1
/
5

「一番ワクワクする未来が描けるもの。僕にとってはフリーランスがそうでした」 エンジニア8年/フリーランス4年目 【井坂 洋介】

グラントホープのスタッフインタビューも第7弾ということで
今回エンジニア8年目、フリーランス4年目としてご活躍中の「井坂 洋介」さんにお話を伺ってみました!

それでは早速インタビュースタートです!

井坂さんプロフィール
エンジニア8年目/フリーランス4年目
大学卒業後、新卒でSES企業にエンジニアとして就職。データベース系の案件に従事し3年間勤めた後、自社エンジニアとして別のデータベースを扱う会社に転職。2年勤めたあと、一念発起しフリーランスの道に進む。趣味はゴルフとボードゲーム。最近はもっぱらカタンにハマっている。

---井坂さんの簡単なご経歴を教えてください。

大学卒業後、新卒でSES企業に就職したのですが、そこがまさにブラックで毎日終電すぎるくらいまで仕事をして、しかもアサインされる案件はことごとく炎上していて、エンジニアというより消防士みたいな働き方を3年間していました(笑)

最初は未経験で入ったこともあり、これも下積みだと思って頑張っていたのですが流石にこれをずっと続けていたら死んでしまうと思いなるべく残業がない会社に転職しました。

そこは確かに働き方はホワイトだったのですが、今度は残業代が全然支払われないなど今度は収入の面がブラックで(笑)しかし大学時代の友人はどんどん収入が上がっていて、「周りに置いていかれてる」という思いを抱えて働いていました。

"このままではいけないな"と思い、もっといい働き方ができないかと模索している中見つけたのがフリーランスになるという道でした。

もうこれしかない、という感じで。

その瞬間これから先の自分の人生が一気に開けたという感覚になりました。

そしてそのままグラントホープに行き、現在に至るといった感じです。


---フリーランスになってみて率直な感想を教えてください。

まず収入が大きく変わりました。

自分はずっとデータベース系のエンジニアとして働いていてスキルの幅が狭く、そこまでエンジニアとしての経歴に自信があったわけではないのですが、それでも収入が2倍近く上がった時は驚きでした。

しかも年々収入も上がっており、自分はフリーランスになってから今までずっと同じ案件に入っているのですが、4年目で80万円ほど年収が上がっているのは単純に嬉しく思っています。

加えて自分の時間が持てるようになりました。

正社員時代は殆ど終電まで働く日々が続いていて、家は寝るための場所でしかなかったのですが、今はリモートワーク中心に月に140時間働くという枠組みがあるだけなのですごく自由に働いています。

率直に仕事ってこんなに楽しいんだと思えるようになったのはフリーランスになって初めて思うようになったことです。


---グラントホープで働く上での魅力を教えてください。

グラントホープは個々の希望にどこまでも寄り添ってくれる会社です。

先程も話した通り自分自身、スキルの幅が狭くエンジニアとしての経歴にそこまで自信は持っていませんでした。

それでも今より収入を上げたいだとか、残業はなるべくしたくないとか色々な注文をしたのですが(笑)そんな希望も全て叶えた上で6〜7個アサイン先を紹介していただいて感謝しかないです。

また、コロナで一旦ストップしていますが、以前はエンジニア同士の交流会も定期的に開かれていて、初めてフリーランスとして働く人も安心して働けるというのも魅力の一つだと思います。

フリーランスとしてどのようにスキルを上げていくかということはもちろん、確定申告といった手続きなどについても先輩フリーランスからアドバイスを貰える環境を用意してもらえるのはとてもありがたいと思っています。


---そんな井坂さんは今後どんなエンジニアを目指していきたいですか?

データ分析というところを長年やっている以上、今後も更に分析の幅を広げていきたいといった、エンジニアとしてスキルを高めていきたいという思いはもちろんあります。

でも、自分はそれ以上にアーリーリタイアだったり、週4勤務であったり、いかに仕事を使って自分の人生をより豊かにしているかということを考えています。

というのも、僕にとって仕事はあくまで手段でしかないからです。人生を豊かにするため仕事をするのであって仕事をするための人生ではありません。フリーランスという道を選び歩んでいるのもそういった思いがあるからこそです。

自分は収入が上がってからも生活の水準はそこまで上げず、ほとんど貯蓄に回しているので年々貯金残高が増えていくのを見ると着々と自分の目標に向かっているという実感が持てています。

正社員に戻って働こうとは夢にも思わず、今後もフリーランスとして頑張っていきたいと思います。


---最後に現在エンジニアとして悩まれている方へメッセージをお願いします!

かつての自分がそうだったように現状でいっぱいいっぱいになっている人は視野が狭くなってしまっている可能性が高いです。

そんな時こそ、一旦落ち着いて広い視野を持ってみましょう。そしてなるべく多くの選択肢を持ってみましょう。

その見つけた様々な選択肢の中に、自分が一番ワクワクするものを見つけられたのなら迷わず飛び込んでいくべきだと思います。

少なくとも、今悩みがあるのならその選択はあなたにとってベストではないはずです。

僕にとってベストだったものがたまたまフリーランスだっただけで、他の人にとっては決してそうではないかもしれない。けれど、勇気を出して現状を変えてみるという行動は誰にとっても必要なことだと思います。

その第一歩としてまずは広い視野を持つこと、これがきっと大切なことだと思います。

インタビューは以上になります!
井坂さん、ありがとうございました!

株式会社グラントホープでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう