Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【CWV紹介vol.1】どこで働きたい?CWVの勤務パターンと職種について

今回は、テレビ番組の制作会社(制作プロダクション)であるCWVの「勤務パターンと職種について」お伝えします。大きく分けると言うと、以下の2つのパターンがあります。

①テレビ局に出向して勤務

②CWV本社

以下、詳しく説明します。

テレビ局と制作会社(制作プロダクション)

まず、テレビ番組を制作している人たちは、所属で分けると大きく2つ分類できます。

①テレビ局に勤めている人

②テレビ番組などの映像制作会社に勤めている人

①のテレビ局に勤めている人というのは、テレビ局に出社し、仕事が終わればそこから帰宅する人のことです。②は制作会社に出社し、その会社を仕事場として働いてる人のことです。

テレビ局内では多くの人が働いていますが、テレビ局内で働く人たち全員がテレビ局の社員というわけではなく、実は大半はテレビ局の関連会社や制作会社からの出向、派遣という形で働いている方なのです。

CWVに就職した場合の勤務の種類

CWVに就職した場合、上記のような出向(派遣)という形でテレビ局内に常駐して頂き、勤務先して頂くパターンと、CWVに勤務して頂くパターンがあります。

この勤務先の選考については、しっかりとご説明をした上で、希望を尊重するようにしています。

また、働いていく中で、自身のやりたい仕事内容などが変わってくることもあると思います。弊社の場合、そうした場合にも臨機応変に対応をしております。

CWVでの勤務からテレビ局出向(派遣)への変更や、テレビ局での出向(派遣)からCWVでの勤務への変更など、途中での変更希望も随時対応をしています。また、いずれの勤務先でも、常にスキルアップ、キャリアップを念頭に置き、お仕事をしていだいています。

テレビ局内で勤務

弊社の場合、テレビ局内で勤務する職種は主に3職種です。

①報道番組のディレクター職

②報道番組のアシスタントディレクター職

③記者(報道)

弊社の主な出向(派遣)先は、日本テレビの報道局社会部と、地上波の報道番組「news every.」「news zero」「真相報道バンキシャ!」です。

以下、それぞれの職種について何をやる職種なのか?見ていきましょう。

<①報道番組のディレクター職>

日本テレビの報道番組のいずれかにおいて、ディレクターを担当します。

各番組には、テレビの社員、他の制作会社からの派遣社員など、複数のスタッフがいます。そういった多くの番組スタッフと共に番組を制作します。

ディレクターとして、カメラマンや音声スタッフ、時にはアナウンサーやリポーターと共に現地取材をしたり、時には自分で小型のカメラで撮影することもあります。また、放送用の原稿を書き、それを基に映像編集なども行います。

タイミング次第ですが、海外取材に行くこともあります。今年も、ペルーに取材に行ったスタッフがいます。過去には、アメリカ、韓国、フィンランド、フランスなど多くの国を取材で訪れています。

<②報道番組のアシスタントディレクター職

番組ディレクター同様、日本テレビの報道番組のいずれかにおいて、アシスタントディレクターを担当します。

現地に取材に行く場合もあれば、記者・カメラマン・ディレクターが撮ってきた映像の文字起こしや、映像補助、テロップ作成など、主にディレクターのアシスタント業務を担当します。

タイミング次第ですが、海外取材に行くこともあります。今年も、入社3年目のスタッフが複数回に渡り、取材で韓国に行っています。

<③記者(報道)>

日本テレビの報道局にて、記者を担当します。事件や事故、社会問題など世の中で起きている様々なことを取材し、放送へと繋げていきます。報道局には、政治部・経済部・社会部・国際部など様々な部署があります。

記者職はより専門的なスキルが求められるため、

・新聞やテレビなどで記者経験がある

・CWVや報道番組のアシスタントディレクター、ディレクターを一定期間経験

・高い外国語能力を有する方

・高い専門的知識を有する方

など、①、②に比べ採用のハードルは高くなります。

CWVで勤務

CWVに勤務する職種(制作部門)は、2職種です。

①報道制作部ディレクター

②報道制作部アシスタントディレクター

CWVで勤務する社員は、番組ディレクター職や番組アシスタントディレクター職とは違い、ひとつの番組自体を担当するのではなく、様々な番組の「企画コーナ」を制作しています。

「news every.」内の企画を担当することもあれば、「news zero」や「 真相報道バンキシャ!」内の企画を担当することもあります。それらを並行して進めることもあります。

また、弊社が制作を手がけているゴールデンタイムの2時間番組にもスタッフとして参加することが可能です。

タイミング次第ですが、CWV勤務でも、海外取材に行くこともあります。昨年から今年は、複数回に渡り取材でフィリピンに行っています。過去には、イギリス、イタリア、オーストリア、スペイン、クロアチア、ウクライナ、ベラルーシ、中国、韓国、北朝鮮、モンゴル、ミャンマー、タイ、ラオス、ベトナム、マレーシア、アメリカ、コスタリカ、ニカラグアなどなど様々な国を訪れています。国内も北海道から沖縄まで様々な場所に行く機会があります。

①報道制作部ディレクター

企画コーナーの責任者としてディレクションを担当して頂きます。

リサーチから構成作り、取材、映像編集、放送に至るまでの全ての工程を担当します。

制作側の責任者として大きな裁量をもちつつ、テレビ局、CWVそれぞれのプロデューサーやCWVのアシスタント、時にはカメラマンと共にチーム一丸となって企画を制作していきます。

②報道制作部アシスタントディレクター

ディレクターと共に、企画コーナの制作を行います。

リサーチから、取材補助、映像補助、放送に至るまでの全ての行程をディレクターと共に進めていきます。

CWV勤務スタッフは少数精鋭のため、本人のやる気次第ではディレクターからのサポートを受けつつ、アシスタントの段階から積極的に現場で活躍することができます。

また、CWVではアシスタントからの企画提案を積極的に形にする環境作りにも力をいれています。提案を受けた企画で放送に結びつく可能性があるもの、先輩ディレクターたちからアドバイスを受けながら放送に結び付けています。CWVは、それぞれのスタッフが興味のあることを尊重し、それを形にすることを応援する会社です。


さて、今回は「CWVの勤務パターンと種類について」お伝えしました。

少しでもテレビ番組の制作に興味のある方は、ぜひ一度会って気軽にお話してみませんか?

また弊社では、繁忙期に不定期でインターンやアルバイトの募集なども行っています。

まだ学生の方、やりたい仕事が見つかっていない方、ぜひ一度ご連絡ください!

株式会社CWVでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう