1
/
5

『バドミントンのジュニアコーチはなんでそんな怒ってるの?』論文から考えてみた。

Photo by OSPAN ALI on Unsplash

こんにちは。

株式会社KOKACARE代表取締役の竹内です。

Wantedlyのストーリーでは、『KOKACAREのこと』『バドミントンのこと』『スポーツビジネスのこと』などを、代表ブログみたいな感じで書いております。他の記事もよかったら見てみてね!






さて、本日は『「バドミントンのジュニアコーチはなんでそんな怒ってるの?」論文から考えてみた。』について紹介していきます。


感じたことあるよね?

バドミントンを体育館でやっている人は見たことある人も多いと思いますが、バドミントンのジュニアのコーチはまあ子供たちに罵声を浴びせていることが多いです。『何やっているんだ!バカヤロー!』と怒っているのは、あるあるです(笑)。



バドミントンを例で出しましたが、おそらくこれはバドミントンだけでなく、バレーボールでも、野球でも、サッカーでもあるのではないでしょうか。

そしてジュニアコーチだけでなく、中学・高校・大学の監督・コーチでも、こういった方は多い気がします。Twitterなどで監督・コーチが選手を殴ったり、罵声浴びせている姿が拡散されて、問題になっているケースは非常に多いです。

こういったスポーツの体罰に繋がる言動・行動を、KOKACAREでは無くしていければと思い、イベントなどで #NO MORE 体罰 の啓蒙活動をしています。



ワルシャワ大学の研究

なぜこんなにも怒りっぽいのでしょうか?

この怒りっぽさについて、ワルシャワ大学がある研究をしています。



こちらの論文にもあります通り、怒りっぽい性格・気質の方は、自分の本来の知能よりも『賢い』と過大評価する傾向があり、『自己愛(ナルシシズム)』が強いということが分かったのです。

以前は、『怒り』は二次感情であり、不安・悲しみなどのネガティブな感情から出てくるものだと考えられていました。もちろんその側面は変わっていないと思いますが、それに加えて『怒りっぽい』人は、自己愛が強く、自分を実際より賢いと過大評価しているのだということでした💦


環境がそうさせるのか?

コーチだけでなく、保護者でも、自分の子供を異常に怒ってしまう方っていると思います。

もちろん、まだ子供なので危機管理が出来ていないため、必要な場面で怒ることは大切だと思います。しかし、『そんな些細なことで…』ということもよくあります。

自分を実際より賢いと過大評価してしまう
自己愛が強い

この二つはひょっとすると…

「コーチ!監督!」と必要以上に求められてしまい、自分がボスのように感じてしまう環境だからこそ、そうなってしまうのかもしれません💦



もちろんこれは、何か論証できるデータがあるわけではないのですが、『頼られすぎる関係』があると、自分を実際より賢いと思ってしまったり…と、怒りっぽい人間が生まれる土壌があるのかもしれません。

ただの仮説ですが、こういった環境に自分がいるなと感じたら、少し気をつけてみるのもいいかもしれません。


怒ってしまった…。

でも、怒ってしまう…。

そんな人もいるかもしれません。そんな時は、、、自分を、、、

自分を実際より賢いと過大評価してしまう
自己愛が強い

人間なのか?と反省してみましょう。大分惨めになってきますね…💦

そもそも、本当に賢い人は怒ったりしません。怒ることによる教育効果は低く、しかも自分のむしゃくしゃが発散できるだけで、相手には不快感だけが残る。

つまりこういう関係になっているんです。

【自分】WIN - LOSE【相手】

スポーツには勝ち負けがあるので、勝者の数だけ敗者がいます。

しかし、それ以外の場面ではWin-Winを目指すべきなんです。もしそうなっていない関係があれば、それはどこかで歪みがきてしまうし、その関係が続くのは難しいでしょう。

怒ると叱るは違う

そもそも、怒ると叱るの違いを認識するのも大事なことです。

怒る:自分の感情をぶつけること
𠮟る:相手の行動に対してアドバイスをし、正しい行動に導くこと


怒っている人がよく言うのは、『お前の性格がダメなんだよ!』のような人格を否定する言葉です。自分の感情をぶつけることに精一杯なので、相手を正しい行動に導くという思考はありません。


一方、適切な𠮟るができている人にはこんな共通点があります

  • この場で今すぐに
  • 短く端的に
  • 目を見て低い声で
  • 別のことは持ち出さない
  • 人格否定しない



監督・コーチ・先生・子ども・保護者…、いろんな方がジュニアチーム、部活動にはいます。そんなみなさんが円満に、そして楽しく上達していけるよう我々も力になっていければと思っています❗️

何かお困りのことなどありましたら、遠慮なく相談してくださいね!



KOKACAREに興味がある方は、ぜひこちらからどうぞ❗️

株式会社KOKACAREでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう