Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

やりたかったことへ!仲間集めの天才部長!

こんにちは。

トレンド・プロ内定者の川崎です。

前回は

新規事業部の新しい部長にお話を伺いましたが

今回はマーケティング部の部長に

インタビューをしてきました。


会社内では人材開発にも携わられており、

個人的にも大変お世話になっている方です。


大型連休が終わり、

まだまだ本調子ではない方もいらっしゃるかもしれませんが

今回も張り切っていきましょう!


【プロフィール】

川崎(以下、「川」表記):本日はよろしくお願いします。

岡崎(以下、「岡」表記):よろしくお願いします。

川:毎回最初にお伺いしているので

  まずは簡単にプロフィールをお願いします。

岡:そうだなぁ…年齢は29歳です。

川:令和に変わってしまいましたが、

  平成とほぼ同い年ということですね。

岡:そうだね。平成元年生まれです。

川:トレンド・プロに入社される前は

  どのようなことをされていましたか?

岡:高校を卒業してから大学に行くまでに

  アメリカに行っていました。

【経験】

川:アメリカですか!?

岡:うん。高校までは野球に打ち込んでいたから

  引退してから「自分に向いていること」や

  「本当にやりたいこと」を見つけたいな、と思って。

川:その後、大学に進学されたんですか?

岡:そうだね。大学に入ってからも

  アフリカとかオーストラリアとか

  何度も海外に足を運んだね。

  あとはインターンに行った。

川:就職活動のお話ですか?

岡:いや、自分で起業がしたかったから

  大学2年のころからベンチャー企業で修業していたんだ。

川:それはお知り合いの方がいらっしゃったんですか?

岡:んーん、NPO法人が学生を対象にやってる

  イベントみたいなものに参加したんだ。

  そこで知り合った方の下でって感じだね。

川:具体的にはどのようなインターンでしたか?

岡:いろいろ学ばせてもらったけど…

  そうだなぁ、ちょうどトレンドでの体験入社みたいな感じ。

  自分の強みとか弱みを明確にしてもらった。

川:差し支えなければ少しお伺いしてもよろしいですか?

岡:論理的な思考とかそういうのでは敵わない人が

  いることに気が付いた。

  だから、彼らのような

  専門性の高い能力を持った人たちとは

  勝負するんじゃなくて仲間にしようと思った。

  逆に営業とかは得意だったね。


【就職】

川:岡崎さんはトレンド・プロに入社される前に

  一度就職されていますが

  そのインターンに行った会社ですか?

岡:いや。ただ、インターンでの経験が

  会社を決めるときの理由にはなったね。

川:理由ですか?

岡:さっきも言ったように

  一人でなんでもやるのって限界があるから

  専門的に優秀な人たちを仲間にして

  プロジェクトを回したいな、って思いが強くなった。

  自分の強みを活かせる部分だと学んだからね。

  もう一つは、起業がしたかったから

  新しいビジネスに関わっていたかった。

  マーケティングリサーチって仕事をしていたんだけど

  それは、毎月様々なジャンルの新商品に関して

  ターゲットにどれほどウケるのかっていう調査をするんだよ。

  「どんな商品が売れるのか」「どんな商品を世間は求めているのか」

  そういうことを経験として学んだ。

【トレンド・プロ入社】

川:その後、トレンド・プロに入社される経緯はどのようなものでしたか?

岡:たまたま知っていて、それで声をかけていただいた。

  そこからかな。

川:トレンド・プロに入社する決め手はありましたか?

岡:商品を消費者に届けるときに

  『ブランド』と『流通』、『商品力』があったとして

  マンガでそこに影響を与えられると考えると、

  そこに夢があるなって思ったんだよね。

川:現在のお仕事内容はどういうものですか?

岡:マーケティングはもちろん、人材開発と営業です。

【ビジョン】

川:今後のお仕事という面では

  どういったものを想定していらっしゃいますか?

岡:マーケティングでいうと、全部署が繋がっている状況を

  作りたいっていうのが一番かな。

  出版や広告、デザイン部や新規事業部がすべて

  同じところを向いているという状況を作って

  トレンド・プロをブランディングしたい。

【トレンドの社員】

川:岡崎さんはお仕事の関係上

  新入社員と関わることも多いと思いますが

  そんな新入社員含め、社員の皆さんのここが良いという

  ところはどこですか?

岡:新入社員に関しては既存の枠にとらわれていないところが

  いいと思っています。

  上司に対しても気になるポイントについて

  発言できるところがある。

  そこは会社に良い影響を与えてくれると思っています。

  あと、社員同士の仲の良さはもちろんだね。

川:社員さんの仲に関しては

  皆さん同様の感想を抱いていらっしゃいますよね。

  過去のwantedly記事でも何度もお見掛けしました。

岡:『青ペン主義』の力もあると思います。

川:まさに今後の記事で触れようと思っていました。

  トレンド・プロの風通しの源泉ですね。

岡:じゃあ『青ペン主義』に関しては

  川崎くんの今後の更新を楽しみにしてもらおう。

  さっきの話に戻ると

  新入社員含めフィードバックを逐一するところも

  社内の特徴かもしれないね。

  どこが良かったのか、どこに改善の余地があるのかを

  毎回話し合える。

  決して「これじゃダメ」の一言で終わらせず

  「どこを直すとより良くなるのか」を具体的に

  明示しあえるのはいいところ。

川:『青ペン主義』が根底にあるから必要以上に物怖じせず

  意見に向き合えるのかもしれませんね。

岡:この風通しの良さは一度社内に来て

  体験してもらいたいところです。



今回のインタビュー、いかがでしたか?

若くしてマーケティング部の部長をされている方は

やはり経験されていることも一味違いました。

そして、最後に登場した『青ペン主義』。

次回の更新はその『青ペン主義』についてになります。

ついに社員の皆さんの仲の良さの理由の一つが紐解かれますね。

それではまた。

川崎

株式会社トレンド・プロでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる