1
/
5

やってよかったことシリーズ!“社内広報プロジェクト”の取組み、紹介します!

LIFE STYLEは、拡大するSaaS領域の新規事業立ち上げをマーケティング・セールスの側面から支援し、これからの日本の未来を描くことを事業としています。

そんな”LIFE STYLE”で働くメンバーのリアルな姿をご覧いただくべく、今回は私、マーケティング室の前田がお送りいたします。

今回の記事は、2021年1月〜6月にかけて活動していた社内プロジェクト【社内広報PJ】についてのレポートになります!

社内プロジェクト ” 社内広報PJ”とは?

LIFE STYLEの社内プロジェクトとは、通常のクライアント業務とは別に、LIFE STYLE社内のエンゲージメント向上や文化形成を目的として実行される、部署横断型の活動です。ちなみにメンバーは、業務上関わることが少ないメンバー同士がチームになるよう、経営層がアレンジします。
今回、私が担当した”社内広報PJ”では、社内エンゲージメントの向上をはかるため、“まずは誰でも情報発信しやすい風土をつくり、お互いのコミュニケーションのきっかけになること増やそう!”を活動方針に設定し、メンバー10人で様々なテーマに取り組みました。

こんな取組みしました

毎週一度の定例MTG。メンバーによる案出しから始まり、6ヶ月間で大きく3つのテーマに取り組みました。

1.社内共有を促進するための仕組みづくり
Step1 / 全社員が参加するグループチャットやコミュニティの役割を明確化
Step2 / ビジネスにおけるノウハウを共有&蓄積する仕組みを構築(文化にする!)
Step3 / MIP(Most Influential Player)表彰制度を新設(”情報発信一番”だーれだ!)
Step4 / 社内業務チャットの運用ポリシー策定(みんなもっと発信していいんだよ!)

2.リモートワークによるコミュニケーション不足の緩和
- 社内コミュニティの活性化(全社員による社内SNS投稿リレー)
- Google Mapで“ランチのおいしい”お店紹介
- オンライン社内交流会(Web飲み会)

3.広報関連のアップデート
-Wantedlyストーリー記事の継続追加
- Web会議用の”統一背景画像”の制作(みんなで合わせて統一感!)
- プロフィール写真撮影PJ

などなど。振り返るとたくさんの取組みになりました。それぞれの企画がなぜ生まれたのか?どのように進めたのか?を一つずつ紹介していきたいと思います!

1.情報共有を促進するための仕組みづくり

Step1 / 全社員が参加するグループチャットや社内コミュニティのコンセプトを明確化

LIFE STYLEには、社員の誰でも自由に発信・投稿できる場所として、全社員が参加するグループチャットと社内コミュニティがあります。リモートワークによる影響なのか、段々と投稿頻度が落ちてきており、その要因をみなで話し合ったところ、「どこで・誰が・どのような内容を投稿していいのか」が理解できていないためではないか?ということになり、まずは発信場所ごとに過去の投稿内容を整理しました。

■自由に発信・投稿できる場所
Facebookを活用した社内コミュニティ「LSコミュニティ」
社内ビジネスチャットの全社員参加グループ「News - ALL」

■発信・投稿されている内容
LSコミュニティ
・社内イベント後の記録
・LIFE STYLEの日常
・業務内容の紹介
・表彰
・おいしかったお店
News - ALL
・事業部やメンバーの頑張りをシェア
・セミナー情報や便利ツール、ナレッジの共有
・事例の紹介

これらをもとに、誰でも気軽に発信/投稿しやすくなるよう、投稿場所ごとのコンセプトを再定義しました。

Step2 / ノウハウの共有&蓄積文化を構築

また、「News - ALL」でシェアされた営業ノウハウや業務効率化Tips、事例などの投稿内容を社内のナレッジベースに蓄積することで、いつでも誰でも有益な情報にアクセスしやすくなりました。

■投稿カテゴリーの分類
・営業ノウハウ
・便利ツール/業務効率化
・クリエイティブ/デザイン
・事例

Step3 / MIP表彰制度を新設

これまで、LIFE STYLEには「MVP賞」と「MAP賞」の2つの表彰制度が設けられていましたが・・・

*MVP賞…MBOの達成率が一番高かった人に贈られるMost Valuable Player賞
*MAP賞…皆が一番“褒めたい”と思った人に贈られるMost Active Player賞

社内広報PJの取り組みに合わせて、新たに「MIP賞」が新設されました。

MIP賞は、社内のコミュニケーションに最も貢献した者に与えられる”Most Influential Player賞”です。

社内広報PJプロデューサーからの「社内広報PJのミッションに貢献してくれた人に、何かしらの賞を贈りたいと思ってますがどうでしょう?」という粋な計らいにより、導入が決定。

「LSコミュニティやNews-ALLに多くの投稿をしてくれた」ということを前提条件として、「投稿の受けがよかった」「他メンバーの投稿に対して丁寧にリアクションしてくれた」などの各指標に基づき、広報PJメンバーの投票によって選出する、という形で進めて行くことを決めました。

Step4 / 社内業務チャットの運用ポリシー策定

また、業務上のやり取りを行う社内ビジネスチャットについても、「新卒の子たちが入るのに、きちんとした運用ルールってないよね?」「チャットでのやり取り、何に気をつけたらいいのかわかりやすい方がいいよね?」「私たちも改めて共通認識を持とう」ということで、現場メンバーと役職者による議論の上、それぞれの意見を反映した運用ポリシーを策定しました。

2.リモートワークによるコミュニケーション不足の緩和

社内コミュニティの活性化(全社員一周投稿リレー)

1の取り組みにもあるとおり、LIFE STYLEには「LSコミュニティ」という、社内コミュニケーションの促進や、日常の記録を目的としたFacebookグループがあります。

中堅メンバーからの発信が中心になっていましたが、誰でも気軽に投稿してもらいやすくすることで、少しでもメンバーを知るきっかけに繋がったり、会話のネタにしてもらえたら、という考えのもと「全社員一周投稿リレー」を実施することにしました。

■全社員一周投稿リレーとは?
ネーミングそのままですが、投稿者→次に投稿する誰かを指名→指名された人は投稿→また次に投稿する誰かを指名、といった具合で、全社員1週するまで投稿バトンをパスしていく、といった取り組みになっています。

■LSコミュニティの投稿リレー内容
仕事のこと・プライベートのこと、LIFE STYLEに繋がることなら何でもOK!
#最近の出来事 #オススメの本 #趣味 #業務内容の紹介 #おいしかったお店 #社内イベント #表彰

↓こちらは、8月投稿内容です(タイトルだけお見せします)。プライベートの共有から仕事を通しての気付きまで、続々と気になる投稿が流れてきます。

普段寡黙な若手メンバーがオフはかなりアクティブなことや、仕事人間!というイメージの管理職や中堅どころの先輩が、実はかなーり家庭的な休日を過ごしていたり・・・

リモートワークでも、普段コミュニケーションを取る機会の少ないメンバーの人となりを知ることができたり、仕事では気付かなかった考え方や一面を知ることができるようになりました。

Google Mapで“ランチのおいしい”お店紹介

入社して間もない新卒メンバーやこれから入社するメンバーに「近場の美味しいランチスポットを紹介できたら良いよね!」ということで、先輩社員御用達のお店を「LIFE STYLEお店MAP」に登録しましょうね!という取組みです。続々とお店が追加され、あっという間に掲載件数30件を超えるリッチなMAPに。いつでも誰でもGoogle Mapからランチの行き先を見つけられるようになりました。

オンライン社内交流会

時節柄、毎月の恒例行事だったピザパーティーの開催が難しくなってしまったため、新卒メンバーが入った4月のタイミングでオンライン交流会を実施し、社内の親睦を深めました。

20名を超えるメンバーが参加するため、お酒や食事を片手に、社内広報PJメンバーが仕込んだゲームを中心に進行していきました。あいまに愛犬やお子様が顔を出してくれたり、ときには恋人がご挨拶に・・・!という、ゆるゆる楽しい会になりました。

開催後のアンケートでは、91.6%以上から「大変満足」「満足」と回答いただき、翌月も継続して開催することができました!

さらに嬉しいことに、好評につき今後もオンライン開催を継続していくことが決まりましたので、また別の機会に、新たな社内交流会の企画内容についてご紹介したいと思います!

3.広報関連のアップデート

Wantedlyストーリー記事の継続追加

前任の採用担当が企画したWantedlyストーリーを活用した「社員インタビュー企画」。引き継ぎできる人がおらず更新が止まっていたため、社内広報PJで巻取り、全社員分の作成を進めることにしました。

全社員の「LIFE STYLEの入社の決め手になったポイント」「仕事で大切にしているスタンス」「今後の展望」などが書かれているため、これから入社を検討しているメンバーにとっても、一緒に働くメンバーにとっても、お互いの理解を深めるのに役立つコンテンツになっています。

Web会議用の”統一背景画像”の制作

LIFE STYLEでは、複数顧客の複数案件を掛け持つメンバーも多いため「商談時に社名の入った背景を切り替えるのが大変」、けれど・・・「複数人でMTGに入る際に統一感のある背景を使いたい」といった声が上がっていました。そこで、どの会議でも対応できる汎用版の背景と、氏名や所属部署などの入ったロゴ入り版の2パターンの背景を制作しました。

汎用版は、約30枚の候補画像の中から、4名のメンバーによるトーナメント方式で選出された1枚に。
ロゴ入り版は、シンプルに見えて、実はメッセージ性のある一枚になっています。

Q.背景のど真ん中にロゴを配置すると、ロゴが見えずもったいないのでは?
A.LIFE STYLE(のロゴ)を背負って仕事しております!我ら!の象徴です。見えそうで見えないような、控えめな感じ、いいですね。離席中はむしろかっこよくも見えます。

Q.なぜグレーなんですか?
A.眩しすぎず、暗すぎず、色に顔色が引っ張られることもありません。
白でもなく黒でもなく。知的でスマートな印象を与える明るめのグレーは、「染まりすぎず、素人でもない。あなたに出会うことで“玄人(クロうと)”になる、新規事業の助っ人です!」という、LIFE STYLEの事業コンセプトも込められています。

また、背景と文字色には少し紫味を混ぜて、ヌケ感のある洗練されたグレーを目指しました。

プロフィール写真撮影PJ

こちらに関しては、社内広報PJプロデューサーのノリさんが愛情たっぷり2本立ての記事でまとめてくださいましたので、ぜひそちらをご覧いただけたら嬉しいです!(愛がスゴイ)

【レポート】LIFE STYLEの自慢します。プロフィール写真撮影プロジェクト“PFPPJ”[前編]

【レポート】LIFE STYLEの自慢します。プロフィール写真撮影プロジェクト“PFPPJ”[後編]

最後に(感想)

ディレクター / 前田 美咲

ディレクターとしてPJに半年間取り組んできましたが、まず、社内エンゲージメントを高めるというのは答えのない活動なんだな、というのが率直な感想です。何かを実行したからエンゲージメントが高まる!ということはなく、あくまで私たちが実行してきたことは、働きやすさや働きがいを感じる「きっかけづくり」に過ぎません。LIFE STYLEのメンバーが、私たち社内広報PJメンバーの思いを汲み、一緒になって社内コミュニケーションをどんどん活性化させてくれているように思います。

私がLIFE STYLEで働く意味は、今のメンバーと熱意を持って楽しんで事業に取り組むことです。せっかく出会えた周りのメンバーにとっても、LIFE STYLEのメンバーと働けてよかったよね、と思える環境になっていたら幸せだな〜と思いつつ、今後も社内エンゲージメントの向上に貢献していきたい所存です。

また、社内広報PJの今後の活動については、LIFE STYLEマーケティング室で引き継ぐことになりましたので、引き続き、ストーリーでどんどん発信していきたいと思います。ぜひお楽しみに!

プロデューサー / 篠原 正憲

LIFE STYLEに入社してやっと1年と少し、PJ発足時はまだ半年だった私。若くはあれど、LIFE STYLE歴は私より先輩、そして一緒に何かをするのはほぼ初めて、というメンバーが大半のチームで半年間取り組んだわけですが、“なんともちゃんと約束を守る人ばかりだなぁ”と、しみじみ感じました。

皆“本業ありき”という状況で半年もの間、任されたタスクを、漏らす人が“ひとりもいない”というのは、複数社で従事した自身の経験においても“見たことない”ものでしたので。そして、何より楽しげに、また本気で「どうすれば社内のエンゲージメントが向上するか」を考えてくれていたのがありがたかったです。テキパキとタスクを割り振る/管理する美咲さんを、アイディアと実行面で支えていたメンバーたち、という構図も見ていて気持ちの良いものでした。

美咲さんも触れている通り、本PJで構築・開発された仕組みやルールは、マーケティング室という常設部署に引き継がれ、さらなる改善を受け、LIFE STYLEの文化として根付いていくものと思います。
企業は「事業(ビジネスモデルとお金)と人と文化」が揃わなければ長続きしない、と言われますが、一番難しいのが最後の“文化”。これを形成する取り組みに関わり、継続的していくであろう仕組を皆でつくれたことを光栄に思います。美咲さんとメンバーのみんなに感謝!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

LIFE STYLE株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう