねん。 もちろん、採用時からウソばっかのかなり悪質な話もあるので、注意は必要。

・よその会社の社員扱いになってたんだが....
発注者のSIerからみたらとんでもない話である。商流がおかしくならない様に、再委託制限をつけてコントロールしようというのだけど、その再委託数をごまかしてる会社がいるケース。商流によってなんとなく許されてるゾーンと、まったくNGのゾーンがある様子。なので、業界内の人でも観測内容にだいぶ差がある。発注側のSIerの違いによるものだろうか・・・? 

短期的には人は確保される訳で、やむを得ない話でもありつつ、本来であれば不足だったらパートナー数を増やして直接契約の会社を増やさなくてはいけない訳で、流動性を欠き、市場的にもあまりよろしい話ではない。


・ピンハネだから年収が安いよ
うーん。受注側が嫌なら、発注側に入社すればよかったのでは.....。それができないから受注側にって、どの業界でもそんなもんだと思う。例えば、ぼくがどんなに希望しようとも、ぼくは大手ゼネコンの社員にはなれないはずだ。なので現実的に考えて、どう有利にポジションを取るかって考え、その努力をして今がある。なお、営業的な視点では、直接エンドとやるより大手SIやコンサルファームを噛ました方が単価高かったり。先輩が作った枠で入った未経験者が売上60万とか70万ってケースをピンハネと呼ぶべきかどうかなど、なんかこう...もともとクリティカルではない批判と言う印象なのである。


・ブラックだよ
それってあなたの主観ですよね。くらいの話で、発言者がそんないろいろなSES会社を渡り歩いてみて来たわけでなし。(渡り歩いているとしたらむしろヤバいお方かも) その人の見えてる範囲では、そうだったんでしょうなあ。としか。

・ただの奴隷だよ。
似たような話で、奴隷扱いされる商流に入ったんだろうなあ。どういう状態かわかんないけど。
ちなみに、それなりに『ふつう』くらいのエンジニアが悪い扱いを受けるというのはあんまし聞かない。戦力になる層にはなるべく長期でいてほしい。次の仕事も受けてほしいと思うからね。そういうのを考えると、どういう人が言ってるんだろうね。とは思う。


繰り返すと、このような話は現実にどこかで起きている訳であって、それはおそらく事実。
さすがにそれは一般的ではないでしょ。みたいな話を無視するにしても、未経験で入って技術面のスキルがなかなか得られない様では、技術者志望の人間としては困る訳である。

そもそもふつうに考えてれば、『数で勝負する会社』の求人数・募集人数の方が、圧倒的に多数になる訳であって。これらの求人の種類がまったく見分けつかないのならば、SESの業態の会社への応募は極めて危険と言える。



2.『よいSES』があるとか聞くけど、なんやねん。

良い悪いで二分できるような話ではないけどね。『SES』と言う言葉でくくられている会社群にも、種類がある。


ロースキルを大量に雇用・大量に派遣し、薄い利ざやながらも数で利益を確保するというのは、一つのビジネスモデルであろうなーと推測できる。とはいえ、倉庫に派遣したり工場に派遣する事は、一般的には『軽作業派遣』とか『製造派遣』と呼ぶわけで、SESと言う言葉の範疇ではない。テスターの仕事もいろいろ種類はあるけど、第三者評価サービスの打鍵要員派遣をSESと呼ぶのかどうかは疑問が残る所である。

そもそもSESとは、システムエンジニアリングサービスと言うサービスの名前らしい。
ふつうに、『システムエンジニア』の仕事を主力に、なるべく多くの社員のスキルを上げ、良い商流や売上げを狙っていくスタンス。そういうビジネスモデルも当然成り立つ。

これらはどちらも雑にSESと呼ばれている(本人たちも自称している)が、別種のビジネスモデルであるともいえる。大量雇用・大量派遣の前者を派遣会社モデルと呼び、後者のソフトウェア開発やインフラ構築を主力とする会社を開発会社モデルと、ここでは仮に呼ぶことにする。


・開発会社モデル
SIの商流は上に行けば行くほど、規模のある組織レベルでの開発・構築等の対応が求められ、それなりの規模感や資本力、技術力、責任を負える事。を要求されることになる。半面、需要の根っこに近く、発生した需要を自社で抱え込んでしまえば、その需要は競合の脅威に晒されることは無く、自社のメンバーが優先的に担当する事ができてしまう。売上も高く、いわゆる上流工程の経験もしやすい。

一言で言うと、商流ピラミッドのより上位を目指し、優位を確保していく、そんな昔ながらのソフトハウス的なスタンスの会社と言える。

SESと言うワードを『準委任契約』と言う契約の種類の事と考えている事が多く、ビジネスモデルそのもの・サービス名と言う認識はあまりない。こちらはこちらで派遣会社モデルに対して純粋な営業力・マンパワーでは劣っていることが多く、(そもそもただ派遣したい訳ではないので、新規取引先を見つけてきても活きる事が少ない)特定の取引先への依存度が高く、発言力が弱い状態になると、『下請け的な大変さ』に晒されることも少なくない。


3.どういうメリット・デメリットがあるんですか?

これで伝わるだろうかな・・・・?
あくまでそういう傾向があるねくらいの認識でどうぞ。

・派遣会社モデル

【メリット】
・個人の希望が通りやすい。※チーム戦ではないので、それを前提にした戦略も取らない。
・単価連動の給与にできる。※高還元モデルにはしやすい
・商流を挟む場合、信用等に過度に気を遣う必要性がない。
・PGレイヤーのスキル成長面では、理論上は最高効率が出せる。
・未経験でも採用されやすい。※高還元の場合は難しい。

※解説:全体の戦略やチームの目的に、個人の経験チャンスを阻害されづらい。個人の現在のスキルと目指す方向性に沿った案件を選択し続ければよいので、特にプログラムよりのスキルに関してはかなりの成長速度をたたき出すことが可能である。(ただし、仕事が選べるだけの市場価値を確保済である事が前提)
優秀層の単独参画を好む顧客層(ゲーム・受託会社・自社サービスの会社など。)に浅い商流で参画するのが勝ち筋。この辺は営業力勝負でもある


【デメリット】
・単独で突撃のケースが多い。
・先輩が後輩を育成する理由がない。
・チーム増員枠と言うものが発生しづらい。
・SI商流の開拓はむずかしい。(ゲームやサービス等は狙える)
・上記のもろもろの問題もあり、未経験者の開発案件取得難度が高い。
・フリーランスとの差別化が難しい。

※解説:SIerはチームでの参画を希望する傾向が強く相性が悪め、また、チーム内の単価が一律80万であるとして、そこに参加させてもらった未経験者の単価も80万に。などと、単価連動の報酬制度でのバグが発生する事もある。上長のSEの視点では自社の若手をアサインするメリットは存在しない為、外注の経験者が優先されたりもする。 構造的に、メンバー個人が自分個人の利益を追求しやすくなる半面、それを得るのも個人戦で勝つしかないという構造になりがち。
まあ、手取り足取りの育成などは期待しない事。


・開発会社モデル

【メリット】
・SI商流との相性がよく、かなりの高単価を叩き出す事も。
・増員案件を確保できてしまうので、未経験アサイン等で有利。
・ビジネスパートナー人員を投入してりざや確保と言う戦術も可。
・上流やリーダーの経験はしやすい。(と言うか、個人ではしづらくなった)
・商流が浅ければ、『信用』が力を発揮しやすい。

※解説:強い会社ほど、契約形態に関わらず、SIがマネージする案件の一部分を請け負っているようなカラーが強くなる。メリットはその仕事の仕方に由来するもので、チーム戦と言うこともあり、未経験層の戦力化を重視する向きもある。なお、直接エンドに行くよりも単価が高かったりする。SIの『ブランド・営業力・納品への推進力』を借りて、そのあたりのコストを回避して効率化しているモデルとも言え。逆に言えば下請け層からの離脱には、その『ブランド・営業力・納品への推進力』を自前で用意する必要があったりする。

【デメリット】
・要素技術面など、個人の希望が通りづらい。
・顧客層は固定的
・単価連動型の高報酬SESとはアンマッチ。
・未経験者採用数が多くはない(未経験枠を用意するのは容易ではない為)
・短期離職者は嫌う(育成枠を無駄にされる為。)
・SIer案件のメインストリームのあたりに専門性を持っており、レガシー環境もある。

※解説:会社に寄るが、やっぱり金融系やビックプロジェクトが多い傾向。(仕事多いし)要素技術まわりの成長速度は遅めかもしれない。どちらかと言うと上流のスキルや仕事が多いあたりの高難度な業務知識などを武器に戦う感じが多い。商流がある会社は良いが、商流が無い段階だと上流を経験しづらく、チーム戦の利点も出てこない為、序盤は苦戦しがち。 商流を開拓する為にエース格のエンジニアが必要なのだが、商流が無いからエース格が育ちづらいというニワトリタマゴ問題がある。


このあたりはあくまで傾向にすぎず、例えば2社の複合型なんかもある感じ。
未経験を大量雇用→営業力ではめ込みまくる→結果的に技術者として伸びた層でチーム戦。など。

いちおう求人情報からも傾向は読み取ることができるが、この記事を読んでる人はガチ営業経験者ほどの観点などないはずなので、面談時に質問して確認した方が良いと思う。なお、ホームページなどからはほとんど読み取る事ができない。(わかりやすく派遣会社だったら別だけど)
面談で戦略や強み弱みを聞く事は何もおかしくはないし、答えられない人事が居たら、その人事のスキル不足という事で問題ない。質問しよう。


4.『1年でフリーでウェッブで時間と場所に縛られない働き方』との相性は?

まあ、自社開発さんとやらに行ってどうぞ。な話なのだけど。

開発経験を積むうえではソフトハウスモデルの方が、確実性は高い。高いのだが、この企業タイプの採用ターゲットが【育成枠を一枠消費する以上、残ってくれて、戦略を理解し、活躍してくれる人】となる為、なかなか面談を突破するのが難しいかもしれない。と言うかぶっちゃけもうバレている。恨むならば同じ道の先人たちか、オープンな場でこういう事を発言してる人達を恨もう。

彼らの視点では、【育成枠と上長の献身を吸って、1年間で発生するわずかな利益】【成長し、継続的な利益以外にも、信用、新たな育成枠の確保、そこで育つ新たな新人、それらが稼ぐ利益】とで比較になる訳で、まあどう考えても勝負にはならない。

対して、派遣モデルの中の『大量雇用・大量派遣』のスタイルの会社は、その様な未経験を大量にまわして利益を得る訳であって、実際に採用に至る率は低くない。技術的な経験を得るまでは転職もできない訳であるし、わざわざ待機コストをかけずに技術とは無関係の案件で稼働させた方が結果的に利益の額も大きくなる(むしろ離職率は低くなる)という現象も起こる。

努力不足でSESってひと。おそらくほとんどはそういう会社での採用になってるんじゃないかねえ.....。

そういう訳で、『1年でフリーでウェッブで時間と場所に縛られない働き方』を希望する人は、自社開発の会社さんに行こうね。

※なお、この層を採用すべく、待機者使って自社プロダクトを作っておくSESさんも多いとかなんとか。




5.真面目に、どうやって会社えらべばええねん。

真面目に言うと『SES』と言う言葉ではぜんぜん業態がわからないから、そのほかの視点でその会社を見ろ。って話になるかなと。


派遣型もソフトハウスも、ブラックはブラック、ホワイトはホワイトである。

受託も、ブラックはブラック、ホワイトはホワイト。

自社プロダクトも、ブラックはブラック、ホワイトはホワイト。

そんなんあたりまえやで。


受託だって、商流・信用・実績が乏しい段階では、不利な受注を取ってでも先に進まねばならないし。自社プロダクトなんて完全に閉じた世界で、ブラック引いたときの黒さが果てしない。SESは派遣でもソフトハウスでも職歴偽装かまして無理やり放り込む技を使う動機がある。

重要なことは、どういうビジネスモデルの会社で、強みや弱みはどういう部分なのか。何を重視していて、何を求めているのか。それに対して自分が何を提供し、何をリターンとして得るのか。 そういう情報だと思う。

タイトルに合わせてSES界隈の会社の話に絞れば。

例えば、自身が個人主義的な志向なのであれば、会社は派遣型の方が合うだろう。その場合の不安点は未経験時の育成スキームになるので、そのあたりは要確認になるかと思う。

例えば、自身がチームでの成果を求めるならば、会社はソフトハウスの方が合うだろう。商流や主要な技術スタック、その背景にある戦略などの情報が重要になると思う。

すべて100点と言う会社は存在しないので、自分と合うスタンスの会社を選択するのが良いのではないかなと。短期の転職は、そうは言っても次の転職の際に幅を狭めてしまうものであるので、たいしたリターンも目的も無いのであれば、とてもじゃないが勧められない。


特に新卒カードを切るタイミングだとしたら、重要な判断となる話な訳で、安易に内定を確保するムーブよりも、しっかりと企業を知り、合う会社を選択するのが重要になると思う。新卒カードの切り直しはできないからね・・・。

ああ、なお、SIerとか質の高い大手を狙えるなら、(合うなら)ふつうにそっち狙いのスタートでいいんじゃないか? 配属ガチャは大手ならどの会社でもある話だし、開発スキルなどは下請け側の方が伸ばしやすい部分もあるのだけれど、儲からないからアウトソースされてる部分とも言え。そこの経験取得効率を重視しすぎるのも、利益になりづらい行動だと思う。(なお、SIerはキャリアをプログラマーからスタートさせる傾向が強いので、まったくPG経験が無いという事も起こりづらい。)


6.あと、コロナ市場。

2020-2021(現在は2021/6)と、未経験者の開発案件へのアサインは絶望的である。(ゼロではないが)
上記の日付に近いタイミングでこの記事を見ている既卒未経験の人に関しては、SES関連の会社への応募は正直お勧めできない。受託会社を重視するべきじゃないかな。
当然競争率は高く、採用に至る人物の人格面・センスなどは高いレベルになるものと思われる。1年でフリーでとかの人は、諦めて即開業届を提出するか、ほかの未経験に情報商材を売るか、元の業界に戻るのが良いかもしれないね。

2022年3月卒に関しては微妙なところで、不況明けで一気に需要が帰ってくるタイミングにバチっとハマる可能性もある。その時期は通常の市場よりも、案件の参画ハードルが低くなることも推測でき、むしろボーナスタイムとの予測も成り立つ。
このあたりの予測はなかなか難しく、バクチ要素も低くはない。判断の参考にして頂ければと思う。

8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング