1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

キャリアの歩み

今までの転職経験は2回。雇用形態は正社員。
キャリアの歩みとしては
新卒でスポーツクラブ3年半→編集プロダクション1年→現職の人材派遣会社で19年
(産休育休を1年半×2回取得)です。

スポーツクラブではジムでの接客・トレーナー業務のほかプログラム開発、
アルバイト採用・研修を行いました。
新卒なので右も左もわからず上司からは怒られまくり、
ボディビルダーでもあるベテランスタッフからは
トレーニング理論や運動生理学を叩き込まれるという、
良く言えば「学びしかない」職場で、
体力と元気さで貢献しようと奮闘していました。

しかし大学でマスコミ系のゼミにいた私は
編集の仕事をやりたい気持ちを諦めきれず、
仕事と並行で夜間の専門学校に通って編集・ライティングの実務を学び、
学校の掲示板の求人から応募したのが2社目の編集プロダクションです。

2社目の仕事は面白く、チラシやムックの制作進行管理、取材、
ライティングも行いました。
しかしながら毎日朝から終電までの勤務、残業代つかず、
社会保険なく、給与は15万。
修行中の身とはいえこのままだと暮らしていけないな。。と感じ、
転職先を探し始めました。

次の就業先を探すときの外せないポイントは
「規模があり、労務条件がきちんとした会社」で
「自分が興味を持てる事業」であること。
自身がキャリアに悩んだ経験から、人と仕事に関わることに興味を持ちました。

現職の人材派遣会社ではコーディネーターからスタートしました。
人と仕事をマッチングする仕事です。
月間多くて100人超の就業機会を作り出し、
累計では3000人以上の就業決定を支援してきました。
2度の育休を経てフルタイムに戻すタイミングで
コーディネーターの統括部門に移り、
運用ルール策定やマッチングシステムの要件検討~実装、
M&Aに伴う求職者データや社員の受け入れ支援などを行ってきました。

現在はデジタルマーケティング部門で求職者向けの
メールマーケティングの企画進行を担当しています。

デジタルは多くの人に効率的に情報を届けられる。
でも個人でキャリアに悩んでいる人に
「その人のための」情報だけを届けることはできない。
もっと個人が望むキャリアの実現に直接支援できる仕事をしたい。
そう思い、ミートキャリアに2020年1月、
キャリアサポーターとして副業で参加しました。
副業として仕事をする上での発見や思いは、こちらにも書いています。
https://note.com/takanori1000/n/nc165fb934d24