1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

<エンジニアインタビュー>出戻りました!テックビーンズで働く魅力

〜なぜテックビーンズで働いているのか〜

2019年に一度は退職して、約1年後に戻ってきました(笑)

退職した後は、クライアント企業に常駐するSESとして大きな会社に出向していました。大きなシステムの一部を担当していて、問題が起きても、他の部署に依頼するだけという業務でした。

外から見て、改めてベンチャーのエンジニアとして働く魅力を感じたんですよね。

自分が任せられている。バグが出たら自分が解決しなくてはいけない。
自分が責任を持ってやっているからこそそのシステムに関わりが深くなる。
仕事をしているなかで、そんな働き方のほうがよっぽどエンジニアらしいと感じるようになりました。

実際にテックビーンズに戻ってきてから、システムのことを考える時間が増えましたし、休みの日でもどうやったらもっとスムーズな実装ができるのか、ふと気づくとそんなことばかり考えてますね。

自分自身が主体的に考えるようになってからは、やっぱり楽しくて、やりがいを感じますよね。

〜テックビーンズの魅力は〜

自由さ、穏やかな人柄、絶妙な距離感

リモートができたり、PCが自分で選べたり、自由度が高いのは魅力だと思いますね。

細かな会社のルールや、報告義務といった制約がないので、会社に縛られたり、余計なストレスを感じることがありません。

あとは、会社の雰囲気。穏やかな人が多いのと、絶妙な距離感というか。
すごく仲がよいというわけではないんですが、人間関係は良好だと思いますね。



〜求められること〜

仕組みは未整備、主体性が求められる

逆に言えば、仕組みや制度が整っているわけではないので、自分からコミュニケーションをとりにいかないと情報が入ってこないというのはありますね。

慣れている人にとってはそんなに大変なことではないと思いますが、指示も情報も上から降りてくる環境に慣れている人は、多少ギャップを感じるかもしれないですね。

〜今後に向けて〜

愛着の湧いた自社で成長を目指したい

現在はAPIの開発を担当しています。
一度退職したにも関わらず、代表の前川から連絡をもらいこの会社に戻って来ることができました。

今回テックビーンズに戻ってきたことで、この会社自体にとても親しみが湧いたので、もっとこの会社で活躍していきたいし、成長していきたいですね。

株式会社テックビーンズでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう