1
/
5

【学生インターン日記①】地方創生に興味のある私がサン・クレアで働く理由

ストーリーをご覧になってくださっている皆様はじめまして!

立教大学の石井日奈子と申します。10月14日から約2か月ほど、サン・クレアで主に採用広報の業務を中心にインターンをしています。サン・クレアは7つのホテルを展開しているのですが、まずは愛媛県松野町にある森の国「水際のロッジ」を拠点にインターンを開始しました。サン・クレアに関心を持ってくださっている皆様に少しでも楽しんでいただけるような記事を書いていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します!

まずは自己紹介からさせていただきます。

立教大学社会学部メディア社会学科の4年生です。大学ではマスコミやジャーナリズムなど、メディアに関する勉強してきました!旅行と漫画と猫と建築が大好きな、どこにでもいる普通の大学生です。

※下の写真は休学中に北海道でインターンをしている時、高原に行ったときの様子です!

そして、私は今1年大学を休学しています。大学3年生で新型コロナウィルスが流行しだし、自分のやりたかったことは満足にできず、フラストレーションが溜まっていました。そして、家にこもり続けながら自分の将来を悶々と考え、何がしたいのかもわからないままなんとなく就活し、来年度から就職する予定でいました。でも、このまま社会に出ていいのかな?感が拭えなくて…。でもある時、ふと、

「自分の興味のあることを全部やりきってから社会に出たい。そして自分のこれからの方向性ややりたいことも、周りに流されて決めるのではなく、もっとゆっくり自分のペースで考えて決めていきたい」

そう思ったんです。それで「休学しよう!」ってなって。思い立ってからの行動は早く、両親に相談し、ゼミの教授にも相談し、早速休学届けを出しました。その行動力だけは自分で自分を褒めてあげたいです(笑)周りと違う進路を選ぶことはドキドキでしたが、この選択をして良かった!と後で思えるように、今精一杯頑張っています!

そんな私がなぜサン・クレアでのインターンをはじめようと思ったのか?というところなのですが、

東京生まれ東京育ちということもあり、昔から田舎に漠然とした憧れがあり、過去に限界集落でのボランティアに参加していたことや、田舎に住む祖父母の居住地域が年々過疎化していく様子を目の当たりにしたことから、「地域のために何かできることはないかな」と思い始めました。そこで、地方創生にまつわるインターン求人を探しているとき、ホテルを通じたまちづくりにチャレンジしているサン・クレアの募集を見かけてびびっときて応募しました!


今回のインターンでは主に、広報・採用やECサイト業務のお手伝いをさせていただく予定です!インターンを開始してからまだ4日目と日が浅いのですが、社員の方に松野町や宇和島など、周辺の地域を案内していただいたので、まずはそちらを少しご紹介したいなと思います。


水際のロッジ周辺の自然




まだ紅葉シーズンではないですが、木々が色づき始めていました!初日には鹿の親子を近くで見ることもできました。


松野町の広見川




四万十川


このように、東京では見られないような絶景を楽しむことができました!こちらに来る前は、東京の便利で快適な暮らしから離れ、松野町のような自然豊かだけれども交通面などでは不便な地域に住み込みをすることは少なからず不安がありました。しかし、頻繫に社員の方にスーパーなどの買い出しに連れていってもらっていますし、水が美味しく空気も綺麗で、快適な生活を送れています。

インターンの業務内容については、まだまだ未着手ではあるのですが、採用にまつわる資料作りや、他のインターンへ向けたインタビュー記事などを作成しています。まだまだわからないことも多いのですが、頑張っていこうと思っています!

また後日、インターン期間中の出来事を記事としてあげていく予定なので、引き続きよろしくお願い致します!

株式会社 サン・クレアでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング