1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【雀荘からIT営業へ 新卒の私がアシロに入った理由】

初めまして、2020年4月に新卒でアシロに入社した松井と申します。
アシロにとって、(インターン経由での入社は以前もあったらしいのですが)初となる新卒採用でこの春に入社した、新卒3人のうちの1人となります。

今回はそんな私の、就職活動を経てアシロへの入社に至った経緯や、インターンを経てコロナ渦中で入社し実際に働いて感じたことを踏まえて、アシロがどういう会社かをお伝え出来ればと思います。

雀荘メンバーの就活時代

私は大学1年生から、某大手雀荘チェーンでのアルバイトとして働き、麻雀の面白さ、奥深さに魅了され、多くの時間を麻雀に費やしていました。

そんな私の就活といえば、自己分析など全く準備を行わず、とりあえず大手企業を受け、当然のごとく落ちてしまいました。これはなんとかしないといけないと心機一転、就活に対して真面目に考え、成長産業といわれているIT業界を中心に情報収集していました。

そんな中、たまたま出会ったのがアシロでした。

アシロでの面接といえば堅苦しい雰囲気は一つもなく、素の自分でいることができたと感じ、非常に新鮮でした(麻雀の話もウケたと思います笑)。

型にはまったテンプレートのような面接ではなく、その人となりをしっかりと見てくれていると思い、この会社に入社することを決めました。

インターン生時代

そんな面接を経てアシロから内定を頂き、入社後にスタートダッシュを決めたいという思いから、卒業までの半年間、週3日で働くことにしました。

インターンでの主な仕事はひたすら電話をかけてアポを取ることで、慣れるまでは大変だったのを覚えています。

わからないことがあればその都度丁寧に教えてくれる先輩方に囲まれ、仕事後には飲みに誘っていただけるなど、ありがたいことに色々な先輩に可愛がっていただきながら、学生とは異なる“社会人生活”に徐々に慣れていきました。

卒業目前の3月には、自ら営業を行い、顧客を持つことができ、営業担当としての責任感を実感しました。インターン生とか関係なく仕事を任せて成長を促してもらえる、そんな環境がアシロにはあります。

コロナ渦中の入社

4月1日から正式に社員として入社するわけですが、コロナによる緊急事態宣言を受け、入社早々リモートワークとなりました。

インターンとして働いていた経験があるとはいえ、実際に社員として働く際にいきなりリモートというのは不便なことも多かったです。

しかし各部署での連携をとりながら、また「歴史上類をみない経験をしている」という思いから逆境をチャンスに考え、毎日の自宅業務に取り組むことができました。

GWが明けてからは、営業部では任意で出社が可能になり、私はノータイムで出社を決意しました。

コロナで混沌としている中、売り上げを上げることができればヒーローになれると思ったからです笑。

実際に6月に入ると先輩方のサポートもありながら徐々に売り上げを作ることができ、今では毎日数字に対する緊張感をもちつつ、精一杯働くことを楽しんでいます。

アシロとはどういう環境か

アシロの社風は“自分の力で開拓していきたい”という人に特にピッタリだと思います。

マニュアルのような研修が無い分、どうやったら成果が出せるかを自ら考え、それを実践できる、そんな環境だと思います。

何かを自分の裁量でどこまでもチャレンジしてみたい、もしそんな風に感じている方がいるのなら、アシロへのエントリーをオススメします。

他とは一風違った雰囲気、ぜひ一度感じてみてください。

株式会社アシロでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう