Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Matcherのリアルな内情をフルオープンにします!

このフィードに辿り着いてくださりありがとうございます!
Matcherの山岸と申します。僕らはみなさんにMatcherに興味を持って頂くために会社のことを色々と発信しているのですが、気づいたのです。

「人とか事業についての記事は多いけど、ソフトなMatcherという会社の実情は十分伝えきれてないのでは・・・?」と。

そこで、今回は「仕事の進め方」「雰囲気」「制度」という観点からMatcherの内情を知って頂けるような記事にしました!ぜひご一読ください!

①仕事の進め方

まずは仕事の進め方ですが、Matcherには
ⅰ) 得意は自分で、苦手は仲間に
ⅱ) 最小工数最大インパクト
という文化があると思っています。それぞれ下記に詳細を記すと、

ⅰ) 得意は自分で、苦手は仲間に
業務の中でも正直好きキライってないですか・・・?僕はテレアポがキライです。いや、仕事なのでもちろんやります、が好きじゃない!笑

そんな時は八重樫くんにお願いしちゃいます。やえちゃんはテレアポが本当に上手く流れるように商談を実現できるので、助けてもらってます。

もちろん嫌だ/不得手だという理由でやりたくない業務を全て投げるという訳ではないです。
ここには「補完しあった方が楽しく、しかもより高いパフォーマンスで働けるよね」という考え方が背後にあります。チームで働く、チームで成果を出すというのがMatcher流です。

ⅱ) 最小工数最大インパクト
これは代表の西川の口癖です。いかに投下するリソースを少なくし、最大の成果を実現するか。言葉にすると当たり前のことではあるのですが、ここを社員全員が意識して行動に落とし込みきるのは中々ないことだと思っています。

そもそも(本記事執筆時)社員6人のスタートアップで、資金も限りがある中非効率に仕事はできません。本当にできません。特に時間。正直に言うと結構な範囲の広さの結構な仕事量をみんなこなしているので1分1秒が惜しいです。
-気づいた人がマニュアル化
-いらないミーティングはしない
-新しい打ち手を検討する時は必ず数的にコスト/リターンを想定
などなど常に効率を考えて、行動や仕組みに落とし込むことを重視しています!

②雰囲気

スタートアップへの転職などを検討されている方はこの会社の雰囲気はとても知りたい点なのではないでしょうか?Matcherの雰囲気はもちろん色々な言葉で表現できるのですが今回はこの2つを取り上げてみます。
ⅰ) 思いやりと感謝を大事に
ⅱ) 楽しく和気藹々と

ⅰ) 思いやりと感謝を大事に
共に働く仲間のことを慮っていく雰囲気がMatcherにはあると思っています。
気遣う、感謝を述べる、思いやる、受け入れる、想像する、様々な形でお互いを尊敬し仲間として認めあいながら働いています。

ⅱ) 楽しく和気藹々と
お昼ご飯は社員もインターン生も一斉にみんなで食べます!全員でアナログゲームを昼休みの時間にやったり、クイズ大会をしたりと楽しく過ごしています。
また、最近で言えばインターン生の部活動の引退試合を応援しにいくなどプライベートで一緒に過ごすこともあり、和気藹々とした雰囲気です!

③制度

Matcherには制度という制度はほとんどないのですが、数少ない制度のうち2つを紹介します!
ⅰ) シエスタ制度
ⅱ) 詫びダッツ

ⅰ) シエスタ制度
「勤務時間内で好きな時に合計15分まで仮眠を取っても良い」というのがシエスタ制度です!僕も入社したときにこんな制度があるとは知らず驚きました。制度として明確に制定されているのはこの制度くらいです。笑

この制度自体はかなり初期からあるらしく、眠い時は寝てしまって頭をスッキリさせた方が業務効率が上がるとの考えのもとよく利用されています。利用といっても別に誰に許可を取るわけでもなく、机で仮眠を取っています。(社員3人くらい同時に寝てたりします笑)
僕もよく仮眠はするのですが目が冴え、気持ちも切り替わるのでとても良い制度だと思っています!

ⅱ)詫びダッツ
先に一応説明をすると、これは制度ではないです。暗黙のルール的なやつです。
「大幅に遅刻(2時間とか)をした時に、ハーゲンダッツを他のみんなに買ってくる」それが詫びダッツ。笑
誰かの遅刻が発生し、詫びダッツがある日は15時くらいに何味のハーゲンダッツを誰が選ぶかのじゃんけん大会が・・・!そしてみんなで美味しくハーゲンダッツをいただきます。

伝えたかったのは遅刻するとハーゲンダッツを買わないといけない、とかそういうことではなく「ミスとかは誰にでもあるし、ミスしたからといって激詰めするような文化ではないですよ」ということです!笑
ここまでお読みいただきありがとうございました!

Matcherの内情について少しでも知って頂けたなら嬉しいです。
もしMatcherで働くことにご興味を持って頂けましたら応募お待ちしております!

Matcher株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング