1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

3月にエウレカに入社し、BIチームにJOINいたしました荒木です。

こんにちは。荒木(@kazuya_araki_jp)と申します。2020年3月に株式会社エウレカに入社し、BIチームにJOINいたしました。まずは、簡単に略歴からご紹介します。

略歴

大学卒業後、受託開発企業、パッケージ製品開発企業のエンジニア経験の後、2017年株式会社ビズリーチに入社。ビズリーチ事業のデータ分析を担うデータアナリストとして従事する傍ら、事業横断でデータ分析基盤を構築するデータエンジニアも担当。2020年3月、株式会社エウレカに入社。

入社するまでのバックグラウンド

1社目: 受託開発企業

大学卒業後、受託開発エンジニアとしてキャリアをスタート。SAP製品のアドオン開発、金融、商社向けWebアプリケーションエンジニアとして従事。

2社目: パッケージ製品開発企業

自社開発に興味を持ち、パッケージ製品開発企業に転職。フロントエンド、バックエンド、インフラ周りを担当。BIツール開発チームのプロダクトマネージャーに就任した際に、データサイエンティストへの道に進むことを決意。

3社目: 株式会社ビズリーチ

2017年5月に株式会社ビズリーチに入社。当初はデータアナリストとして、BIグループに所属し、「事業部門の課題解決と生産性向上」をミッションに掲げ、ビズリーチサービスのデータ分析業務に従事。後に当時のデータ分析基盤環境に限界を感じ、「全事業横断のデータ分析基盤を構築し、事業貢献する」というデータエンジニアとしてのポジションとしても活動。直近は、CSO(Chief Strategy Officer)管掌の組織にて、CSOの意思決定をデータアナリティクスでサポートするポジションを担う。

エウレカに入社を決めた理由

さて、ここからがエウレカへの入社を決めた背景についてですが、2020年というキリが良い年というのもあって、一度キャリアの見直しを考えていました。働き方改革が世に浸透して久しいですが、私自身のこれからのキャリアについて真剣に考えるようになったのが2019年8月頃。将来のスキルセットはどうあるべきか?現職のままで目標は達成できるのか?チャレンジングであるか?などなど、あらゆる可能性を考え、悩みながら、模索していきました。

2019年9月、外部イベント、勉強会で接点があったHead of BIの鉄本さんより、結婚コンシェルジュアプリ「Pairsエンゲージ」の募集記事をシェアしていたと接点を持ったことが最初のきっかけでした。決め手となったのは2点あります。

ひとつは、強いBIチームであった点。エウレカのBIチームのメンバーとは、上記の通り接点があり、情報共有していました。その際に認識したのは、「個としても、チームとしても日本有数の優秀なBIチームである」とです。このチームにJOINしたときに、果たして自分はどう変化するのか?どういった形で貢献できるのか?などといったように、想像が尽きなかったのを今でも覚えています。

もうひとつは、社員、会社ともにやさしさにあふれていた点。企業選びに重点を置いていたのは、企業文化が共感できるか否か、という点でした。私は企業選びの際に、本気で企業研究を行った上で精査するタイプの人間なのですが、情報収集していく中で、株式会社エウレカという企業は、VisionとMissionがとても素敵な企業であると感じました。

また、このVision, Missionの基に集まっている社員の方々は、とても人柄がよく、ともに働く上でとても安心できると思い、入社の決断に至りました。

エウレカで2週間くらい働いてみてどうか

環境面について

(COVID-19による影響により、リモートワーク推奨となった時期に入社したので、オフィスに出社している社員は少ないのですが)働く環境としてはとても満足しています。慣れるまでしばらくはオフィスに通う予定ですが、リモートワーク環境は整っているので、今のところ支障はありません。

業務について

データ分析基盤周りのオンボーディングと、データ抽出の依頼を対応しつつ、Pairsのデータおよびデータ分析基盤をキャッチアップしています。データ分析基盤周りはGCPで完結できるような設計思想ですので、これまでの私のGCPの知見や経験を遺憾なく発揮できると感じています。

エウレカでやっていきたいこと

私としては直接的に事業貢献することよりも、横断的に物事を見るのが得意なので、領域に囚われずに何事も取り組んでいければと思っています。そのためのデータであり、データアナリティクスであると確信を持っているので、引き続きデータを武器に今後も取り組んでいきたいと考えています。

短期的には、Pairs, Pairsエンゲージといった各サービスのデータ、およびデータ分析基盤を理解し、データを用いてよりビジネスを加速する人材に1日でも早くなりたいです。中長期的には、先日Data Directorに就任された奥村さんをサポートし、経営戦略とデータの利活用をさらに発展するお手伝いができればよいと考えています。


===
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

エウレカでは、新たなメンバーを募集しています!私たちと一緒に『Pairs』を、アジアを代表する国内最大級のオンラインデーティングサービスに成長させたいという方は、ぜひエントリーください。

たくさんのご応募、お待ちしております!

インターン/ビジネスアナリスト
広告運用をデータ活用で最大化!Pairsのビジネスアナリストインターン募集
株式会社エウレカは、2012年10月にローンチしたオンラインデーティングサービス「Pairs」と2019年7月にローンチした「Pairsエンゲージ」を展開しています。 私たちのコアサービスである「Pairs」は、日本でも急成長中のオンラインデーティングサービス市場において国内最大級を誇り、現在、日本と台湾・韓国を合わせて累計会員数1,000万人を突破しています。 また、2015年5月にはオンラインデーティングサービス領域における世界的リーディングカンパニー「Match Group」に、M&Aにより参画。Match Group(NASDAQコード: MTCH)は、「Tinder」「Match」「Plenty Of Fish」「OkCupid」「OurTime」「Meetic」といった、恋活・婚活マッチングサービスを世界190カ国以上・42言語で展開しています。私たちは、このグローバルカンパニーのノウハウとアセットを生かし、まずはアジア全域でのサービス展開を推し進めています。 その第1フェーズとして2013年10月にリリースした台湾版「Pairs」は、すでに台湾最大級のオンラインデーティングサービスに成長。第2フェーズとして、2017年に韓国版をリリース。“アジア全域”における、オンラインデーティングサービスのリーディングブランドになることを目指しています。
株式会社エウレカ


Instagramはじめました*

株式会社エウレカでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう