1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

“自己分析”をなぜ就活中にやるべきなのか(方法の紹介付き)

就職活動(以下:就活)でやるべき取り組みとしてよく上げられるものの一つに「自己分析」があります。
この記事を公開した3月時点で、すでに何度もやった方、聞いたことはあるがやったことは無い方など、状況はさまざまではないでしょうか。
MJEの採用担当との面談では、参加される方に対して「自己分析」の実施を勧めることがあります。
行うことで得られる効用は何点かあるのですが、MJEでは何を理由に勧めているのでしょうか。


【目次】

  • 自己分析とは何か?
  • 自己分析のやり方
  • MJEが、自己分析の実施を勧める理由
    ・学生も、企業を選ぶ立場である
    ・就活に関するご相談に応じます

■自己分析とは何か?

自分自身の過去の体験を振り返り、自分について深く知るための取り組みです。

「自己分析」でWeb検索すると多数の記事がヒットすることからも、進路決定に有効な取り組みとして、就活支援の一環として認知されています。

■自己分析のやり方

インターネット上では、さまざまな自己分析ツールが公開されているため、それらを使うのも効果的ですが、本記事ではMJEの採用担当が学生の方におすすめしている方法をシェアいたします。

ぜひ取り組んでほしいのは「自分史シート」の作成です。

□自分史シートの作り方

①紙(A4サイズ以上推奨)と筆記用具を用意する。

②紙の左端に縦軸、紙の真ん中に横軸を取る。
縦軸=心の充実度(上であればあるほど充実している)
横軸=時間軸(左が昔、右が現在)

③生まれてから現在までの各ステージの、心の充実度の変動を波線で表現する。

④ ③の充実度に関連する出来事・体験を書き出す。

⑤ ④の出来事・体験について、より詳細な心境を書き出す。
<例>
・なぜやってみようと思ったのか?
・この時頑張ることができた理由は何か?
・なぜ楽しい/辛いと思ったのか?
etc...


「面接で聞かれるのは高校や大学のことばかりなのに、幼少期からの振り返りは必要なの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、高校や大学、さらには就職活動において何を選択するかという価値観は、そこに至るまでの経験によって形成されている場合があります。
就活の軸として話している内容も、よくよく考えると幼いころの出来事、大切にしていることと紐づいていることが多いのです。

このような、意識しなければ思い出せない出来事や感情を集めることで、より自分への理解を正しく言語化することができます。
(ちなみにMJEの面接では、小学校以前の出来事について質問することもあります。)

なお「無意識を引っ張り出す」を行うためには、「他の人に質問を投げかけてもらう」「自分の過去を知る人に話を聞く」など、他人の力を借りるのも有効です。
とはいえ、自分一人で進めざるを得ない場合ももちろんあると思いますので、その際は今紹介したように、世の中にあるフレームワークを活用してみてください。

■MJEが、自己分析の実施を勧める理由

・学生も、企業を選ぶ立場である

私たちが自己分析の実施を推奨する理由は、「自分が力を発揮できた時はどのような状況なのか」を明らかにすることができるからです。

もちろん当てはまらない方もいると思いますが、自己分析で過去を振り返ってみた時に、例えやりたいことが出来ていても、人間関係の壁にぶつかった時や、居心地の悪い環境に属していた時は、そこまで成果が上がらなかったのではないでしょうか?
反対に、困難な環境に身を置いていたからこそ、逆境に打ち勝って大きな成長を遂げた方もいるかもしれません。

どのような人や環境において実力を出せるかを把握できていれば、いざ就職先を選ぶ際に、仕事内容や条件面以外に「最も心が充実していた時の環境に共通する要素があるか」という観点で判断することが可能になります。

<例>
・部活動を頑張れたのは、尊敬できる仲間が一緒にいたからだ。だから就職先もリスペクトに値する人物が沢山在籍している企業がいい。
・大学でプロジェクトリーダーをやっていた頃が、一番大変だったが一番充実していた。であれば若いうちから組織の長を任せられるような、挑戦を歓迎する企業文化のところで働きたい。


就活市場は、企業が学生を選ぶ場であると同時に、学生が企業を選ぶ場でもあります。
企業文化が自分の価値観にマッチしているかどうか見定めるための手がかりとして、自己分析を実施してもらえたら……と私たちは考えています。

・就活に関するご相談に応じます

「自己分析に挑戦してみてください!」と紹介したものの、これまでの人生に向き合うことは、非常にエネルギーを消費する行動でもあります。
心が疲れてしまうときはくれぐれも無理をせず、ご自身のペースで進めることを大切にしてください。

また、MJEの採用担当は、自社のことに限らない、就活に関するご相談を随時受付中です。
自己分析のお手伝いも大歓迎ですので、「他の人の力を借りたいな」とお考えの際は、ぜひカジュアル面談にご応募ください!

▽明日開催の下記ミートアップでも、自分史シートの作成を行う予定です!!(当日の飛び入り参加歓迎です!)

株式会社MJEでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング