1
/
5

私の価値観とフィーリング


はじめまして!
4月に入社してあっという間に半年が過経ちました。総務担当の池田と申します。
まずは、私がアンドストーリーに入社した理由を書いてみようと思います。

『コロナ失業』


2020年春、旅行業界(よりによってクルーズ船専門)にいた私はもろにコロナの影響を受けてしまい、
その年の秋にはとうとう失業してしまいました。笑
(笑い事じゃない!)



これまでの人生、なんだかんだ旅行が好きで
それ以外の仕事にあまり興味が持てなかったこともあり旅行業界がほぼ全滅の今、「自分は何がしたいんだろう?」と悶々とする日々を過ごしていました。

『違和感だらけの面接』


そんな中、あまり深く考えずとりあえず受けてみよう。と面接に行った会社でこんなことがありました。


私:
(面接時間より10分も早くついてしまった。まだ早すぎるかな?あ、人がいた!とりあえず声かけてみよ!)
おはようございます!本日、10時から面接していただく予定ですが早くついてしまいました。よろしいでしょうか?


女性:
…。今何時ですか??


私:
9時50分です。


女性:
わからないので、そこの内線で聞いてもらっていいですか?


私:
あ、はい、、、ありがとうございます。(感じわるっ!なんか余裕なさそうな人だな。。。)


応接間に通され、隙間から見えるオフィスの雰囲気もなんだかピリピリ。
失礼ながら「ここで働いたらストレスフルな毎日になりそう」と思っていたところ、面接の最後で「あなたにとって働く理由はなんですか?」と質問されました。
その瞬間に、ものすごく違和感を感じ「…生活のためです」とだけ答え、面接は明らかにうまくいかず、どっと疲れて帰宅しました。

『アンドストーリーを見つけた日』


漠然と、「早く生活を立て直したい」という焦りはあったので帰宅してすぐしょんぼりしながら「福岡 総務 求人」で検索。

私は、「総務」という仕事をやってみたいと思っていましたが
総務職はほとんどの会社が経験者を募集されており、経験がない30代には厳しい現実がありました。

そんな中、未経験者でも応募できる会社を発見!!
前置きが長くなってしまいましたが、そこに出てきたのがアンドストーリーでした。笑

募集要項にさーっと目を通していたら、ある一文に目がとまりました。

「働く理由はそれぞれあると思います。一緒に働きたいと思ってくれた方の応募お待ちしてます。」

あの面接の時に、なんとなく感じた違和感がなくなっていくのを感じました。
そのフレーズがグサッと刺さり、次の瞬間に応募ボタンをクリック。
とにかく応募の決め手は、その何気ない一文でした。そこから入社が決まるまでは、とんとん拍子でものすごく早かったです。笑

もし、あの会社の面接で嫌な思いをせず、「あなたが働く理由は?」と聞かれなければ、こんなに響くものにはならなかったのかもしれません。

ついでに紹介すると、社長がよく使うフレーズで私が好きなのは、

「大切にしていることは、アンドストーリーの行動指針でもある誠実さ、素直さ、勤勉さ。この3つのことを大事にしていればいつまでも成長していけるから。」

「うちは人柄採用なので、メンバーはほんとにいいと思いますよ。」

面接の時は必ず聞いている気がします。笑
このフレーズを聞くたびに、この会社に入れてよかったな~とひそかに思っています。

「お金を稼ぎたい」「家族との時間を大切にしたい」「将来起業したい」など、いろいろな考え方の人がいます。
アンドストーリーはまだ小さな会社かもしれませんが
私が今まで働いてきたどの会社よりも、それぞれの価値観を尊重して、
ひとりひとりに寄り添ってくれる器が大きい会社だと感じています。

私は、フィーリングというふわっとした動機で応募してしまいましたが
入社して半年経った今、改めてあの1日を振り返ってみると、アンドストーリーとは「縁」があったんだろうなーと嬉しく思います。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。
本当はアンドストーリーに入社してからの日々と、これからについても書きたかったのですが
長くなりすぎてしまったので、それはまた今度ということで…

星の数ほどある会社の中からなぜかアンドストーリーを見つけて、
何かを感じたあなたも、これは何かのご縁かもしれませんね。

株式会社アンドストーリーでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう