1
/
5

女性の働きやすい環境を目指して!産休・育休を経てキャリアアップする、ママ社員インタビュー

こんにちは、ROBOT PAYMENT人事部の平野です。

今回は、女性社員から見た「RPで働く魅力」 について、ママ社員新井さんに話を聞いてきました!
ライフイベントによってキャリアも大きく左右されがちな女性だからこそ、会社からのサポートって気になりますよね。

社員の働きやすさを常に追求している弊社の取り組みを知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

■Profile
短大卒業後、2015年4月 新卒で株式会社ワコールに入社。3年間販売職として勤務したのち退職。その後、2018年5月にROBOTPAYMENTペイメント事業部にて端末決済の営業として中途入社。2019年2月よりフィナンシャルクラウド部へ異動し、請求管理ロボの営業を経験する。2019年11月~2020年11月に産休を1年取得し、復職した現在は経理財務部にて精算業務と、人事部で中途採用業務を兼任している。もうすぐ2歳になる1児の母。

ーお子さんはおいくつですか?

今年の12月で2歳になるとても元気な男の子です。
最近は「見ててねー!」 という言葉を覚えました。何をするにも私に見てほしいようで、ことあるごとに「ママー!見ててねー!」 と言って披露してくれます。


ー1社目の会社を辞めた理由は?

販売職として働く中で、ふと「このままでいいのだろうか…」 と思うようになって。AIの普及で、販売職を含めた多くの仕事が機械化していくと言われていますが、当時の私はPCの基本スキルもビジネススキルも乏しかったので、このままでは社会に置いて行かれるのではないかという不安がでてきました。そこから社内で営業へ異動の打診もしたのですが、空きポジションの関係で就くことができず。このまま待ってるくらいなら転職しよう!と決めました。


ーそこからRPを選んだ理由は?

「営業職である」 「成長できる環境である」 この2点を軸に転職活動をしていたところ、RPを見つけました。事業内容も魅力的でしたが、他の企業よりも圧倒的にチャレンジできる社風だったのも決め手の1つです。


ーそこから様々な業務を経て産休・育休を取得しましたよね。当時の様子を教えてください!

2019年11月から産休を取得し、2020年11月に復職。約1年の休暇を取得しました。

妊娠した当時は営業で外回りもあり、上長がすぐに業務内容の変更を打診してくれたのですが、仕事をしっかりやり切りたい気持ちが強く、つわりもありましたがギリギリまで頑張っていました。今思うと無理をしていましたね。しかし途中からつわりがひどくなり、体調不良でお休みも出だした頃、取締役の小倉から、「無理しないでね。来週から時短にしよう! 電車通勤もしんどいだろうから、朝も遅らせよう!」 とスグに対応してくださって。正直、迷惑をかけてしまっているのではないかと、とても不安だったのですが、最後まで私の思いを尊重してくれたこと、男女問わずチームみんながフォローして応援してくれていたこと、そしてこのスピード感には今でもとても感謝しています。

当時は新型コロナウイルスが流行する前でしたので、「新井のベビーを育てる会」 と称しておいしいご飯を何度もごちそうしてくれたり、私が産休に入る時と出産後に社内報でトピックスにして盛り上げてくれたことも、とても嬉しかったです。

ーそこからお休みに入りましたが、復職に不安はありませんでしたか?

それは本当に不安でした。丸1年以上パソコンを触らないわけですから…。そのブランクから仕事に出る不安と、子どもと離れる不安…いろいろな感情が混ざっていましたね。そういった気持ちも復職前に小倉に伝えたのですが、「モチベーションは?」 「今やりたい仕事とやりたくない仕事は?」 「ワークライフバランスはどうしようか」 などたくさんヒアリングの時間をもらい、双方にとってベストなポジションで復職できたので良かったです。


ー復職後、なぜ経理財務部を選んだのでしょうか?

実は経理財務部、パパ・ママ社員が多いんです!

メンバー6人の内、1人は現在産休中。残りのうち3名は子どもがいます。全社的にお休みや子育てへの理解はありますが、やはり育児の相談ができる、先輩パパ・ママ社員が近くにいるのは心強いものです。また、営業だけでなく色々な仕事をこなしたいという気持ちもあったので、未経験で経理財務を経験できる絶好のチャンスだな、と。


ー弊社にある制度で便利だなと思う福利厚生、教えてください!

弊社には、「看護休暇」 という福利厚生があります!これは、小学生までの子供がいる社員に、子どもの傷病時に年間5日の休暇を取得できる制度になります。これ、私すごく活用してますよ。(笑) 1回の休みを午前・午後と分けて使えるので、突然のお迎えやお休みもある中すごくありがたい制度です。

これだけでも十分ありがたいのですが、今後は子どもの有無関係なく、社員自身のヘルスケア時に休暇が取得できるようになればいいなと思っています。例えば、最近増えている「不妊治療」 や「治療による副作用」 など予期できる継続的な休みでも、特別手当が支給されると今後の社員の働きやすさにもなるのかなと感じています。今後、そういったユニークな制度の発案や設定もしていきたいです!


ー新井さんにとって、女性のキャリア・キャリアアップにとって大切だと思うものは何ですか?

多くの女性が一度は考えるのが結婚・出産のタイミングや、その後のキャリアについてだと思います。実際経験して、自分の生活が180度変わったタイミングでもありました。そんな中私が大切にしていることは「自分のペースを大切にすること」 「周りと比べないこと」 です。どんな道をどんな速度で進んでも正解も不正解もないので、自分軸で物事を考え進めて行けるようになると、自分の中間地点やゴールを作れて着実にキャリアアップしていけるのかなと思っています。

あとは「周囲の援助」 ですかね。女性に限らずなのですが、ライフイベントが変わったときの上司や同僚、友人からのサポートってとても大事だと思います。なので、転職や就活をされてる方は福利厚生の項目だけを見るのではなく、産休・育休の取得率復職後の継続率勤続年数など具体的な数値で見ることをおすすめします!


ーでは最後に、これを読んでいる方へメッセージをお願いします!

営業で2部署、経理財務、採用とRPで色んな部署を経験してきて、どこにいても感じるのは「手を挙げればなんでも任せてくれる環境」 「社員間のチームワークの良さ」 です。自分がいつも成長していきたいと思えるのも、ここに入社してチャレンジングな仲間から毎日刺激を受けているからだと思います。チームとともに皆で成長していきたい方、ライフイベントが変わったとしても、しっかりキャリアアップしていきたい方。そんな方は、ぜひお気軽に話を聞きにきてください!

まとめ

いかがでしたか?

社員1人ひとりにとって働きやすい環境を追求しているROBOT PAYMENT。結婚や出産でキャリアが変わりがちな女性社員にも、手厚いサポートがあるのは安心ですよね!

少しでも興味を持ったら、エントリーボタンを押してください!みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

RPでは一緒に働く仲間を募集しています!

セールス・事業開発
まだまだ新卒大募集!渋谷の最先端SaaSベンチャーに挑戦しませんか
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済代行サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
コーポレート系
縁の下の力持ちさん!私と一緒に会社とメンバーを全力で支えませんか?
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済代行サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
事務職オープンポジション
事務だけどマルチに仕事をこなせるようになりたい!ITベンチャーはいかが?
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済代行サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
株式会社ROBOT PAYMENT では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう