1
/
5

僕がこの会社で頑張り続けられる理由

こんにちは!TRINITY LABO.の今井 大聖(いまい たいせい)です。

7月になり2021年も折り返し地点を迎えました。今年の目標に向かってまだまだ頑張るぞ!と思う今日この頃です。

前回のストーリーではTRINITY LABO.にジョインしてからこれまでをお伝えしましたが、今回のストーリーでは今とこれからに視点を向けて、何故こんなにも仕事に情熱を持てるのか、俯瞰して分析していきたいと思います。


① 先輩・仲間がいるから

② 常に新しいことにトライできるから

③ 社会貢献につながっていると実感しているから

④ 高い目標・大きな志を持ち続けられるから

⑤最後に


① 先輩・仲間がいるから

仕事をしていく上で人間関係が気になる方もいると思います。

正直、私も人間関係やチームを組む仲間に対して考える部分はあります。

もちろん、純粋に気が合うか合わないか、というところも大切です。

それよりも気になるのは、どこまで同じモチベーションで、

仕事に取り組むことができるかが、大切だと考えています。

TRINITY LABO.ではモチベーションの高い先輩・仲間が多いです。

きれいごとを抜きにして語れば、

人間ですのでモチベーションが下がってしまうということもあると思います。

僕もモチベーションが高い方であるとは思いますが、

時にはモチベーションが下がってしまうことも事実です。

そんな時に、先輩や仲間が高いモチベーションでいれば、

自分も自然とモチベーションをあげることができます。(現状できています。)

自分のモチベーションを保つことが自分でできる方もいるかもしれませんが、

僕にはできていません。

そんな時にモチベーションをあげてくださる先輩や仲間がトリニティにはたくさんいます。いや、モチベーションを上げてくれるメンバーしかいません。

いつもありがとうございます。


② 常に新しいことにトライできるから

トリニティで仕事をするうえで「飽きる。」ということはいままでありませんでした。

事実、私はかなり飽き性です。

新しい魅力的なものを発見するとすぐ気が移ってしまうタイプでした。

トリニティでは日々業務の幅が広がったり深くなったりします。

突発的に決まったことに取り組むことも日常茶飯事です。

また、普段から行っている業務に関しても、思考停止することなく常に効率的に仕事が行えるように日々考える必要があります。

私はセールスをメインで担当していますが、ここに関しても同じやり方でなく、

更に良い方法はないか毎日模索し続けています。

ある程度セールスでの“勝ち方”を確立したとしても、常に新しい方法にトライしています。

また、新しいタスクに取り組むことによってモチベーションもあがることは言うまでもありません。


③ 社会貢献につながっていると実感しているから

トリニティでの仕事の内容としては法律や税金の専門家の方々に向けて、

セミナーをはじめとしたトータル的なサポートを行っています。

また、TRINITY LABO.というコミュニティを運営しており、

コミュニティに入会いただけるとすべてのセミナーが無料で見放題になり、

各種サポートをお届けするサービスを提供しています。

特に私たちは認知症になった際の資産凍結を防ぐ“家族信託”

という制度をお伝えすることが非常に多いです。

直接、エンドユーザーに届けるのではなく、専門家に私たちが持つノウハウを、

お伝えすることによって社会貢献への効果は2倍3倍になります。

また、コミュニティに入会いただいた会員様より、

「TRINITY LABO.で得た知識を生かしてエンドユーザーへ届けたよ。」

と仰っていただくこともあり、そんなときにはセールスマン冥利に尽きます。


④ 高い目標・大きな志

セールスには現実問題としてノルマがあります。

私たちは月ごとに目標を設定して毎月挑んできました。

正直なところ努力しても達成することができない月もあります。

月の中旬にもなると現実として

「今月は目標に対してこの下回ってしまうかな?」と考えてしまい、

「逆算するとこのペースだから、今月はこのくらいの件数まで頑張ろう。」

と思ってしまうこともありました。

しかし、ふとした時に勝手に「視座」を下げていると気付きました。

達成できないことよりも、この「視座」が下がってしまうことに、

問題があると考えるようになりました。

「視座」が一度下がってしまうと、

毎月簡単に「視座」を下げてしまう癖がつくのではないかと。

非常に恐怖心を抱くようになりました。

また、目標があいまいになってしまうと意欲も意識も低くなってしまい目標が永遠に達成できなくなるということです。

どんな逆境でも、「自分にはできる。」と高い志を持ち続けられるように頑張っていきます。


⑤ 最後に

頑張り続ける。というのは非常に難しいことだと思います。

ただひたすらに、やりつづける。これに尽きるでしょう。

僕も昔は頑張り続けることや、なにかを続けるというのは得意ではありませんでした。

人間は環境によって変わるものです。

トリニティに入社してから、頑張り続ける、走り続ける、ということが少しできるようになりました。客観的に見ても毎日なにかに心を燃やすことができる最高の環境だと感謝しています。

これから私たちのメンバーになって頂く方と一緒に

頑張り続けるということをひたすらにやっていただいて、信念となり、血肉になるまで、

できればと思います。

トリニティ・テクノロジー株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう