1
/
5

国内会員数600万人突破に感謝し、みんなの声をカタチに!「#あすけん使い勝手向上プロジェクト」始動!

第1弾は市販食品の検索・入力を便利にする二つの新機能を追加

もっと使いやすく進化します! 「みんなの声をカタチに#あすけん使い勝手向上プロジェクト」 を始動!
「あすけん」は、食事記録による摂取カロリーや栄養バランスの可視化を通し、ユーザーの皆様が、食事の選択力を身に付け、適正体重を達成・維持することを中心にサポートしてまいりました。これからも、もっと使いやすい「あすけん」に進化をするための取組みとして、ユーザーの皆様のご意見・ご要望をもとに、日々使うメニュー検索や食事登録の機能などの改善を行うプロジェクト「#あすけん使い勝手向上プロジェクト」をスタートします。

●第1弾は、バーコードとOCR(光学文字認識)機能により、市販食品の検索・登録がより簡単に
「#あすけん使い勝手向上プロジェクト」の第1弾は、バーコードとOCR(光学文字認識)機能を活用した、市販食品の登録を簡単にする「市販食品バーコード検索機能」と、未登録の市販食品などの追加要望がスムーズにできる「簡単メニューリクエスト機能」を追加いたします。

<市販食品バーコード検索機能の概要>
市販食品のバーコード(JANコード)をカメラで読み取るだけで、あすけんのメニューデータベースにある市販食品の検索ができる機能です。バーコードの読み取りで、候補の市販食品が表示されるようになり、従来の商品やブランド名の入力による検索に比べ、簡単にメニュー検索ができるようになりました。


<簡単メニューリクエスト機能の概要>
食事登録したい市販食品があすけんのメニューデータベースにない場合、商品に表示されているバーコードや栄養成分表をカメラで読み取るだけで、メニューリクエストができる機能です。当機能ではOCR機能を活用し、カメラで撮影した栄養成分表の画像から、エネルギー・たんぱく質・脂質・炭水化物等の文字を自動で読み取り表示します。


「簡単メニューリクエスト機能」は、ご要望の数が多ければ多いほどに、メニューデータベースが充実し、食品検索の精度が向上する機能であり、ユーザーの皆様の声を、いちはやくカタチにしていくことが可能となります。例えば、新商品や情報更新への対応スピードの向上などが期待できます。

なお、これらの機能開発にあたり、2021年6月よりバーコードデータの拡充に協力を呼びかけ、約1万名のユーザーの皆様にモニターとしてご参加いただき、今回リリースすることができました。まさに、ユーザーの皆様との共創機能となります。


今後も、「#あすけん使い勝手向上プロジェクト」では、日々使うメニュー検索や食事登録の機能などを中心に、ユーザーの皆様のご要望をもとに細かな改善を行ってまいります。あすけん公式SNSアカウントでも、機能改善に関する情報発信やコミュニケ―ションを行っていく予定です。 (Twitter あすけん公式アカウント: @askenjp )

askenは、「ひとびとの明日を今日より健康にする」ミッションのもと、AIやOCRなどの技術を使ったユーザビリティ向上や、ダイエット目的以外の食の問題を解決するサービス拡充など、ユーザーの皆様がもっと簡単・快適に使えて継続しやすいアプリの開発を真摯に追求してまいります!

株式会社askenでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう