1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「新型コロナウィルス」「非常事態宣言」今、私たちができることを真剣に考えました。

新型コロナウィルスで困っているのは、日本に住む外国人も一緒です。

2020年4月緊急事態が宣言され、私たちの大切なお客様も営業を自粛され大変な状況を忍耐されています。

一方、働く側も解雇や休業など辛い状況が生まれています。働く外国人も同様、解雇されたという話を聞くようになってきました。

逆に世の中の摂理から言えば、致し方ないところもあると筆者は考えます。国としては名義上はどうあれ「人手不足」を賄うために、外国人材の活用をしてきたわけです。しかし、今、日本人の雇用自体が非常に不安定になっています。外国人は日本の労働市場の中ではもっと弱い立場であろうということが推測できます。

とはいえ、もっと長いスパンで考えたとき、私たちはこの構造的な人口減少は余程のことがない限り回復はしないだろうと考えます。
私たちのビジョンは「外国人との共生を通して日本社会を活性化する」ことです。

こんな今だからこそ、彼らに選んでもらえる「日本」を目指し、信頼してもらえるよう私たちは行動を起こすことにいたしました。

もしかしたら日本人以上に、日本にいる外国人は、わからない日本語で難しい内容を報道されても理解できずに不安に感じているかもしれません。

何をするのか?

政府の方針や公的な助成金・補助金、医療情報など必要な情報を英訳して情報公開をしてまいります。特にわかりづらい、失業保険の申請方法や融資の情報、公的な生活保障の仕組みなどの情報提供をいたします。

どうやってやるのか?

オンラインやSNSで第一次相談窓口を設置し、「発熱があるけれど、どこに掛け合ったらいいのか?」や「解雇されたのだけど生活できない。どうしたら?」と言った質問に、どこに掛け合えばいいのか、何をすればいいのか、どのような方法があるのか、外国人の不安を少しでも和らげられるように体制を組織いたします。

もし私たちの姿勢やビジョンにご賛同いただける方いらっしゃいましたら、ぜひお声がけください。お待ちしております!

株式会社 エルティービーでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング