1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「何を信じる?創業9カ月!」サービスも実績もまだない企業に新卒1期生で入社した勇敢すぎる後輩の話。

学生の皆さん(転職活動中の皆さん)

突然ですが、入社を決断する時の「決め手」って考えたことありますか?

・大手企業だからネームバリューもあって家族も安心、友人にも誇れるぞ

・福利厚生がよくワークライフバランスが理想的、稼ぎもいいぞ

・事業のサービスが社会的貢献を成していて世の中のために役立つお仕事が出来る

様々な価値観をもつ人たちがいるので、決め手になる理由も十人十色ですよね。

(ここまではよくある話)


私の所属する会社、ハイパードライブでは創業9カ月でリクナビ・マイナビに掲載をして新卒採用をスタートしました。社長の浅田が、シリアルアントレプレナー(連続起業家)で、会社の未来には、新卒の力が必要であることをこれまでの経営で身に染みて体験をしているからこそ、2019年度入社の新卒一期生採用を始めました。「スタートアップベンチャー」というワードが、一番ナビサイト内でも似合う企業だと自負しています。

会社としては、立ち上がったばかり。

形として目に見えるサービスは何も持っていません。

実績ももちろんありません。

予想に反し倍率300倍を潜り抜けた新卒3名が2019年度入社を決断してくれました。

内定辞退率は0名です。(因みに2020年度は9名が内定。内定辞退率は0名です)

創業9カ月のハイパードライブでは、メインサービスのブライダルEC事業も形には到底なっていない企画段階で、オフィスはとても広いのですが、商談が出来る会議室もない状態。学生の方が企業としてのイメージするオフィス環境とはまるで違うという状態でした。(現状オフィスはインテリアも展示されていて賑やかです!)

では、なぜ入社を決めたのか。(上記写真の環境で会社説明会や面談は行われました!)

3名の新卒の入社の決め手は

同じ志をもつ「人」が集まった「環境」だったからです。そしてハイパードライブに対して「疑うこと」は1つもなかった…そうです。

人事の私(長田)は、この記事を書くと決めた時

どのようなことがスタートアップベンチャーとして「不安や不明確」で、それをどのように就職活動中に解消したのかというストーリーを描いていましたが、新卒一期生3名の答えは一貫してハイパードライブに対して未来と期待値しか感じなかった。と回答がありました。

将来の(会社への)期待値が高まり気持ちが溢れる

将来の(自分への)期待値が高まり気持ちが溢れる

そのようなメッセージを会社説明会や面談でおくる意図はありませんでしたが、それを新卒一期生は感じて入社をしているという事実が今回存在すると知りました。

学生の皆さん(転職活動中の皆さん)

業界や職種やネームバリューだけで図らずに、それとは異なる企業の幅を広げて将来の選択をしてみたい。体現してみたい。と思っている方がいればハイパードライブ会社説明会へ遊びにきてください。新卒一期生の勇敢なる入社の決め手も実体験として詳しくお話させていただきます。

今の会社のメンバー数は40名です。(※2020年度4月)

2021年には中途採用スタッフ含め100名体制の想定で採用活動実施中です!

企業として創業期から、一気に成長期へのフェーズに向かう年です。

そんなフェーズで入社を決める皆さんの決め手は何になるのでしょうか。


ここからは告知です!

2021年卒業の新卒エントリーはこちらから 

→WEB会社説明会と希望者全員一次面接ご案内中

2022年卒業の新卒エントリーほこちらから

→インターンシップご案内中


中途の方はWANTEDLYの「話を聞きにいきたい」からご連絡ください!

個別でミートアップも相談可能です。

皆さんとお会いできる日を心待ちにしています!

期待値高めていらしてください!!

株式会社ハイパードライブでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう