1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「遊びが仕事になる過程」

初めまして!平山葵です!

23年間生きてきて、自分の考え方も二転三転しているのですが、「今を生きる」というテーマはあまり変わっていないように思います。
大学に入るまで特に何も考えずに生きてきた私ですが、大学で初めての「友達が出来ない問題」に直面してしまいます。

そして、授業が楽しくなくなり、サークル(よさこいとバンド)にのめりこみ、気が付けば3年目にしてまだ一年生でした。
サークルで出来た友達は、皆就活の為にサークルに来なくなり、私は大学にいる意味が無くなったんですね。

それからどうしたかと言うと、大学を辞めて東京に行きました!w
そして、ただ無駄に焦燥感にかられ、「何かしないと!」とわめき、借金を抱え...

まぁこれだけ聞くとやばい状況なんですけど、実際はそうでもなく、バイトをしながらジャズダンスを学んだり、毎日好きな事だけやって暮らしていました。
そんな中で、大学の友達と旅行に行く事になり、そこで録画した動画を編集し始めたのが私の今の仕事に繋がっています。
不思議ですよねw人生ってw

その辺りから、お金の稼ぎ方とか、凄いと言われてる人たちの本を読んだりするようになって、西野亮廣のオンラインサロンに入ってみたりしました。
オンラインサロンめっちゃ面白いですよ!おすすめです!今は中田敦彦さんのサロンに行きたいなと思っています。

まぁ、サロンじゃなんじゃと東京をウロチョロしてるうちに、人脈が広がり、初対面の人ともなんなく喋れるようになり、そういった繋がりで次第に動画編集が仕事になって行ったという訳ですね。

今私は、動画編集で食っていけてますが、「知らない事を知る」というスタンスは大切にしたいと思っていますし、このまま立ち止まっていても仕方ないと思っています。

それは、私に守るべき人が出来て、もっと大きな存在になる必要があるからです。
自分だけよければそれで必要十分だった時期をとっくに過ぎているわけですから、常に考えてパートナーを支えられる人になりたいというのが、今の私の夢の一つかもしれません。