1
/
5

自然の中でも活動してます【カブトムシの幼虫探し】#放課後等デイサービス

児童発達支援や放課後等デイサービスは、施設内での活動が多いイメージがないでしょうか?

ヴィストカレッジ富山駅北では、大型連休中の5月2日に、富山県空港スポーツ緑地にてカブトムシの幼虫探しを行いました。

今日はその時の様子をご紹介します!

※感染症対策として、参加者全員の検温と手指消毒を行いました

幼虫の探し方を教えてもらったよ

今回のイベントは、富山県の造園会社(株)野上緑化の長谷川さんにご協力いただきました。

まずは、長谷川さんより幼虫の探し方のレクチャーを受けます。

子どもたちは

「僕、カブトムシの幼虫見たことあるよ!」「僕は育てたこともあるよ!」

と口々に言いながら、興味深く話を聞いていました。

いざ、カブトムシの幼虫とりに挑戦!

子どもたちはスコップとバケツを手に取り、チップの中を懸命に掘ります。

「どこにいるのかな~?」「ここかな~」

と幼虫を探すのも楽しそうです。

しばらくすると、「いた!!!」と大声を出し、幼虫を発見したことを喜ぶ男の子。

「え?どこどこ?」と他の子どもたちも、集まってきました。

直径5cmほどの大きく育った幼虫を見て、びっくり!

幼虫がたくさんいる場所を発見し、チップを掘り進める手が止まりません。

そのうち、参加者全員が幼虫を発見し、嬉しそうに自分のバケツに幼虫を入れていきます。

子どもたちは、幼虫がとれたことを喜び、

「先生見て!こんな大きいよ」「僕のも見て!」

とスタッフに嬉しそうに話しかける姿もありました。

そして、自分でとった幼虫とチップを虫かごに入れ、

「家でお世話するよ!」「大きなカブトムシになるかな~」

と期待をもちながら、大事そうに家に持ち帰りました。

屋外での活動でのイベントも行っていきます!

ヴィストカレッジでは、室内でのワークに加えて事業所を出て、自然の中や広い体育館での活動も行っています。

子どもたちが、他の利用者さんやスタッフと関わりながら、思いっきり体を動かし、楽しい思い出ができるようなイベントを今後も行っていきたいと思います。

また、こうしたイベントやワーク活動を通して、子どもたちとじっくり関わり、子どもたちの可能性を広げていく児童指導員を募集しています。

将来自立した大人になるための<キャリア教育・個別療育>を重視し、日々支援を提供しています。

少しでも気になった方は、カジュアル面談やWEB見学会なども行っていますので、お気軽に「話を聞きに行きたい」ボタンからご連絡ください!

ヴィスト株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう