Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

世界一周した旅人が金融ベンチャーに新卒入社したワケとは?

こんにちは!!

2018年12月よりクラウドクレジットに新卒として入社しました、村松と申します。今年24歳です。人事部の配属になり、当社を身近に感じてもらうためのブログを書いています。

過去の記事はコチラ
https://www.wantedly.com/companies/crowdcredit/post_articles/146503

今後自分から発信していくことが多くなるので、今回は自己紹介をしていこうと思います。
クラウドクレジットでは様々なバックグラウンドを持った方がいらっしゃいます。
それぞれ海外生まれ、海外育ち、海外駐在、国際結婚、元外資系企業勤務、外国籍などなど、豊富(過ぎ)な経験をしてきているのでお話をしていて面白いエピソードが尽きないです。
既に過去単発でインタビュー企画は行われていていますが、今回を機にシリーズ化していきたいと思っています。

過去のインタビュー記事はコチラ

執行役員並木
https://www.wantedly.com/users/19165/post_articles/60964
CFO坂本
https://www.wantedly.com/companies/crowdcredit/post_articles/68551
https://www.wantedly.com/companies/crowdcredit/post_articles/79153
マーケティング部長森川
https://www.wantedly.com/users/19165/post_articles/60666
システム管理部宮田
https://www.wantedly.com/companies/crowdcredit/post_articles/104809
システム管理部佐藤
https://www.wantedly.com/companies/crowdcredit/post_articles/105001
運用部宮城島
https://www.wantedly.com/companies/crowdcredit/post_articles/135153
商品部松浦
https://www.wantedly.com/companies/crowdcredit/post_articles/133956

さて、今回の自己紹介ブログの流れとしては、
① どんな学生時代をすごしてきたのか
② どのように就活をしてきたのか
③ なぜクラウドクレジットで働こうと思ったのか
④ 今後の目標
の4点を中心に書いていこうと思います。

~トラブルに愛された学生時代~

「学生時代何をやっていたの?」と聞かれたときはいつも部活と旅と答えています。

思い返すとこれまでの人生は直感で物事の決断をすることが多かったです。
中学高校とテニス部に所属していた文科系で平和主義のわたしは、大学登校初日に何を血迷ったのかアメフト部のブースを見てすぐ「俺、入部する!!」と宣言してしまいました。



大学一年生の夏の写真です。脳震盪を起こしていたのでこの試合の記憶は何もありません。

入学前はテニスサークルにでも入って楽しく学生期間を過ごす予定だったはずが、大男と汗と泥にまみれた生活を送ってしまいました。アメフトにほぼ全ての時間を投じているうちにあっという間に1年が過ぎようとしました。そんな頃友人にマレーシアへの短期留学(1ヶ月)に誘われました。詳しく聞いてみると最少催行人数まであと1人足りない上に締め切り時間まであと2時間。これは呼ばれてると直感で感じ、その場で親に電話して「俺、マレーシアに行く!!」と宣言しました。

マレーシアでの日々は今でも昨日のコトのように思い出せます。行きの飛行機の機内食の水で全身蕁麻疹を発症、初週末に携帯を盗まれ、その2時間後に財布を盗まれました。厳しすぎる海外の洗礼にその晩は泣きました。

そんなこんなでトラブルだらけの1ヶ月が経ち帰国すると自然にある想いを持つようになりました。なんの迷いもなく親に「俺、世界一周する!!」と宣言しました。

そこから1年半の歳月を準備にあて大学3年目に休学をして世界一周にいきました。
旅中にトラブルが起こらないはずもなく、ザっと思い出すだけでも
・山で遭難してる時に野犬×2(目が血走っている)に襲われ原付ごと崖から落ちる(タイ)
・空港のATMで10万スキミングされる(ヨルダン)
・タクシー運転手と喧嘩して高速道路で降ろされパトカーをヒッチハイク(ヨルダン)
・猫アレルギーで熱、嘔吐、下痢、咳、蕁麻疹同時に発症する(エジプト)
・高山病で24時間昏睡する(ボリビア)

などなど…ここには書けない内容のトラブルもたくさんありました。毎週のように辛くて泣いていました。とはいうものの、毎日が混沌としていて刺激的で予想がつかない生活がたまらなく楽しかったです。またいつか世界一周に行こうと思っています。



ボリビア、ウユニ塩湖にて。この数時間後に高山病で昏睡しました。

帰国、復学してすぐラグビー部に入部しました。理由は覚えてないです。夏を過ぎたころからアメフトもまた始めました。理由は覚えていないです。よく脳震盪を起こしていたのは覚えています。これでもこの1年間は大学生活の中で最も平和な年でした。
翌年大学4年になり就活をしている中、ラグビーで膝の前十字靭帯断裂、半月板損傷をしました。手術、入院を経て10日ほどで退院するも手術箇所が感染症にかかりさらに1ヶ月半入院しました。日本で感染症を発症するのは宝くじに当たるくらい極めて珍しく、膝界で権威のある先生にも驚かれました。とんだ貧乏くじを引いてしまったものです。



入院中の写真です。暇すぎてずっと折り紙を折っていました。一通りの動物は作りました。

~2度の就活~

在学中の就活は軸が定まっていなかったこともあり、グダグダでした。しかし段々と人材業界(人材紹介)への興味が膨らみ、波に乗ろうとしたところで大怪我を負ってしまい、その年の就活を断念せざるを得ませんでした。

その後入院してる中で、何があるか分からない人生でどんなトラブルがあっても対応できるように資産を築いて守っていけるような知識がほしいと漠然と考えるようになりました。そんな中でたまたま不動産投資にまつわる本に出会い、退院後すぐに不動産投資に関われる会社でインターンを始めました。
インターンを続けながら大学を卒業、不動産業界に関われる会社を探して就活を始めましたが数ヶ月経ってその業界で就職しないことに決めました。
端的に理由を述べると、自分の軸がブレている気がしたことと直感的に変えた方がいいと思ったからです。

~クラウドクレジットとの出会い~

そこで原点に立ち返ってみて「資産運用」「金融」というキーワードで探し始めるとすぐにクラウドクレジットに出会いました。面談に行くと最初に代表の杉山が現れました。杉山の面接の仕方は一風変わっており、その人の経歴やビジョンと会社の状況を照らし合わせてディスカッション形式でポジションを模索するという方法をとっています。

※詳しくはコチラ
クラウドクレジットの面談内容

https://www.wantedly.com/users/19165/post_articles/59255

そこで提案頂いたのが人事職でした。その瞬間色んなことが繋がった気がしました。
・人材紹介を過去に見ており、人事職に強い興味があった
・世界一周で好んだのはいつも新興国(特に支社があるペルーとメキシコ)だった
・自分が足を運んだ国の発展に貢献ができる
・「資産運用」に関われる仕事(不動産ファンドもある)
・語学を活用するチャンスがある(一応外大卒)

そして何より知見が一切ない金融業界という未知の世界に飛び込むことに強い魅力を感じました。初回の面談が終わった時点で「俺、ここで働く!!」と確信しました。

~時季外れの新卒入社、そしてこれから~

入社が12月になったのは、10月に3回目の手術を受けてリハビリが終了したからです。1年ぶりに正座もできるようになりました。どうせなら早い方がいいよね、ということで12月に参画させていただきました。

クラウドクレジットでの新卒入社は自分が初めてであるため、研修制度は整っていません。しかし、手を挙げればチャンスをくれる風土かつ有名企業出身かつ第一線で活躍されてきた方と気軽に話せる環境にあるので、やりたいことは挑戦でき、学びたいことはいくらでも学べると思います。

今はインターン生の管理、採用を任せて頂いています。自分自身インターンで成長した経験があるので、業務を通して学生が成長できる環境作りをしていこうと思っています。
そしてゆくゆくは新卒採用を始めたいです。後輩ほしいです。

ここまで拙い文章でしたが読んでいただいてありがとうございます。
クラウドクレジットではこんな新卒生の村松と働いてくれるインターンを募集しています!

https://www.wantedly.com/projects/266270

5 いいね!
5 いいね!