1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

人のために自分は何が出来るか?考えさせてくれた本です。

初めまして、田村和美と申します。
この度は、紹介ページをご覧いただきありがとうございます。
私は本を読むことが好きです、最近はビジネス本を読むことが多いですが
小説や暮らし・生活、アートなど幅広く読みます。
今回紹介したい本はこちらです。
「リッツカールトンが大切にする サービスを超える瞬間」高野登 著/かんき出版

突然ですが、「感性」はどういうものだと思いますか?
芸術的感性を磨く、あの人は他の人になり感性を持っている...
一般的に感性とはアーティスト的な考えを持つこと、表現力が豊かで優れている人。
そんなイメージがあるかもしれません。しかし、感性とは私たち一人一人が持つ考えや価値観のことで
先天性のものではなく、経験を通して育てることが出来るものです。

この本は元ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長である高野登さんが、自信の経験を通して接客業としてのホスピタリティ精神ではなく、企業の人材育成や人と人とのコミュニケーションを行う上で大切にしたい心がけについて書かれた本です。実際のリッツカールトンでの経験や社内教育などの例を通して学ぶことが出来ます。大切なことは「相手が潜在的に求められていることを追求する、そのために自分なりの接し方や感性を日々養っていくこと」その過程で私たちはたくさんの気づきや成長を遂げることが出来ると感じました。人間関係を改善したい時、今までの日常がマンネリ化してると感じた時などにもぜひ読んでもらいたい、お勧めの本です!