This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メトロ流ONE TEAMの作り方!

飲みにケーション?チームビルディング!

ラグビーワールドカップが終わって、ラグビーロスがあちこちでつぶやかれていますね。

今回のラグビー日本代表のテーマとして有名になったのが"One Team"。チームの結束を物語るキーワードとして一躍有名になりました。

これって、実はラグビーだけじゃなくて、会社でも重要なことなんです。

メトロでは様々な形で『強いチームを作る取り組み=チームビルディング』を勧めています。

Company Outing(会社全体での行事)、Team Outing(部署ごとの行事)などあるのですが、

その中の1つは、社員4人以上で飲みに行ったら一部費用は会社持ち!という制度。

写真とともに事後申請をすると、1人当たり2千円を会社が負担しています!

こういう飲みは、「〇月×日みんなで行くぞ~」みたいな強制では全然ありません。

自発的に誰かが「今日飲みにいける人~」みたいな感じで呼びかけたりして、イベント後や金曜日などに行くことが多いです!

頻度は月1くらい?で、その日の予定が合った何人かで飲みに行ったり、女性だけのGirls Drinkとか、各部署で行ったり、20代飲みがあったり、気楽な感じで楽しんでいます♪

仕事の後の飲み会は「飲みにケーション」なんていわれて、ちょっと古臭いイメージがありました。

でも、最近また見直されているって知ってますか?

20代の過半数が『飲みにケーション』を役立つと回答したっていう調査結果もあるそうです。

なぜか?それは、やっぱりチームビルディングに重要だからです!

よく知らない人と仕事をすると、ちょっとしたことで誤解が生まれたりしがち。

強いチームは、とにかくコミュニケーションを大事にしてメンバー間の距離を縮めることを重視しているんです!

もちろん嫌々飲み会に参加しても意味はないですが、たまにふらっと気軽に仕事仲間と飲みに行ける文化があるって、大事なことなんですね。

(ちなみにメトロには、カナダでプレイしていた元ラグビー選手のスタッフがいます!)

今度、メトロの仲間と一緒に飲みに行きませんか?

MetroResidencesでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう