This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大崎誠さんの「出張!ロクナナワークショップ」の様子を見に行ってみた

みなさんこんにちは。採用グループ 須田です。

今回は少々前の話となってしまいますが、大崎誠さんによる出張ロクナナワークショップをメンバーズキャリアで開催しました。そのレポートをお届け致します!

ロクナナワークショップとは

みなさん、ロクナナワークショップってご存知ですか?1日短期集中型で現役クリエイター講師が直接指導するハンズオントレーニングをしてくれる会社です。

そのロクナナワークショップが、なんとメンバーズキャリアに出張してくれることになりました!

今回はフリーランスWebディレクターの大崎誠さんの講座がまるまるメンキャリに!

座学4.5H/演習1.5Hの朝から夕方までの長丁場の講座です!

内容としてはディレクターやプロジェクトマネージャーとして一番のポイントとなるWBSについての講義が中心となっています。その中から気になる部分をピックアップしました。


座学の講義内容の抜粋

プロジェクトとは?

急に聞かれて答えられる人はどれくらいいるでしょうか。

プロジェクトとは今までやったことが無い事をそれにも関わらず決められた期日までにやるということ。

なんとプロジェクトの成功率は3割ほどしかないとのこと!

PMIとPMBOK


PMIとPMBOKに関しても説明がありました。

プロジェクトを体系化させていくためにPMI(Project Management Institute)という協会が設立、体系化された知識ということで標準化されたPMBOK(Project Management Body of Knowledge)が制定されたとのことです!


プロジェクトを推進する上での心構え

プロジェクトは常に変化するので、変化の兆候を見つけられるかがポイント。計画ももちろん大切だが、常に変更されるものとして考えなくてはいけない。受け身では出来ない!

既知のものは具体的な計画を建てるのですが、未知のものももちろんあるので、リスクや前提を計画に盛り込むことが必要です。スコープとの兼ね合いが大切とのことです。プロジェクトは常に状況が変わってくるので、柔軟に対応することが必要ですね!


WBSの作成演習

プロジェクトマネージャーの仕事は色々とあるのですが、今回に関してはスコープ、スケジュールに焦点を当てています。WBS(Work Breakdown Structure - 作業分解図)ではやること、やらないことを決めて、やることを細分化して、時間や費用の見積もりができるレベルに分解をすることが必要です。こちらに関して講義の中で実際作成するワークショップを行いました。


演習の内容


題材となるプロジェクトを実施するためのWBSを作成するというワークショップです。
実際のツールの説明後、サンプルの資料を元にワークショップの形式でWBSを作成しました!

皆さん頑張ってWBSの作成をしています!

作成をしたあとで最後に質疑応答を行って終了となりました。

という感じで密度の濃い研修でした!大崎誠さん出張いただきありがとうございました!

参加者の方々の感想

「プロジェクトとはっていう部分を細分化して説明していただけてとても勉強になりました。WBSの引き方も今までは納期からの逆算をしていましたが、そういうやり方が良くないってことが学べて良かったです。今の案件で思い当たる節が沢山ありちょっとまずいのかなーって再認識しました。がんばります」
「御自身の経験に基づいたディレクション法を分かりやすくナレッジシェアしてくださり、有意義な時間でもっともっと聞いていたかったです。WBSについては、常駐先ですでに回しているやり方に自分の感覚をあてはめていただけだったので、イチからの組み立て方、注意することなどを学べたことは、今後大きく役立ちそうです。」

メンバーズキャリアでは普段なら参加だけでも費用がかかるロクナナワークショップの講師の方を定期的に呼んで勉強会をしています。

クリエイターのスキルアップを支援するために様々な教育制度を取り入れています!気になったらお話を聞きに来てくださいね!

株式会社メンバーズキャリアでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる