1
/
5

How to …新卒採用

※この記事は2021年1月26日に「cocone Designer」noteで掲載された記事を再録したものです。
※一部誤字脱字、表現などを修正しています。
※数字等記載内容は元の記事の掲載時のデータであり、イベント等については終了している場合があります。

皆さんこんにちは!マメです。

先月から22卒向けの採用がスタートし、既に応募もいただいております。
今年度はこれまでのデザイナー採用の際に出た疑問点を改めて見直し、各デザイン部門の代表の方と「どうすれば応募してくれる学生さんの思いをココネ側がより強く受け止めることができるか?」を考えました。

今年度ココネで応募しているデザイナー職はアイテムデザイナー、 モーションデザイナー/アニメーター、 UI/UXデザイナーになります。今回はこれまでの新卒採用を見直した結果どこが変化したのかを、ココネに興味がある学生さんに向けてお届けしようと思います。


採用サイトOPEN

これまでココネは採用ページはあったものの新卒採用サイトは存在せず、応募してくれる学生さんの目線で見ると採用情報の掲載場所がすぐ見つけづらいのでは?という疑問がありました。

そこで今年度から新しく新卒採用サイトをOPENし、募集職種ごとの業務内容と採用情報を公開しました!エントリー書類や課題もダウンロードができるので、応募期間中じっくりとココネのことを研究することができます。


エントリー課題を追加

これまでデザイナー職の選考過程には、各職種ごとに課題の提出が求められていました。
今年度の新卒募集からは、課題を依頼するタイミングや、内容の詳細をあらかじめオープンにする形式となります。

課題をやる理由は当たり前のことではあるのですが、私たちはお客様へサービスを届ける企業として、ビジネスとして事業を行なっています。
学校やボランティアではない以上、いかに頑張ったか努力したかではなく、どう行動して結果を出したかが求められるようになります。
いかに皆さんが持っている感性や才能が素晴らしくても、ビジネスとして実務に落とし込む力や、何かを成し遂げる力がなければ、結果以前に入社後まず業務についていくことができません。
学生の皆さんが制作するポートフォリオは、事前に自分にとって最も最適な形で、時間をかけて用意していると思います。
しかし、実務においては、自分でコントロールできないことであったり、時間がなかったり、臨機応変に対応しなければならないことなど、さまざまな状況と向き合うことになります。
そこを乗り越えてゆけるかどうか、入社前にお互いに最低限は確認させてもらうために、課題を設定させていただいています。

皆さん一人一人の感性や個性を重視した上で、ではその個性をいかに実務レベルの表現に落とし込めるか、課題に対してどのように取り組んだのか、最終的な作品だけではなくそこに至るまでの過程も含めて確認しています。

選考担当からのアドバイス

ここからは各募集職種の必須課題について簡単にご紹介します。


【アイテムデザイナー】
『ポケコロ』のアバターアイテム3種の制作
制作アイテム:3種詳細

- 1) 髪:ゆるふわロング
- 2) 服:フリルのついたドレス
- 3) 靴:ドレスに合ったもの

選考担当デザイナーからのアドバイス(M.M)

自分で自由にテーマ設定してお洋服を描いてもらう内容なので、そこをどのように理解して表現できているかといった点や、テーマ自体のチョイスも個性が現れやすい部分なので、ぜひ自分なりの工夫をしてみてください!
ポケコロを想定した設定なので、そういった指定があるものを読みとりつつ作ることができるか、AIデータそのものや、ソフトウェアの取り扱いにどれくらい慣れているか(初めてなら初めてなりの苦労の部分)も見ています。細かい部分も最後まで気を抜かずに!

選考担当デザイナーからのアドバイス(A.T)

課題やポートフォリオの何を見ているのか、
本当は言いたくないんですけど…笑(そこも含めての選考かなと思うので)
一言でいうと、見る相手のことを考えているか・感じているかと、その人らしさ、でしょうか。
人物や物の構造理解やデッサン力といった基礎的な部分や、色や文字に対する意識やその人らしい感性、プラスアルファの何か、そういった点を見ています。

【モーションデザイナー/アニメーター】

「友だちからお誕生日プレゼントをもらった!」

というシチュエーションで「もらって嬉しい気持ち」「かわいらしさ」をアニメーションで表現してください。

選考担当デザイナーからのアドバイス(S.K)

モーションだけに限らずですが、人や物の基本的な構造への理解力、動きのあるものをどう見せるのか、といった点を気にしますかね。
あとは元のデータだけで足りないものを追加したり、自分ならではのちょっとした工夫や、ポケコロのアバターというお題をどう捉えて活かすかなど、楽しみながらチャレンジしてもらえると嬉しいです!

【UI/UXデザイナー】
春のふたご写真コンテストのお知らせ画像の制作(ポケコロ内で使用されるスマホ用お知らせ画像の制作)

選考担当デザイナーからのアドバイス(M.S)

お知らせ画像は、当たり前なんですけど、誰かに何かを伝えたくて作るものです。
最終的には何かを伝えた結果として、それを見た人に行動を起こしてほしいわけです。
受け手に何を届けたいのか、何が重要な情報なのか、デザインに取り組む前に、一度自分の中で整理してみてください。
UI/UXでは、情報整理や優先順位付けといった、見た目の美しさだけではない部分も求められてきます。
難しく感じるかもしれませんが、世の中にあるポスターや告知を日頃から見て、自分なりの仮説を立てる癖をつけておくと、課題も進めやすくなるかもしれません!

今後もココネのデザイナーに関する様々な情報をお届けして参りますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

ココネ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう