1
/
5

自分にとって ” ベストな選択 ” を取るために。充実した 「お家時間」を考える Staff Story Vol.9

「お家時間」

新型コロナウイルスが流行って以降、皆さんは「お家(うち)時間」をどのようにお過ごしでしょうか。

読書や勉強などで自己研鑽に励んだり、趣味に没頭したり、健康を意識して運動を始めるなど、様々な時間の過ごし方があるかと思います。

”せっかく時間があるのだから、時間を有効に使いましょう!”といった言葉をwebや雑誌などの記事で目にする人も多いのではないでしょうか。

そんな中、かくいう私は、何もしていません!

「何もしない」選択

仕事に活用できそうと思える本を読んだり、久しくやっていなかったお菓子作りをしたり、勉強や趣味に時間を充てよう!と当初は意気込んでいたのですが・・・止めてしまいました。

この出口の見えないコロナ禍に、正直、頭も、心も、疲れてしまったのです。

そのため私は 『自分自身を守るため』に、「何もしない」ことを選択しました。

こんなことを聞いたら、大抵の人は「なんてもったいない!」と思うでしょうね 。アクティブな人ほど、強くそう思うかもしれません。ただ私は「自分自身を守る」ことを目的として何もしないことを選択しているため、「もったいない」と感じてはいないのです。

目的意識を持つ、目的を明確にする

昔読んだ記事の中に、「仕事にやりがいを見いだせない場合、どうすればよいか」といった質問に対し、「目的意識を持ちましょう」と回答していたものがありました。

与えられた仕事に対し、

やらされていると感じるのではなく
仕事の中に自分で目的を設定する

そうすれば主体的に仕事が出来るようになり、結果、仕事も楽しく感じられる、仕事の質も上がるといった内容です。恐らく一度は目や耳にしたことのある話ではないでしょうか。

仕事において目的意識を持つということは、私があえて言うまでもなく、大切なことだと思います。

私が感じる「目的意識を持つ」は、何かの選択を迫られた際に判断するための 大きな指針を持つ こと。

  • 一つは、迷いが無くなる!
  • 二つは、自分を納得させることが出来る!

その結果、 ”選択した後の行動に自信が持てる” という、正に良いこと尽くめ。

そのため仕事はもちろんのこと、それに限らず普段の生活で何か悩みが発生した際も使える思考法だな~と感じています。

私が、「お家時間」を、他の人にも共感されるような、所謂「充実した時間」を過ごせるようになるのは、もう少し先の話かもしれません。ただし今の私にとっては、これがベストな選択なのです。

イレギュラーなこの事態を、”もう少し自分を充電して過ごしたい” と思います。

これからの社会生活を「ニューノーマル」 という言葉で表現することが世の中では浸透し出していますが、何より一日も早く新型コロナウイルスが収束し、今までの日常に戻るのを願うばかりです。

2021.9.1 営業部:東京営業所スタッフ

その木になる実はなにか?

CHUBU SCIENCE

中部科学機器株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう