1
/
5

【タイ移住マニュアル完全版】ビザ情報・仕事探し・生活情報を解説

今回は、【タイ移住マニュアル完全版】と題し、タイ移住に関する情報をまとめました。タイに移住しようか迷っている方や移住方法についての情報を集めている方向けにまとめましたので、ご参考になりましたら幸いです。

この記事のライター

Taishi Suzuki ブログ:Be Ambitious(be-ambitious.info

2015年からバンコク在住。WEBマーケティングの仕事をする傍ら、バンコクの生活情報や旅に関するブログを運営している。

旅人をはじめ、多くの人を魅了するタイ王国。

タイに行ったことがある方の中には、この国の魅力に惹かれ、「いつかタイに移住したい!」と考えたことがある方が多いのではないでしょうか。

タイは、日本のメディア・雑誌・SNSなどでたくさん取り上げられていることもあり、移住先として人気が高まっています。特に、タイのバンコクには、日系のレストランやスーパーなどがたくさんあり、外国語が苦手な方でも慣れてしまえば、ある程度不自由なく暮らすことができ、移住先の候補に上がることが多いです。

最近では、若い人がタイに渡航するケースが増えている、という話もよく聞くようになりました。おそらく、「若い時に海外でのキャリアを積みたい!」と考えている方が増えているのではないかと思います。

しかし、現在日本に住んでいる方の中には「海外で仕事してみたい!」「何かチャレンジしてみたい!」と考えているけれども、どうやったら移住できるのか、誰に相談すれば良いのか、なかなか決心がつかない、とモヤモヤ悩んでいる方が多いと思います。

そこで今回は、「タイへ移住したい!」と考えている方を少しでも後押しできるように、タイ移住に関する予備知識・注意点・相談先などをタイ移住経験者の視点からまとめてみました。

移住を考えている方はぜひ目を通していただければと思います。

1. タイ王国の基本情報

タイに初めて行く方は、最初におおまかなタイ王国の情報を把握しておくことをおすすめします。

<タイ王国基本情報>

首都:バンコク

日本との時差:2時間

言語:タイ語

通貨:バーツ(THB)

  • 1バーツ3.5円

<参考URL>

https://www.club-t.com/kaigai/guide/thailand/info.html

2.タイ移住のメリット

タイ移住のメリットをいくつかご紹介します。

2-1.微笑みの国

タイは“微笑みの国” と言われており、おおらかでフレンドリーな人が多いです。親日国でもあり、日本に対しては良いイメージを持っている方が多いです。また、タイは仏教国であることなども関係し、日本と文化的に共通している部分もあります。また、観光名所・お出かけスポットなども数多くあります。

2-2.物価が安い

タイの物価は日本の1/3程です。衣食住に関しては、日本と比べるとコスパが良いと言われることが多いです。屋台・食堂などのタイ料理は一食50バーツ(170円)程度で食べることができます。

続きはこちら→https://asia-career-labo.com/thailand-ijuu-manual/

Adecco Recruitment Thailand Ltd.では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング