Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

DJ的仕事スタイル


DJにおける、ステップは以下の4つに分けられます。
 1.大量INPUT(新旧共に/ジャンル外も適度に交える)
 2.事前準備(どんなイベント/どんな人がいる/どんな時間帯)
 3.現場でのプレイ(リラックス/楽しむ/時間厳守)
 4.振り返り(記録/発信)
これって、仕事でも十分応用可能だと云う事に気付きました。

1.大量INPUT(新旧共に/ジャンル外も適度に交える)
 DJ:新譜ばかり、旧譜ばかりでなく、敢えてジャンル外も聴くことで、元ネタに当たったり、選択が広がったり。
 仕事:新しい本は比較的刺激的で読みやすいですが、ドラッカーやコトラーの古典には真理が隠れていたり、またビジネス書だけでなく、小説や漫画などから学ぶ事も多かったり。

2.事前準備(どんなイベント/どんな人がいる/どんな時間帯)
 DJ:イベントのジャンルや客層、他のDJや出演のタイミングによりどんな曲を用意するか考える
 仕事:会議の種類(何かを決める?ディスカッション?情報共有)、参加者(担当だけ?偉い人もいる?)や役割(ファシリテーション、一参加者、意思決定者?)により準備するものが変わる

3.現場でのプレイ(リラックス/楽しむ/時間厳守)
 DJ:テンパらないように早めに行って、機材チェック。後はリラックスして楽しみながら、時間を守る。
 仕事:マナーとして少し早めに行って、ホワイトボードをきれいにしたり、マーカーが使えるかチェックしたり、椅子を並べたり。後はリラックスして楽しみながらも、会議の時間配分と終わりの時間を厳守

4.振り返り(記録/発信)
 DJ:依頼に対するお礼と、セットリストの送付。自分のプレイの反省
 仕事:参加に対するお礼と、議事録の送付。自分が役割を果たせたか?バリューを発揮できかた反省。

プレイのスタイルは、人それぞれなので、これがすべてでは無いですが、これからDJを始めよう(もしくは、新入社員)って人の参考になれば幸いです。