Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ユーザーファーストを追求するQuicker Vol.15 Marketer 駒形友希乃~アシスタントで入社した私が、ディレクターになったワケ~

mission:

マーケティング未経験でクイックに入社。マーケティングチームのアシスタントを経て、現在はディレクターを務める。主なミッションはWeb広告の企画・運用による集客など。


入社する前の経歴を教えてください。

前職では業務委託会社のSVとして、クライアントの事務作業の業務効率化提案やマニュアル作成等を行っていました。

就活の時は、人をサポートする事が好きなためアシスタントで探していたのですが、一方で専門性を上げたいというキャリアへの思いも強かった為、事業内容自体がクライアントのサポート事業であるという点に魅力を感じ、前職を選びました。

様々な企業のサポートができる事にやりがいを感じていましたが、反面サポートの矛先が多岐に渡るため自分の成果が見えづらく、日に日に物足りなさを感じるようになっていきました。そこで、もっと専門性を上げ、成果が数字等で明確にわかるアシスタント職に就きたいと思い、転職を決意しました。


そんな中、なぜクイックに入社を決めたんですか?

クイックなら、キャリアを自分で選択できると思えたからです。

先の通りで転職活動をしていた為、クイックもアシスタントとして面接を受けました。ただ面接でマネージャーの堀野が「専門性があって、成果を数字で見れる仕事をしたいなら、広告ディレクターに挑戦してみては?」と打診してくれたんです。私には想像できないキャリアで正直自信が持てませんでしたし、将来的な結婚や出産に向けても両立できるか不安でした。でも、過去にアシスタントからディレクターになった女性社員の実例や、社員の志向性や希望に応じてキャリア提案をしてくれる社風であると聞き、型にはまったキャリアプランがなく、その時々自分で選択できる環境があるので、自分にもできるかもしれないと思えました。また、併せてキャリアの選択の幅が広そうと感じたので、入社を決めました。



入社後はどうやって業務を進めていったのですか?

まずはアシスタントとして業界に関する知識を学びながら、主に広告運用に関するレポーティングを行いました。その後、段階的に先輩社員が担当している業務を任せてもらい、ディレクター業務を階段式に学んでいきつつ徐々にディレクターとして独り立ちしていきました。最初は分からない事だらけでとにかく毎日必死で業務をこなしていましたが、そんな時でも周りの先輩が常に気にかけてくれたのでとても心強かったです。独り立ちした後も、どんな些細なことでも相談にのってくれて常に上司が並走してくれている感覚だったので、不安は特にありませんでしたね。未経験でもこんなに裁量を持って働けるのは、クイックならではだと思います。


仕事のやりがいや難しさは何ですか?

自分の行った施策がダイレクトに数字になって現れることが、やりがいでもあり難しさでもあります。

例えば、以前自分の提案で新媒体の導入を行った際、設計から全て自分で考えたのですが、最初の3ヶ月は泣かず飛ばずで本当に苦しかったんですよ。でも、何とか成功させたいという思いと周囲の助けがあり、改善を何度も重ねることで結果を出すことができました。今では、全体の中で大きな割合を占める媒体となり、あの時諦めずに頑張ってよかったなと思います。自分の試した施策がリアルタイムで数字に表れ、試行錯誤して成果につながった時は非常にやりがいに感じます。



入社して変わったと思うことはありますか?

生き方が少し変わりました。

私ずっと優等生だったんです。人の目を気にしすぎて、冒険せずミスをしない方を選ぶタイプでした。でもクイックでは間違いや失敗があっても批難せず、むしろチャレンジしたことを称える文化なため、今までより失敗を恐れなくなれました。

例えば今の仕事でも、昔の自分なら大きな問題がなければ現状維持で良しとしてしまっていました。今では抜本的に構成や設計から見直し、リスクを考えた上でより大きな成果が出る為の改善を提案できるようになりました。また成功事例をチームに率先して共有し、周囲の人に影響を与えられるようになったことも、今の自分だからできているんだと思います。

よくチーム内で「トライトライトライ」という言葉を使うのですが、失敗を恐れずにチャレンジをさせてくれる環境はクイックの強みですね。


今後の目標や実現したいことは何ですか?

マーケターとしてもっと成長したいです。自分の目の前にあるものだけではなく、もっと広く視野を持てるようになりたいと思っています。世の中の時流に目を向け、今何が必要とされているのかを正確に把握し、適切な施策が打てる、そんなマーケターになりたいです。そのためにも今メインで担当しているディスプレイ広告だけではなく、リスティング広告やその他の手法にも積極的にチャレンジしていきたいと思っています。

また最近結婚をしたので、家庭との両立も意識しています。その中でも仕事の質は絶対に落としたくないので、今まで以上に効率を心がけるようになりました。ディレクターの本質的なミッションに多くの時間を割けるようになれば、今後ライフイベントを迎えたとしても長く活躍できる人材になれると思っています。



クイックで働く魅力とは何ですか?

とにかくチャレンジさせてくれて、その支援をしてくれる環境と人がいることです。

未経験でも裁量を持った仕事を任せ挑戦を讃えてくれる環境と、失敗してもまた頑張ろうと一緒に走ってくれる仲間がいることが、クイックの強みだと思います。

株式会社クイックでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう