1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ダニエルさんから受け取ったもの 後編

インクルーシ部がダニエルさんを呼んで研修を行った話の後編です。(前編リンク

さて、ダニエルさんからのメッセージへの応答として、後日インクルーシ部ではキックオフ以来二回目となる総会を開催しました。

その中で1つの重要トピックとして出てきたのは、「アンコンシャスバイアスをなくしたい」というものでした。アンコンシャスバイアスとは、無意識の偏見。知らず知らずのうちに自分の当たり前を人に押し付けたり、思い込みや決めつけで物事を判断してしまうことを指します。

例えばこんな話になりました。営業事務には女性しかいないのはどうしてなんだろう?営業事務という理由で、何かと細々とした(しかし営業事務には関係のない)仕事を依頼されることが多いのはどうしてだろう?そもそも事務職に応募する人は圧倒的に女性が多いのはどうしてなんだろう?

私自身も、この会議の書記を営業事務の女性に依頼していました。男性にはなんとなく頼みにくいなと思ってしまう、この気持ちこそがアンコンシャスバイアスなんだ・・!と自覚しました。完全に無くすことはできなくても、こんなバイアスがあるんだと気づくことで、自分の中の認識をアップデートしていきたいです。

この会議で、具体的に今後2つの活動を行うことが決定しました。

1つ目は、倉庫や事務所の設備面で、インクルーシブ度を向上させていく活動です。例えば、マルチパーパスルームの新設や、マイノリティに配慮した更衣室やトイレの提案を行います。

2つ目は、社内報での毎月の発信です。私たちの中にある無意識の偏見や思い込みを、まずは勉強して知ることが大切です。インクルーシ部からみんなに教えるという上からの目線ではなく、関心を持って勉強している一人として勉強したことや気付いたことを共有する場にしていきたいです。



インクルーシ部が発足してからもうすぐ5ヶ月。以前だったら我慢したり、一人で立ち向かわなければいけなかったような場面で、「インクルーシ部がいるんだった」と思ってとても心強く思うことがあります。私にとってはそんな自助組織の側面が強いのですが、誰かにとってもインクルーシ部の存在が安心感に繋がる、そんな活動にしていきたいなぁと思っています。

最後に、「D&Iの活動をやっているよ~」という他社ご担当者様がもしもこれを読んでくださっていたら、ぜひ連絡をください!今回ダニエルさんと繋がったように、他の会社さんとも繋がってインクルーシブな輪を広げていくのが私の夢です。

株式会社ゲットイットでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう